メインメニューを開く

上杉清子

日本の南北朝時代の人物、足利貞氏の側室

上杉 清子(うえすぎ きよこ、文永7年(1270年)? - 興国3年/康永元年12月23日1343年1月20日))は、鎌倉時代後期から室町時代初期の女性。本姓藤原氏勧修寺流の一流である上杉氏の出身で、父は上杉頼重足利貞氏の側室。足利尊氏直義兄弟の母。上杉重顕扇谷上杉家祖)、上杉憲房日静の姉妹。上杉憲顕山内上杉家祖)、憲藤犬懸上杉家祖)兄弟と上杉重能宅間上杉家祖)は甥で、山名時氏は従兄弟に当たる。

生年は『三宝院賢俊僧正日記』の興国3年/暦応5年(1342年)2月条に「大方殿 七十三 卯酉」とあり、これにしたがえば逆算して文永7年となる。嘉元3年(1305年)に尊氏を生む。この際、紀伊粉河寺の観音に祈ったことから、後年、延元元年/建武3年(1336年)に粉河寺に戸帳を寄付し、さらに翌年には領地を寄進している。

夫貞氏の没後も足利家を支え、尊氏、直義兄弟が倒幕に動いた際には終始行動をともにした。室町幕府成立後は、実家である上杉家の興隆に力を用いた。

浄妙院殿雪庭と号し、世上は錦小路殿と呼ばれた。また大方禅尼とも呼ばれた。和歌にも通じ、作品が『風雅集』に入選している。法号は果証院殿といい、墓は京都等持院にある。

参考文献編集