メインメニューを開く

上杉 義枝(うえすぎ よしえだ)は、江戸時代中期の高家旗本

 
上杉義枝
時代 江戸時代中期
生誕 享保5年(1720年
死没 寛保2年9月11日1742年10月9日
別名 熊之助、中務、通称:数馬
幕府 江戸幕府 高家旗本
主君 徳川吉宗
氏族 上条上杉家
父母 父:伊達村豊、母:滝氏
養父:上杉知義
兄弟 伊達村澄伊達村信義枝伊達成房伊達徳行久徳成朝恒川久定伊達成要荻野朝周室、戸沢正諶婚約者
養兄弟:男子二人、上杉義枝正室、女子
正室:上杉知義長女
義寿
特記
事項
上杉房実上杉房定?)の娘である積翠院雲孫
伊達政宗の長男・秀宗の男系子孫(曾孫)

略歴編集

享保5年(1720年)、伊予国吉田藩3代藩主・伊達村豊の三男[1]として誕生した。上杉知義の養子となる。

享保17年(1732年3月28日、8代将軍徳川吉宗に拝謁する。寛保元年(1741年7月20日、養父の隠居により家督を相続、表高家に列する。生涯、高家職に登用されることはなかった。

寛保2年(1742年9月11日、死去。享年23。跡を長男の義寿が継いだ。

脚注編集

  1. ^ 実際は六男。