上村 孝二(かみむら たかじ[1]1908年(明治41年)3月14日[1][2]-1996年(平成8年)3月25日[1][2])は、日本国語学者方言学者。九州の方言学における重鎮だった。文学博士鹿児島大学名誉教授[1]

人物編集

鹿児島県上甑村甑島列島、現在の薩摩川内市の一部)出身[1]佐賀県武雄町で出生したが生後すぐ母が亡くなったこともあり、上甑村中甑の上村家養子となる[2][3]。同村の中津尋常高等小学校を経て、1925年(大正14年)に本土の鹿児島県立川内中学校 (旧制)を卒業[3]。旧制中学卒業後に帰郷して[3]上甑村の江石尋常高等小学校で1年間代用教員を務める[2][3]1933年(昭和8年)3月九州帝国大学法文学部国文学科卒業し、4月より満州国文教部学務司長室勤務[2][3]。翌1934年(昭和9年)4月11日付で満州国内の奉天高等女学校講師となり、同年9月5日に教諭に昇任(後に学校名が奉天浪速高等女学校と改称)[2][3]1941年(昭和16年)3月31日、奉天浪速高等女学校教諭から鹿児島県師範学校教諭に転任となり帰国[2][3]1943年(昭和18年)鹿児島県師範学校が官立の鹿児島師範学校となり、引き続き教諭[2]1945年(昭和20年)4月より鹿児島師範学校教授兼教諭[2]

学制改革により1949年(昭和24年)7月31日、新制鹿児島大学助教授に任じられる[2][3]1951年(昭和26年)4月1日鹿児島大学文理学部教授に就任、1965年(昭和40年)4月1日学部再編により法文学部教授[2]。論文「九州西南部方言および琉球地方方言の研究」により[3]1972年(昭和47年)4月27日九州大学から文学博士号授与[2]1973年(昭和48年)4月2日、鹿児島大学を定年退官して名誉教授となり、鹿児島短期大学教授に就任[2][3]1974年(昭和49年)4月から3年間鹿児島短期大学図書館長を兼任[3]1979年(昭和54年)11月3日、勲三等旭日中綬章を受ける[2]1982年(昭和57年)3月31日、鹿児島短期大学を辞職[2]1996年(平成8年)3月25日に再生不良性貧血で逝去し[2][3]、同日付で正四位に叙される[3]

鹿児島大学在任中、九州各地方の方言を採集[3]1949年(昭和24年)より国立国語研究所地方研究員も務めた[3]。国立国語研究所による『日本言語地図』の鹿児島地区に関する部分をすべて手がけ、その労に対して文化庁から表彰状を受ける[3]。また、1975年(昭和50年)4月鹿児島県議会議員選挙の枕崎地方において「佐多(さた)」が「さだ」と書かれた票が有効票となるか裁判で争われた際、福岡高等裁判所宮崎支部で方言学者として同地方の語中の「た」音は濁音化すること述べ、解決に貢献した[3][4]

著書に『九州方言・南島方言の研究』(秋山書店、1998年)があるほか、共著書多数。家庭教育学者の上村哲弥日本女子大学名誉教授)は従兄[5]。また、長男の上村和也比較文学者(鹿児島大学名誉教授)、二男の上村直己ドイツ学者(熊本大学名誉教授)[6]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 『現代物故者事典 1994~1996』(日外アソシエーツ、1997年)「上村孝二」
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『国語国文 薩摩路 故上村孝二先生追悼号』(鹿児島大学法文学部国語国文学研究室、1997年3月)「故上村孝二先生略歴」
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『国語国文 薩摩路 故上村孝二先生追悼号』(鹿児島大学法文学部国語国文学研究室、1997年3月)1-5頁「上村孝二先生を偲ぶ」(池之上浩治)
  4. ^ 『国語国文 薩摩路 故上村孝二先生追悼号』(鹿児島大学法文学部国語国文学研究室、1997年3月)11-12頁「上村孝二先生と私」(藤井茂利)
  5. ^ 南日本新聞社・編『郷土人系 上』(春苑堂書店、1969年)414頁
  6. ^ 南日本新聞社・編『郷土人系 上』(春苑堂書店、1969年)446頁、南日本新聞1999年9月23日朝刊5頁かごしま人紀行