メインメニューを開く

上柳昌彦のお早うGoodDay!

上柳昌彦のお早うGoodDay!(うえやなぎまさひこのおはようグッデイ!)は、ニッポン放送で2007年10月1日から2010年6月25日に放送されていた、平日朝の朝の情報番組である。通称「グッデイ!

上柳昌彦のお早うGoodDay!
愛称 GoodDay!
ジャンル 帯番組 / 朝の情報番組 / 報道番組
放送方式 生放送
放送期間 2007年10月1日 - 2010年6月25日
放送時間 平日 6:00 - 8:30
放送回数 707回
放送局 ニッポン放送
ネットワーク NRN
パーソナリティ 上柳昌彦
出演 石川みゆき
増山さやか
ほか出演者欄を参照
テーマ曲 君がくれたもの(Tempei Nakamura
2007年10月 -
プロデューサー 菅沼尚宏
ディレクター 江尻秀昭
太田英之
公式サイト 公式サイト
特記事項:
平成20年度日本民間放送連盟賞・東京地区審査会のラジオ生ワイド番組部門 優秀[1]
テンプレートを表示

目次

番組概要編集

ニッポン放送は平日朝の生ワイド番組枠にて、2004年から足掛け3年に渡り、前放送番組のコメンテーターであった森永を起用した『森永卓郎の朝はモリタク!もりだくSUN』、『森永卓郎 朝はニッポン一番ノリ!』及び『森永卓郎と垣花正の朝はニッポン一番ノリ!』を放送して来たが、聴取率争いで抜本的な解決がされず、2007年秋の番組改編にて大幅に番組編成を見直し、メインパーソナリティに同社アナウンサーで一時報道記者経験のある上柳を起用し、当該番組を2007年10月1日から放送開始[2]

上柳にとって、平日朝の情報番組のメインレギュラー担当するのはアナウンサー生活において初であり、当該番組の開始と共に自身の名前表記を平仮名から本名の漢字表記へ戻した。但し、上柳はニッポン放送編成部からの当該番組のオファーを断ろうと考えていたが、「五十路の扉を開けた途端に運命が凄い大きな音を立てて変わっていっている感じがした」と表現している。

開始当初のキャッチコピーは「ニュースを武器にする!今日一日の作戦会議」とし、15分間の中でニュース、スポーツ、交通、気象情報が分かる構成を敷いている。また、番組Webサイトでは、ニッポン放送報道部記者が取材したレポートも記事化されて、執筆されている。この放送枠のコメンテーターとして、元総務大臣経験者である竹中と第21回参議院議員通常選挙にて落選した片山を隔週レギュラーとして起用した[3]

また、上柳が過去担当していた番組で始めた年度の最後に行う継続企画もニュースを扱う番組ではあるが継続している。2008年9月「平成20年度 日本民間放送連盟賞 東京地区審査会 ラジオ生ワイド番組部門」優秀を受賞[4]

2010年6月9日放送分にて、同年6月25日をもって番組終了することが発表され、翌10日に後任として6年3ヶ月振りに平日夕方の番組枠で番組を持っていた、高嶋ひでたけを再び同時間帯に復帰させ、6月28日から『高嶋ひでたけのあさラジ!』の番組開始されることが発表された。また、上柳は平日午後枠に増山と共に、担当異動となる事も併せて発表された。

出演者編集

放送終了時点編集

パーソナリティ編集

アシスタント編集

夏季休暇時は、もう一方が一週通して出演する。

リポーター編集

コメンテーター編集

基本的に6:30 - 7:25に出演

不定期編集

聴取率週間やニュース的なイベントの発生時にはレギュラーコメンテーター以外にゲストコメンテーターを迎える場合がある
主なゲスト編集
「ザ・特集」の括りでゲストを呼ぶ

その他の出演者編集

上柳休暇取得時の代理パーソナリティ
  • 小倉淳(フリーアナウンサー、元日本テレビアナウンサー)- 2008年7月28日 - 8月1日、2009年3月3日 - 3月7日

過去編集

アシスタント編集

  • 那須恵理子(当時:ニッポン放送アナウンサールーム長)※火、木曜 - 2007年10月2日 - 2009年3月26日

コメンテーター編集

放送時間編集

  • 平日 6:00 - 8:30

放送時間の変更編集

2007年
2008年
  • 1月1日:ニッポン放送新春特番のため番組休止。2日から通常放送
  • 12月25日:『第34回ラジオ・チャリティー・ミュージックソン』のため番組がお休み。
2009年
  • 1月1日、2日:元日、正月特番のため番組休止。元日の11:30 - 13:00の枠で新春特番『新春特別編「80点コロッケ」もう1つのGood Story』を放送。
  • 3月16日:『2009 ワールド・ベースボール・クラシック 第2ラウンド「日本×キューバ」』中継のため、番組休止。
  • 12月25日:『第35回ラジオ・チャリティー・ミュージックソン』のため番組休止。
2010年
  • 1月1日:元日特番のため番組休止。

タイムテーブル編集

2010年6月27日時点
生放送につき、記載されている時間は目安。
タイムテーブル
時刻 内容 備考
6:00 オープニング 上柳、アシスタントの順に挨拶OPトーク後、メッセージの呼び込みと
紹介を行う
6:04 6時のニッポン放送ニュース アシスタントがニュースリーダーを務めて読み上げる
6:09 Good Day! 朝刊ピックアップ 放送日当日の朝刊記事をピックアップする
『早起き』ではソフトニュースを扱う場合が多いのに対し、
『お早う』では様々なニュースを掘り下げている
6:16 肌で感じる外から天気予報 アシスタントがニッポン放送本社玄関下に降りて、中継形式で気象情報を伝える
当該番組終了以降、『垣花正 あなたとハッピー!』にコーナー毎移行された
6:19 ニッポン放送交通情報(警視庁)
6:21 ニュース今日のキーワード 放送当日近々のニュースの中で、それに纏わるキーワードや人名を紹介する
6:25 首都圏ローカルニュース 関東圏1都3県にて、ソフトなニュースを紹介するコーナー
主に「イベント情報」を紹介し、番組Webサイトにも掲載していた
6:28 早起きリビング・リピート 早朝ワイド番組枠のリピート枠
『早起き』の小倉淳が担当
6:30 6時30分のオープニング
6:32 630テレホン その時の気になる話題を放送日当日、近々の人に電話インタビュー
するコーナー
6:36 ニッポン放送ニュース アシスタントがニュースリーダーを務めて読み上げる
6:40 ニュースピックアップ この時間帯から、日替わりのコメンテーターが番組に参加して、
気になる話題を紹介する
2009年3月27日迄は6時台前半からコメンテーターが番組参加していた
6:44 ニッポン放送天気予報 気象情報のみ読み上げ
6:48 ニッポン放送交通情報(警視庁)
6:51 本日発売やじうま情報 コーナーアシスタントが芸能ネタを紹介し、上柳がスポーツ新聞の
気になる記事を紹介する
7:00 7時のオープニング 時報明け、上柳のあいさつ
ニュースの「今朝の注目ニュース音声」として、音声音源の中から1つを
取り上げる
7:01 7時のニッポン放送ニュース・Good Day! スポーツニュース&
天気予報
7:08 ニッポン放送交通情報(警視庁)
7:10 GoodDay!ニュースネットワーク NRN系列にてネットされるストレートニュース番組
解説として報道部記者が登場する
7:25 Sports Good Story 前番組から内包しており、1人のスポーツのヒーロー・ヒロインを取り上げ、
その人物の素顔や裏側に迫る[7]
7:30 ニュースかき集め
7:34 ニッポン放送交通情報(警視庁)
7:38 SUZUKIハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい NRN系列の内包番組
当該番組から杏樹の担当に交代した
7:45 NISSANビジネスサポートトピックス ザ・特集 『中年探偵団』時代からの継続のNRN系列企画ネットコーナー
巷の話題にフォーカスするミニ特集コーナー
取り上げる話題の識者に対してインタビューするコーナー
7:57 ニッポン放送交通情報(警視庁)
8:00 8時のおたより リスナーから寄せられたメッセージを紹介
8:09 マルシンフーズプレゼンツ 8時のGood Story 様々なニュースの間に転がっている心温まる話を紹介する
8:14 情報Good Day! ニッポン放送からの告知及びプレゼントコーナー枠
8:20 ダイワハウス・モーニングエッセイ 川井郁子ハートストリングス NRN系列の内包番組
当該番組終了以降、『垣花正 あなたとハッピー!』に移行
8:27 ニッポン放送交通情報
8:29 エンディング プレゼントの当選者発表と積み残しのメッセージ紹介

終了コーナー編集

共に番組開始の2007年10月1日から2009年3月27日迄存在していたコーナー
6時台前半に構成されていた、ニュース解説コーナー。コメンテーターが日々のニュースについて解説する
6時45分頃に構成されていたゾーンコーナー。トヨタ自動車の広告出稿引上げに伴い、終了
  • ザ・チェック - 2008年10月6日 - 2009年3月27日
当該の間の金曜のみ扱っていたコーナーで、リスナーがそのトピックのチェック項目に該当しているか答え合わせをするコーナー

出版物編集

「8時のGood Story」及び『鈴木杏樹のいってらっしゃい』にて紹介したエピソードからの抜粋、再編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ ぐるっと流山 市役所でラジオ収録 市役所で「上柳昌彦のお早うGoodDay」を収録 9月24日の放送に井崎市長が出演”. 流山市 (2008年9月16日). 2018年10月4日閲覧。
  2. ^ ニッポン放送はじまるよ! 2007年秋 10月1日、ニッポン放送の朝がかわります!”. ニッポン放送. 2007年9月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年10月1日閲覧。
  3. ^ “片山虎之助氏がラジオのレギュラーに”. 日刊スポーツ. (2007年9月11日). https://www.nikkansports.com/entertainment/f-et-tp0-20070911-254651.html 2018年10月10日閲覧。 
  4. ^ 日本民間放送連盟賞/2008年(平成20年)入選・事績”. 日本民間放送連盟 (2008年11月1日). 2018年10月1日閲覧。
  5. ^ 放送開始から2009年3月30日迄は月・水・金の担当
  6. ^ 第22回参議院議員通常選挙出馬に伴い降板
  7. ^ 2010年4月2日放送分迄はコーナースポンサード冠にヤナセが付いていたが、番組終了迄ノンスポンサード

外部リンク編集