メインメニューを開く

上毛野 広人(かみつけの の ひろひと)は、奈良時代貴族朝臣官位正五位下按察使

 
上毛野広人
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 養老4年(720年)9月
官位 正五位下按察使
主君 元明天皇元正天皇
氏族 上毛野朝臣
テンプレートを表示

目次

経歴編集

元明朝和銅元年(708年従六位上から三階昇進して従五位下叙爵する。元明朝末の和銅7年(714年)3月に従五位上に昇叙され、同年11月に新羅使に応対するために左右将軍の任命が行われた際、広人は右副将軍に任ぜられた。

元正朝では当初右少弁を務め、霊亀3年(717年)3月に当時太政官の首班にあった左大臣石上麻呂の葬儀にあたって、太政官のを宣べた[1]。同年4月に大倭守に転じるとのち按察使に遷るなど元正朝半ばより地方官を歴任する。養老4年(720年)正月に正五位下に叙せられるが、同年9月に蝦夷の反乱により任地の陸奥国で殺害された。最終官位は按察使正五位下。

官歴編集

続日本紀』による。

関連作品編集

脚注編集

  1. ^ 『続日本紀』養老元年3月3日条

参考文献編集