上海博物館蔵戦国楚竹書

上海博物館蔵戦国楚竹書(シャンハイはくぶつかんぞうせんごくそちくしょ)は、上博楚簡(じょうはくそかん)ともいい、中国上海博物館の所蔵する戦国時代竹簡群である。儒家道家の思想研究において重要な文献となっている。成書時期は紀元前373年から紀元前278年のあいだと見られている[1]

概要編集

簡は1200枚以上、字数は約35000字におよぶ。1994年香港大学教授の張光裕の仲介により、上海博物館館長の馬承源英語版が入手した。正規の考古発掘を経ていない盗掘簡であり、出土地は不明である[1]

80種類ほどの文献にわかれる。『周易』や『礼記』緇衣のように現存する文献もあるが、その多くは今まで知られなかった文献であり、儒家を中心とするが、道家兵家陰陽家的な内容の書物もある[1]郭店楚簡と共通点が多い(成書時期も出土地も近い、思想書が多い、重複する文献がある等)[2]

2001年以来、調査結果が『上海博物館蔵戦国楚竹書』の題で上海古籍出版社から出版されている。日本では浅野裕一湯浅邦弘らの研究が公刊されている。

内容編集

  • 『孔子詩論』
  • 『緇衣』
  • 『性情論』
  • 『民之父母』
  • 『子羔』
  • 『魯邦大旱』
  • 『従政』
  • 『昔者君老』
  • 『容成氏』
  • 『周易』
  • 『恒先』
  • 『仲弓』
  • 『彭祖』
  • 『采風曲目』
  • 『逸詩』
  • 『昭王毀室 昭王与龏之𦞠』
  • 『柬大王泊旱』
  • 『内豊』
  • 『相邦之道』
  • 『曹沬之陳』
  • 『競建内之』
  • 『鮑叔牙与隰朋之諫』
  • 『季庚子問于孔子』
  • 『姑成家父』
  • 『君子為礼』
  • 『弟子問』
  • 『三徳』
  • 『鬼神之明 融師有成氏』
  • 『競公瘧』
  • 『孔子見季桓子』
  • 『荘王既成 申公臣霊王』
  • 『平王問鄭寿』
  • 『平王与王子木』
  • 『慎子曰恭倹』
  • 『用曰』
  • 『天子建州』甲乙
  • 『武王践阼』
  • 『鄭子家喪』
  • 『君人者何必安哉』
  • 『凡物流形』
  • 『呉命』
  • 『子道餓』
  • 『顔淵問于孔子』
  • 『成王既邦』
  • 『命』
  • 『王居』
  • 『志書乃言』
  • 『有皇将起』
  • 『李頌』
  • 『蘭賦』
  • 『鶹鸝』
  • 『成王為城濮之行』甲乙
  • 『霊王遂申』
  • 『陳公治兵』
  • 『挙治王天下』
  • 『邦人不称』
  • 『史蒥問于夫子』
  • 『卜書』

脚注編集

  1. ^ a b c 上博楚簡 | 中国出土文献研究会”. www.shutudo.org. 2020年12月15日閲覧。
  2. ^ 谷中信一「郭店(湖北省)と〈上博楚簡〉」 『地下からの贈り物 新出土資料が語るいにしえの中国』中国出土資料学会、東方書店、2014年。ISBN 978-4497214119

参考文献編集

  • 中国出土資料学会編『地下からの贈り物 新出土資料が語るいにしえの中国』(2014年、東方書店)

関連項目編集