上海申花足球倶楽部

中国のサッカークラブ

上海申花足球倶楽部漢音読み:シャンハイ-しんか-そっきゅうくらぶ、上海申花足球俱乐部)は、中華人民共和国上海市をホームタウンとする、中国プロサッカーリーグ(中国超級)に加盟するプロサッカークラブ。

上海申花足球倶楽部
原語表記 上海申花足球俱乐部
愛称 "the Blue Devils" “蓝魔”
"The Flower of Shanghai" "申花"
クラブカラー    
   
   
創設年 1951年
所属リーグ 中国超級
所属ディビジョン 1部
ホームタウン 上海市
ホームスタジアム 上海体育場
収容人数 八万
代表者 中華人民共和国の旗 張玉良
監督 ロシアの旗 レオニード・スルツキー
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
上海申花足球倶楽部
各種表記
繁体字 上海申花足球俱樂部
簡体字 上海申花足球俱乐部
拼音 Shànghǎi Shēnhuā Zúqiú Jùlèbù
英文 Shanghai Shenhua Football Club
テンプレートを表示

概要 

編集

華東隊として1951年に創立した。ホームタウンは上海市である。

チーム名の申花は上海の企業グループ上海申花集団を示す。かつてのチーム名にあるSVAは液晶ディスプレイ製造や通信事業を中核とする電機メーカーグループ「上海広電集団(SVA)」、「文広」は上海テレビなどが属する上海メディアグループ(上海文化広播影視集団、SMG)が由来である。

歴史

編集
1951年

華東隊創立。

1993年

上海申花に改名。

1994年

中国プロリーグ設立。初年度より参加。

2002年

上海申花SVA文広足球倶楽部に改名。

AFCチャンピオンズリーグの初年度でもある2002-03大会に初出場すると予選でBECテロ・サーサナ大田鹿島のグループAを1勝2敗の3位で終えグループリーグ敗退した。

2004年

2年連続の2回目の出場となったAFCチャンピオンズリーグ2004の予選で全北磐田BECテロ・サーサナのグループEを3勝3敗の3位で終えた。2年連続で3位でグループリーグ敗退した。

2005年

大分トリニータと業務提携。

2006年

3回目の出場となったAFCチャンピオンズリーグ2006の予選でドンタム・ロンアンとの2チームによるグループGを2勝で初の決勝トーナメントに進出した。準々決勝で全北と対戦した。ホームの第1戦を1-0で勝利したがアウェイの第2戦では2-4で敗れ、合計スコア3-4で準々決勝で敗退が決定した。

2007年

2月に上海聯城のオーナー朱駿に買収され、申花の選手15名と聨城の選手15名で構成されたクラブとなる。

上海聯城と完全統合。リーグ開始前に上海申花聨盛足球倶楽部に改名。

2年連続の4回目の出場となったAFCチャンピオンズリーグ2007の予選で浦和シドニーペルシク・ケディリのグループEを1勝2分3敗でグループリーグ最下位の4位で終えた。グループリーグ敗退した。

2回目の出場でこの年で最後となったA3チャンピオンズカップ2007では浦和城南一和天馬山東魯能と対戦し、2勝1敗で優勝した。大会最優秀選手に上海申花の李鋼が受賞した。

2009年

2008年中国サッカーリーグ2位として、5回目の出場となったAFCチャンピオンズリーグ2009の予選で鹿島水原アームド・フォーシズのグループGを2勝2分2敗の3位で終えグループリーグ敗退した。

2011年

6回目の出場となったAFCチャンピオンズリーグ2011の予選で水原鹿島シドニーのグループHを2分4敗でグループリーグ最下位の4位で終えた。グループリーグ敗退した。また12月12日、チェルシーFCから元フランス代表FWであるニコラ・アネルカを獲得した。年俸は1060万ユーロと言われている。

2012年

2012年6月20日、UEFAチャンピオンズリーグを制したばかりのチェルシーからコートジボワール代表FWのディディエ・ドログバ、コロンビア代表MFジョヴァンニ・モレノが加入した。

2013年

2013年1月、給与未払いなどの問題からドログバが退団し、ガラタサライへ移籍。またアネルカも同様にユベントスへと移籍した。

2015年

三菱重工空調系統(上海)有限公司とのスポンサー契約を発表した[1]。スポンサー契約により、上海申花のユニフォーム背中に「三菱重工空調」の文字が入る。

6月25日、スペインのレバンテUDからマリ代表MFモハメド・シソッコを獲得すると、2日後の6月27日にトルコのベシクタシュJKからセネガル代表FWデンバ・バを獲得した。

2016年

インテル・ミラノからコロンビア代表のフレディ・グアリンを獲得した。またナイジェリア代表FWのオバフェミ・マルティンスも獲得した。

2017年

グレゴリオ・マンサーノ監督が2016シーズンをもって退任し、デンバ・バベシクタシュトルコ)へ期限付き移籍となった。

2017シーズンよりウルグアイ人グスタボ・ポジェが新監督に就任。補強面ではボカ・ジュニアーズアルゼンチン)からカルロス・テベスを移籍金200万ユーロ程度で、世界最高額とも言われる年俸4000万ユーロで獲得し、世界的な話題を集めた。

AFCチャンピオンズリーグの本戦出場をかけてプレーオフラウンドから出場した。2月9日、ホームでオーストラリアのブリスベン・ロアーと対戦したが0-2で敗れて、大会からの敗退が決まった。結局リーグ戦もライバル上海上港との上海ダービーに大敗するなど11位と低迷し、ポジェ監督は途中退任し、呉金貴監督が就任。呉のもとで2017中国FAカップで上海上港に3-3(アウェイゴール2-0)で勝利し優勝、翌年のアジアチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。

2018年

リーグ戦7位。パラグアイ代表MFオスカル・ロメロを獲得するも、デンバ・バは上海上港戦で骨折しその後退団した。

AFCチャンピオンズリーグのグループリーグに出場も、水原三星、鹿島アントラーズ、シドニーFC相手に5分1敗で最下位に終わった。年末に呉金貴監督が退任し、新監督にスペイン人のキケ・フローレスが就任。

2019年

長春亜泰からナイジェリア代表オディオン・イガロASローマからイタリア代表エル・シャーラウィ全北現代から韓国代表キム・シヌクらを補強も、リーグ戦13位と低迷。キケ・フローレスが7月に辞任し、後任に元韓国代表監督の崔康熙が就任。年末の。中国FAカップ山東泰山を破り優勝した。フレディ・グアリンが退団。

2020年

新型コロナウイルス感染爆発で、リーグ戦開催が遅れ集中開催に。最終順位は7位。

イガロはマンチェスター・ユナイテッドへ(レンタル後、退団)エル・シャーラウィはASローマへ復帰。オバフェミ・マルティンスも退団(武漢へ)

AFCチャンピオンズリーグ2020ではグループリーグで蔚山現代、FC東京、パースグローリーと対戦し2勝1分3敗の3位で敗退。

2021年

リーグ戦9位。8月に崔康熙が辞任。後任はクラブOBの毛毅軍が代行を務めた。10年在籍し、クラブ最多得点記録を更新したキャプテンのジョヴァン二・モレーノが退団。

2022年

リーグ戦10位。呉金貴が6回目の監督就任。

2023年 

ホーム&アウェイが復活。スポンサー変更の兼合いにより、ホームスタジアムを虹口スタジアムから上海体育場へ移転。

リーグ戦5位。中国FAカップ山東泰山を1-0で破り優勝。翌年のアジアチャンピオンズリーグ出場権を獲得。年末に呉金貴監督が退任、後任に元ロシア代表監督のスルツキが就任。クラブ創設30周年を迎えた。

2024年

グラナダCFからポルトガル人DFマナファモレイレンセからブラジル人FWアンドレ・ルイス、武漢三鎮からFW謝鵬飛、北京国安からMF高天意を獲得した。

2月25日、中国FAスーパーカップで上海海港を1-0で破り、4回目の優勝を果たした。 

タイトル

編集

国内タイトル

編集

国際タイトル

編集

表彰

編集
超級リーグ

過去の成績

編集
シーズン ディビジョン カップ
リーグ 順位
2004 超級リーグ 22 4 10 8 28 37 −9 22 10位 準決勝敗退
2005 超級リーグ 26 15 8 3 41 23 +18 53 2位 準々決勝敗退
2006 超級リーグ 28 14 10 4 37 19 +18 52 2位 準々決勝敗退
2007 超級リーグ 28 12 10 6 35 29 +6 46 4位 -
2008 超級リーグ 30 17 10 3 58 29 +29 61 2位 -
2009 超級リーグ 30 12 9 9 39 29 +10 45 5位 -
2010 超級リーグ 30 14 6 10 44 41 +3 48 3位 -
2011 超級リーグ 30 11 4 15 31 41 −10 37 11位 準決勝敗退
2012 超級リーグ 30 8 14 8 39 34 +5 38 9位 4回戦敗退
2013 超級リーグ 30 11 11 8 36 36 0 38 8位 3回戦敗退
2014 超級リーグ 30 8 11 11 33 45 −12 35 9位 準決勝敗退
2015 超級リーグ 30 12 6 12 42 44 −2 42 6位 準優勝
2016 超級リーグ 30 12 12 6 46 31 +15 48 4位 準決勝敗退
2017 超級リーグ 30 9 8 13 52 55 −3 35 11位 優勝
2018 超級リーグ 30 10 8 12 44 53 −9 38 7位 4回戦敗退
2019 超級リーグ 30 8 6 16 43 57 −14 30 13位 優勝
2020 超級リーグ 20 7位

2020シーズンは新型コロナウイルス感染拡大の影響により、8チームずつ2つのグループに分かれて予選を行い、各グループ上位4チーム計8チームが優勝を争う決勝トーナメントに、下位4チーム計8チームが降格を争う残留プレーオフに進む形で開催された。

現所属メンバー

編集
2019シーズン 中国スーパーリーグ第17節 河北華夏戦スターティングメンバー
2020年2月8日現在

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
2 DF   徐友剛
3 DF   畢津浩
4 DF   蔣聖龍
5 DF   朱辰傑
7 MF   アレクサンデル・エンドゥンブ
8 MF   張璐
10 MF   ジョヴァンニ・モレノ ( ) ★
12 GK   陳釗
13 DF   趙明剣
14 DF   孫凱
15 FW   朱建栄
16 DF   李運秋
17 MF   呉毅臻
18 FW   高迪
No. Pos. 選手名
19 GK   曽誠
23 DF   柏佳駿
25 MF   彭欣力
26 MF   秦昇
27 GK   李帥
28 MF   曹贇定
29 FW   キム・シンウク
30 MF   ステファーヌ・エムビア
21 MF   朱宝傑
32 DF   エディ・フランシス
33 MF   汪海健
35 DF   馮瀟霆
36 MF   劉若釩
37 MF   孫世林
38 DF   温家宝

※星印は外国人選手を示す。

監督

歴代監督

編集

歴代所属選手

編集

ダービーマッチ

編集

同じ上海に本拠地を置く上海海港足球倶楽部との対戦は上海ダービーとなる。

エンブレム

編集

エンブレムの基調になる赤・青・白はスポンサー申花グループのコーポレートカラーが元になっている。2002年に複数の企業からスポンサーを受けるようになると。左上にチーターの図案を配し、ロゴマークの「S」に各社の頭文字を含めるため重ねた文字が使われるようになった。2007年にエンブレムが一新され、走る姿のチーターは顔だけが描かれるようになった。ロゴマーク「S」の重ねもなくなったが、その代わりチーターの顔の中にデフォルメされた「S」2文字がデザインされた。チームロゴSFCの上にあるカーブは上海市の花である木蓮の花弁をイメージする[2]

脚注

編集
  1. ^ エルナン・バルコスの17得点は深圳亜旅時代も含まれるため、上海申花では3得点。
  1. ^ 上海申花、三菱重工中国法人とスポンサー契約を締結footballchannel 2015年3月6日
  2. ^ エンブレムの世界 上海申花『サッカーマガジン』2012年1月3日号、ベースボール・マガジン社、2012年、雑誌23881-1/3, 057頁。

外部リンク

編集
公式