メインメニューを開く

上田まりえ

日本のタレント、元日本テレビアナウンサー

上田 まりえ(うえだ まりえ、1986年9月29日 - )は、日本の女性マルチタレント。元日本テレビアナウンサー。

うえだ まりえ
上田 まりえ
プロフィール
本名 竹内まりえ[1]
出身地 日本の旗 日本鳥取県境港市
生年月日 (1986-09-29) 1986年9月29日(32歳)
血液型 A型
最終学歴 専修大学文学部日本語日本文学科日本文学文化専攻
所属事務所 ドゥ・ストレート株式会社
職歴 日本テレビ放送網
活動期間 2009年 - 2016年(日本テレビアナウンサーとして。
2016年 - (フリーアナウンサーとして)
出演番組・活動
現在 ワールドスポーツMLB
5時に夢中!
過去 君に届けシリーズ
Oha!4 NEWS LIVE
ちはやふる
天才!!カンパニー
スッキリ!!
真相報道 バンキシャ!
ボウリング革命 P★League
PON!ほか

目次

来歴・人物

鳥取県境港市出身。実家は、元イカ釣り漁船の網元[2]。海に囲まれた場所で生まれ育った[2]境港市立第三中学校鳥取県立米子東高等学校専修大学文学部日本語日本文学科日本文学文化専攻卒業[3]早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程1年制修了[4]。身長162cm。

特技は剣道(初段)、野球のスコア記録。趣味は野球(左利きのため左投げ左打ち)。大学時代週3回、下宿近くの稲田堤にあるバッティングセンターに通い詰めていた[3]。高校生時代から野球グッズ収集も趣味で、集めた野球関連書籍は400冊を超える[5][出典無効][6]。自称Eカップ[7]

3歳からピアノを習う。絶対音感を持ち、中学2年時に市のコンクールで優勝しオーケストラと競演した。音大に進もうと考えた事もある[8]

小学校で放送委員会に入り、アナウンサーを志した。放送委員会の校内放送では、台本原稿作成、インタビュアー、編集作業、校内アナウンスと1人4役をこなした。中学校ではソフトテニス部、高校では剣道部・放送部に在籍。2004年高校野球鳥取大会秋季中国大会(いずれも米子市民球場)でウグイス嬢を務めた。野球ファンになったのは中学時代に観た鳥取県立八頭高等学校のプレーがきっかけ[3]

中学生時に、境港市交流事業で中華人民共和国吉林省を経て、河南省地元大学生と折り紙での文化交流後、北京を訪問。

2008年専修大学アナウンス専門職養成講座「アナウンサーへの道」を第1期生として受講[9]、同講座初のアナウンサーとなった。日テレ学院等のアナウンススクール[10]も受講し[11]、同年に日テレイベントコンパニオンを経験。

2009年に行われた専修大学の学園祭(創立130年「鳳祭」)にて、卒業生である小堺一機を招いたトークライブが行われた際にその司会を務めた[12]

同年4月日本テレビ放送網にアナウンサーとして入社。

2014年4月に、とっとりふるさと大使に就任。

2016年1月末で日本テレビを退社し、2月1日付で松竹芸能所属のマルチタレントに転向[13]12月22日、アシスタントとしてレギュラー出演している『5時に夢中!』(東京MXテレビ)で、社会人野球選手の竹内大助[14]トヨタ自動車所属)との婚約を報告[15]2017年2月1日、竹内と入籍[16]。同年4月8日よりNHK BS1にて、『ワールドスポーツMLB』の土曜・日曜のキャスターを務める。

2018年早稲田大学大学院スポーツ科学研究科に合格[17]12月17日、アスリートのマネジメントをはじめとするスポーツ関連事業を手掛ける「ドゥ・ストレート株式会社」を設立したことを発表[18][1]

2019年2月18日から、アシスタントを務める『5時に夢中!』を体調不良のため欠席。同月25日、医師の判断を踏まえ、『5時に夢中!』への出演を当面休むことが発表された[19]。同年3月6日、3月末を以って同番組を降板することが明らかになった[20][注 1]3月31日をもって所属している松竹芸能を退社し、4月からは個人で活動する[22]

2019年3月26日、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程1年制を修了[4]

2019年4月スタートの『なな→きゅう』(文化放送)で、月 - 木曜のパーソナリティーを担当[21]

現在の出演番組

テレビ

ラジオ

過去の出演番組

日本テレビ所属時代

代打としての出演番組

フリー以後

連載

  • 『Adonis』上田まりえのアナウンサー日記(専修大学校友会)

同期

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 『5時に夢中!』への出演取りやめの理由は、同番組のスタジオに入ったときだけ右手の激しい震えが止まらなかったというもので、医師からは「自律神経障害」と診断された[21]

出典

  1. ^ a b ご報告。”. 上田まりえオフィシャルブログ「ど直球」Powered by Ameba. サイバーエージェント (2018年12月17日). 2018年12月17日閲覧。
  2. ^ a b 上田まりえプロフィール(【CAPTAIN!TV】)
  3. ^ a b c インタビュー「夢」は語り続ければかなう 上田まりえさん(文4)”. ニュース専修ウェブ版. 専修大学. pp. 5面 (2008年5月号). 2009年6月2日閲覧。
  4. ^ a b “上田まりえ、早大大学院で修士号取得 夫に感謝”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年3月27日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201903270000349.html 2019年3月27日閲覧。 
  5. ^ 「癒されるもの」(2012年9月5日時点のアーカイブ[出典無効]
  6. ^ 私たちが癒されているもの”. アナウンスルーム. 日テレオンデマンド (2010年1月29日). 2018年5月28日閲覧。
  7. ^ 上田まりえ、Eカップバストを猛アピール! 「肩幅と胸板が厚いだけ」に反論メンズサイゾー(2016年11月18日)
  8. ^ Oha4! キャスター日記「○○の秋」(2010/09/24)
  9. ^ 専門家養成講座「アナウンサーへの道」”. ニュース専修ウェブ版. 専修大学. pp. 5面 (2008年5月号). 2009年6月2日閲覧。
  10. ^ 山本勉強会(2012年7月18日時点のアーカイブ
  11. ^ 日テレ学院
  12. ^ ホームカミングデー2009に600人の卒業生が集う”. ニュース専修ウェブ版. 専修大学 (2009年10月号). 2009年10月31日閲覧。
  13. ^ 上田まりえアナ、日テレ退社→松竹芸能入り!マツコ“お墨付き”もサンケイスポーツ(2015年11月21日)
  14. ^ 竹内大助 (@dsk_tkuc) - Twitter
  15. ^ “上田まりえ、「5時に夢中!」で結婚生報告”. スポニチアネックス. (2016年12月22日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/22/kiji/20161222s00041000168000c.html 2016年12月22日閲覧。 
  16. ^ 公式ブログ並びに、2017年2月2日付デイリースポーツ連載コラムにて報告。(デイリースポーツ紙面には写真も掲載。)
  17. ^ 上田まりえ、早大大学院に合格日刊スポーツ2018年2月1日付(2018年2月27日アクセス)
  18. ^ “上田まりえ、会社設立を発表 アスリートのマネジメント、社名は“ど直球””. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年12月17日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/12/17/kiji/20181217s00041000144000c.html 2018年12月17日閲覧。 
  19. ^ “上田まりえ「5時に夢中!」のアシスタント当面休養 番組MCふかわりょうが発表”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年2月25日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190225-OHT1T50120.html 2019年2月25日閲覧。 
  20. ^ a b “5時夢」新アシスタントに大橋未歩 休養中の上田まりえは降板”. デイリースポーツonline (デイリースポーツ). (2019年3月6日). https://www.daily.co.jp/gossip/2019/03/06/0012121866.shtml 2019年3月6日閲覧。 
  21. ^ a b c “上田まりえ 「自律神経障害」だった…「5時夢」スタジオに入ると右手が震え”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年3月19日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/03/19/kiji/20190319s00041000245000c.html 2019年3月19日閲覧。 
  22. ^ “上田まりえ、3月31日で松竹芸能を退社 今後は個人で活動”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年3月13日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190313/geo19031313030031-n1.html 2019年3月13日閲覧。 
  23. ^ news every.放送直後のキャスタートーク 2014年9月23日(火) ようこそ、上田キャスター!
  24. ^ 上田まりえ4月から伊集院ラジオ火曜アシスタントに”. 日刊スポーツ (2016年2月22日). 2016年2月23日閲覧。
  25. ^ 内藤聡子が「5時に夢中!」卒業、後任は上田まりえ,日刊スポーツ(2016年3月3日)

関連項目

外部リンク