メインメニューを開く

上田丸子電鉄モハ4360形電車(うえだまるこでんてつモハ4360がたでんしゃ)は上田交通の前身、上田丸子電鉄の丸子線で使用されていた通勤形電車で、元は東急デハ3100形を出自とする車両である。

車両来歴編集

1926年藤永田造船所で製造された目黒蒲田電鉄東京横浜電鉄モハ100形110 - 112を出目としている。製造当初は目黒蒲田電鉄(東急目蒲線の前身、現在は東急目黒線東急多摩川線に分割)車籍であったが翌1927年に東京横浜電鉄に転籍している。1942年東京急行電鉄大東急)発足によりデハ3100形3110 - 3112と改番している。

新造当時は全長15メートル・窓配置1D6D6D1の一段下降式の側窓、集電装置はパンタグラフとダブルポールで、半鋼製電車でありながらトラス棒を装着していたが、後の更新で窓配置が2D5D5D2に変更、側窓が2段上昇式となりダブルホール・トラス棒が撤去されている。また、全長が16メートルに延長され、半室両運転台の全室片運転台化も行われた。1958年に東急は上田丸子電鉄の増資分を肩代わりした事により、同社を系列企業に入れた。この際お礼としてサハ化されていなかった3110 - 3112を上田丸子に入線させる事になった。入線させるにあたり、単行運転が基本となることから、東急元住吉車輌工場で全室両運転台に再改造している。

上田丸子譲受後のモハ4360形編集

モハ4360形は改造工事の折に車内の照明を蛍光灯に切り替えている。これは上田丸子電鉄では史上初であった。それまでは白熱灯による直接照明が主流であったが就役を機に車内照明を蛍光灯に切り替えていったのである。

上田丸子入線以来ずっと丸子線で使用された。運行形態は単行のみで重連運転はなかった。そして1969年4月19日の同線廃止と同時に廃車されているが、この時のさよなら運転の花列車に当てられている。ちなみに上田交通の電車の蛍光灯化が完了したのは1980年代に入ってからであった。