メインメニューを開く

上田城跡公園野球場

上田城跡公園野球場(うえだじょうせきこうえんやきゅうじょう)は、長野県上田市上田城跡地内にある野球場。通称、上田市営球場。

上田城跡公園野球場
Ueda Josekikoen Baseball Stadium
施設データ
所在地 長野県上田市二の丸4-14
開場 1928年昭和3年)
管理・運用者 長野県上田市
グラウンド 内野:土
外野:
照明 照明塔:4基
収容能力
10,000名
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:m2
両翼:91.44 m
中堅:116.82 m

目次

歴史編集

1928年に開場。陸上競技場などといった他の運動施設と同時期に真田昌幸で有名な上田城の跡地に作られた。敷地内には庭球場や相撲場も設けられ、運動場の管理は上田体育協会に委託された。掘り下げ方式で作られており、ナイター施設も完備。堀跡を利用しているため、球場が穴の中にあるといった印象。造りそのものは長野市営城山球場(2000年に老朽化で閉鎖)によく似ている。

1948年から1952年、1954年、1956年から1958年とプロ野球公式戦も開催された。特に1949年には読売ジャイアンツが主催公式戦を開催したと云う。

1951年8月1日、松竹ロビンス岩本義行が本球場で行われた大阪タイガース戦で、史上初の1試合4本塁打を記録した[1][2]二塁打も放ち1試合18塁打を記録。二つの記録は現在もプロ野球記録である。

現在は草野球での使用がほとんどである。

1968年に長野県営上田野球場が設けられた。交通の便はこちらのほうが良い。

2006年に上田市、丸子町、真田町、武石村が合併し、旧上田市内の施設は名称が変更された。その際に「上田市営野球場」は「上田城跡公園野球場」に正式名称が変更された

2008年公開の映画『ラストゲーム 最後の早慶戦』でロケ地となった。

施設概要編集

  • 構造:
  • 内野:土、外野:土
  • 両翼:91.44m、中堅:116.82m
  • 照明設備:照明灯:4基
  • 収容人員:10,000人

交通編集

周辺施設編集

いずれも上田城跡内

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集