メインメニューを開く

概要編集

1929年(昭和4年)に上田城西櫓内に開設された「徴古館」を前身とし、1953年(昭和28年)に上田市立博物館に改称。1959年(昭和34年)に西櫓・南櫓・北櫓が長野県宝に指定されたため、1965年(昭和40年)に上田城の二の丸に現在の本館である新館を開館した。西櫓は新館開館後閉鎖され内部非公開となった。一方一旦売却され移築されたものの上田市によって買い戻され、1949年(昭和24年)に城内に再移築された上田城南櫓と北櫓についても内部非公開となっていたが、1994年(平成6年)に 南櫓と北櫓の間を結ぶ東虎口櫓門と袖塀が復元された際、いずれも博物館の施設の一部となり内部が公開されている。1962年(昭和37年)、隣接地に山本鼎記念館が開館し、セット入館券も販売された。山本鼎記念館は2014年(平成26年)10月の上田市立美術館開館に伴い、収蔵品を同美術館に移管し閉館したが、記念館の建物は博物館の別館として整備され、2016年(平成28年)1月4日に再開館した。これに合わせて2015年(平成27年)末、博物館についても再整備を行い、本館とした。2016年(平成28年)、NHK大河ドラマ真田丸』放送に合わせ、同年12月28日まで無休で開館し、真田氏関連特別企画展を開催。また閉鎖されていた上田城西櫓を1年間の期限で再公開した。2018年(平成30年)より南櫓・北櫓・東虎口櫓門・袖塀を「上田城櫓資料館」と称する。

施設編集

  • 本館
    • 1階 受付、事務室、常設展示室(江戸時代・民俗)、山極勝三郎記念室、手洗所
    • 2階 常設展示室(近代・自然)、研究室
  • 別館(旧山本鼎記念館)
    • 1階 受付、ミュージアムショップ・喫茶・休憩室、手洗所
    • 2階 企画展示室
  • 上田城櫓資料館
    • 南櫓
    • 北櫓
    • 東虎口櫓門・袖塀
  • 本館と別館の間に多機能トイレあり

収蔵資料編集

総合博物館の位置付けであり、上田市の人文・社会・自然すべての分野の資料の収集・保存・研究・公開を行っている。真田氏をはじめとする歴代上田城主および上田藩に関する史資料や、真田氏時代の瓦など上田城跡から出土した考古資料、上田藩ゆかりの俳人加舎白雄の作品(寄託)、上田地方の歴史・民俗・産業・文化・自然等に関する史資料を展示している。絵画や刀剣類などの美術品も所蔵。1980年(昭和55年)に上田市立信濃国分寺資料館が開館した際に考古資料・日本古代史史料・信濃国分寺関係資料等は同館に移管されている。

主な所蔵品編集

  • 小紋地桐紋付韋胴服(かわどうふく)(織田信長所用) 国の重要文化財
  • 国友一貫斎反射望遠鏡 国の重要文化財
  • 山浦真雄作太刀 長野県宝
  • 松平忠周所用紺糸縅白熊毛当世具足 上田市指定有形文化財
  • 加舎白雄墨書及画賛屏風 上田市指定有形文化財(寄託)
  • 陽泰寺銅製雲板 上田市指定有形文化財(寄託)

交通アクセス編集

関連項目編集

外部リンク編集