メインメニューを開く

上田氏(うえだし)は、日本氏族

目次

概要編集

大江氏系編集

大江広元の孫大江佐房から始まる。承久の乱における戦功により上田荘を拝領し、子の佐泰・長広らが上田氏を名乗る。しかし直系は、弘安8年11月17日(1285年12月14日)の霜月騒動で没落した。

系図

「安中坊系譜」[1]

政所別当
大江広元
 
遠江守
親広
 
尾張守・左近将監
佐房
 
佐泰[2]
(又太郎)
 
兵庫介広真
 
泰広[3]
(又八郎/宗阿)
 
盛広[4]
(熊若丸/孫太郎)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
佐々木氏信
の娘[5]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
泰元[6]
(熊鶴丸)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
佐々木広宗[7]
 
佐々木宗清(道観)[8]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尾張守
佐時
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長広[9]
(孫二郎)
 
佐長[10]
(孫三郎)
 
光佐
(孫三郎)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
佐広
(少輔六郎)
 

武蔵七党編集

武蔵七党西党の系統で、扇谷上杉氏の家臣の家系。松陰私語に戦巧者として「道灌父子(父:太田道真)、上田・三戸・荻野谷」の名が見える。

信濃源氏編集

信濃源氏小笠原氏流の系統。上田宗箇流の流祖の上田宗箇など。

脚注編集

  1. ^ 『寒河江市史 大江氏並びに関連史料』p.93
  2. ^ 宝治元年(1247年)早世。
  3. ^ 北条時宗の死去により出家、霜月騒動で安達氏に与し討死。42歳。
  4. ^ 霜月騒動の時15歳で自害。
  5. ^ 『群書系図部集 3, 第 2 巻』p.298 佐々木系図。
  6. ^ 霜月騒動の時10歳で自害。
  7. ^ 佐々木氏信の養子となり佐々木少輔弥二郎を名乗った。
  8. ^ 霜月騒動で討死
  9. ^ 信濃国井上入道の婿となる。
  10. ^ 信濃国井上に住んだ。
  11. ^ 東松山市平成22年度きらめき市民大学課題研究のまとめ「歴史探訪 武蔵松山城から陣屋まで 郷土学部B班」

参考文献編集

  • 寒河江市史編さん委員会 『寒河江市史 上巻』、1994年
  • 寒河江市史編さん委員会 『寒河江市史 大江氏ならびに関係史料』、2001年