上田篤

日本の建築家

上田 篤(うえだ あつし、1930年8月12日 - )は、日本建築学者建築家都市環境空間デザイナー。専門は、都市計画・比較文明論。学位は、工学博士京都大学・1971年)。京都大学助教授・大阪大学教授・京都精華大学教授を経て、京都精華大学名誉教授。上田篤都市建築研究所主宰。滋賀県出身。

人物編集

専門は主に建築工学であり、主な作品に「橋の博物館」「大阪万国博覧会お祭り広場」「旭川市平和通買物公園」などがある。

しかしながら、建築分野で評価を受ける反面、近年は古典分野の執筆活動を展開している。侍の蝦夷起源や日本神話の半島説、稲の伝来についてなど、革新的な指摘をしている。[要出典]

岳父今西錦司大島渚とは、京都大学時代からの親友。

略歴編集

学歴編集

職歴編集

学外における役職
  • 総合研究開発機構理事(非常勤)
  • 特定非営利活動法人社叢学会副理事長
  • 国際コンペ「21世紀・京都の未来」事業記録の総合審査委員および専門審査員・委員長

著書編集

  • 西郷隆盛 ラストサムライ(2009年、日本経済新聞社
  • 鎮守の森(2007年、鹿島出版会
  • 一万年の天皇(2006年、文藝春秋
  • 日本人の心と建築の歴史(2006年、鹿島出版会)
  • 神なきニッポン(2005年、新潮社
  • 都市と日本人(2003年、岩波新書
  • 呪術が作った日本(2002年、光文社
  • 日本人と住まい(2002年、岩波書店)
  • 日本人と住まい<英語>(1990年、講談社インターナショナル
  • 建築家の学校(1997年、星雲社
  • 日本の都市は海から作られた(1996年、中央公論新社
  • 五重塔はなぜ倒れないか(1996年、新潮社)
  • 建築のなかの都市(1993年、プロセスアーキテクチャー)
  • 生活空間の未来像(1993年、紀伊国屋書店
  • 海辺(かいへん)の聖地(1993年、新潮選書
  • 面白い都市(1993年、学芸出版社)
  • 情報図鑑(1992年、福音館書店、編著)
  • 私たちの体にアマテラスの血が流れている(2017年、宮帯出版社)ほか

受賞歴編集

  • 1970年 日本建築学会特別賞(「お祭り広場」の設計)
  • 1974年 神奈川県建築賞(「太陽の家」の設計)、日本エッセイスト・クラブ賞(『日本人とすまい』の著作)
  • 1977年 トヨタ自工創立記念論文最優秀賞(「ツボグルマ」の提案)
  • 1984年 環境省環境優良賞(『鎮守の森』の著作)
  • 1985年 毎日出版文化賞(『流民の都市とすまい』の著作)
  • 1987年 西ハリウッド市コンペティション特別賞(ウェスト・ハリウッド市庁舎の設計)、大阪市文化功労賞朝日ディスプレイデザイン年賞’88(『橋の博物館』の設計)
  • 1988年 倉敷市都市建築優秀賞(『橋の博物館』の設計)
  • 1991年 HOPEすまい文化賞(『西陣の町家』の設計)
  • 1994年 京都市自治100周年記念表彰(「京都の発展」にたいする功績)、大阪市文化功労賞
  • 1998年 第3回京都市都市景観賞(『京都精華大学前駅舎』の設計)
  • 2000年 大阪文化賞(「卓越した都市計画」の研究)
  • 朝日デザイン年賞

脚注編集


外部リンク編集