上福ゆき

日本の女性モデル、タレント、プロレスラー

上福 ゆき(かみふく ゆき、1993年平成5年〉2月20日 - )は、日本モデルタレントグラビアアイドルプロレスラースターレイプロダクション所属を経てフリー。本名は上福佑季[2]

かみふく ゆき
上福 ゆき
上福ゆき.jpg
上福 ゆき
プロフィール
別名義 神福佑季(旧芸名)[1]
愛称 かみーゆ、上福ちゃん
生年月日 1993年2月20日
現年齢 29歳
出身地 日本の旗 日本神奈川県藤沢市
血液型 A型
公称サイズ(2020年時点)
身長 / 体重 173 cm / 51 kg
BMI 17
スリーサイズ 86 - 61 - 89 cm
カップサイズ F
靴のサイズ 24.5 cm
活動
デビュー 2013年
ジャンル グラビアアイドル
モデル内容 一般、水着
他の活動 タレントプロレスラー
事務所 フリー
モデル: テンプレート - カテゴリ

経歴編集

神奈川県横浜市で生まれ、藤沢市で育つ[3]。中学3年から高校までアメリカオハイオ州に留学していた[3]

東洋大学文学部英語コミュニケーション学科[3]在学中の2013年に「東洋大学ミスコンテスト」で準グランプリ[2][4]DHC賞を獲得。これをきっかけに芸能界入りを果たし、「神福佑季」名義でモデル活動を開始[1]2014年のSUPER GTでは「SYNTIUM CIRCUIT LADIES」の一員としてレースクイーン活動をしていた[1]

2017年、スターレイプロダクションに移籍し、現芸名に改名[3]。グラビアアイドルとして本格的に活動を始め、2月にミスアクション2017、6月よりミスFLASH2018にエントリーした[5]

7月30日、東京女子プロレスにてプロレスラーデビューすることを報告。8月26日、東京女子プロレス・後楽園ホール大会でデビュー戦が行われ、ミス東スポ2017特別賞受賞者のまなせゆうなとの「ミスミス」タッグでデビューを果す[6]

2019年3月27日、東京女子プロレス・板橋大会でタイトル初挑戦。TOKYOプリンセスタッグ王座にまなせゆうなと挑戦する[7]

2020年11月7日、東京女子プロレス・TOKYO DOME CITY HALL大会で空位となっていたインターナショナル・プリンセス王座の新王者決定トーナメントを制し第5代王者となる。

2021年6月より芸能活動はフリーランスとなる。

人物編集

  • 性格は男っぽく、プロフィールにも「さっぱりしている」「雑」、寝るときは「パン一」と自ら記述している[5]
  • 男性に求めるものは「漢気。犠牲心。筋肉」[5]
  • 愛称は上福ちゃん、かみーゆ。
  • 3歳上の姉がいる[3]
  • プロレス時のマイクアピールは英語から始めることが多い。
  • バラエティ番組内では自身の元交際相手について平然と暴露したり、プロレス活動において自身も所属している東京女子プロレスが掲げる三禁高木三四郎社長本人に向かって「守らない」と断言した。

作品編集

イメージビデオ編集

出演編集

モデル編集

ウェブテレビ編集

  • モヤさまネット・オリコンツ ムチムチVSしこしこ 炎の軍団対抗戦(2018年4月15日、Paravi

ラジオ編集

プロレス活動編集

上福 ゆき
Yuki Kamifuku
 
プロフィール
リングネーム 上福ゆき
本名 上福 佑季
ニックネーム the casual beauty
日本一の美女レスラー
ハッピーパリピ
かみーゆ
身長 173cm
誕生日 (1993-02-20) 1993年2月20日(29歳)
出身地 神奈川県
デビュー 2017年8月26日
のの子&瑞希
(パートナーはまなせゆうな
テンプレートを表示

戦歴編集

2017年
2018年
2020年
2021年

得意技編集

ドロップキック
上福のフェイバリットムーブ。コーナー上の相手を狙える打点の高さで放つ。
フェイマサー
初勝利を挙げた技。主なフィニッシャー。大一番ではダイビング式やその場飛びのリストクラッチ式も使用。
各種サミング
初期は髪型を乱されたことに腹を立て、英語でまくしたてながら詰めより相手をコーナーに追い込んでから放つパターンがお約束だった。
逆水平チョップ
優宇より継承。
ヤッホー83cm
側転から入り首4の字の形で顔面から叩きつけるヘッドシザーズDDT。技名は上福の股下の長さに由来。
金太郎クラッチ
四つん這いの相手の片腕を両足に挟み、相手の頭を下に押し込みつつもう片腕をとって十字架固めの形で押さえ込む変形のトケ・デ・エスパルダス。技名は祖父の名前から。
ユッキーカッター
変形の大外刈赤井沙希のサッキーカッターを継承。
ビッグブーツ
ブレーンバスター
卍固め
メイク落としペーパー
相手に精神的ダメージを与える凶器として使用。返り討ちにあって自分がすっぴんにされることもままある。

タイトル歴編集

東京女子プロレス
DDTプロレスリング

入場曲編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 矢沢隆則 (2014年5月26日). “SUPER GT2014「SYNTIUM」”. レースクイーン. 2021年11月10日閲覧。
  2. ^ a b ファッションメディア「itSnap」で上福佑季サンのコーデをチェック♪” (日本語). itSnap. 2021年10月24日閲覧。
  3. ^ a b c d e 何もないはなし”. 上福ゆきオフィシャルブログ. CyberAgent (2018年1月29日). 2021年11月10日閲覧。
  4. ^ 上福ゆき”. misscon.jp 大学ミスコンポータルサイト. 2017年9月19日閲覧。
  5. ^ a b c 上福 佑季”. ミスFLASH. 2017年9月19日閲覧。
  6. ^ a b Fカップグラドルがミス東スポGカップグラレスラーとタッグを組みデビュー戦!”. バトルニュース (2017年8月27日). 2017年9月19日閲覧。
  7. ^ 東京女子の“可能姉妹”・まなせ&上福、タッグ王座挑戦で「三禁爆弾」の投下を示唆” (日本語). Abema 格闘TIMES. 2019年3月17日閲覧。
  8. ^ #かみーゆ ONE derful!”. 近日発売 グラッソ. 2017年11月30日閲覧。
  9. ^ 銀座の画廊で『アイドル×レスラー展』が開催!5団体13選手が参加しスポーツとアートが融合!”. バトルニュース (2018年3月12日). 2018年3月13日閲覧。
  10. ^ 上福ゆき選手”. まなせゆうなオフィシャルブログ「Ax kick♡」Powered by Ameba (2017年9月10日). 2017年9月19日閲覧。
  11. ^ “上福ゆき『GWおわりましたね』” (日本語). 上福ゆきオフィシャルブログ「Kamiyu Moment」Powered by Ameba. https://ameblo.jp/yukikamifuku/entry-12374286883.html 2018年5月22日閲覧。 
  12. ^ “上福ゆき『キャンセルでおね』” (日本語). 上福ゆきオフィシャルブログ「Kamiyu Moment」Powered by Ameba. https://ameblo.jp/yukikamifuku/entry-12377271443.html 2018年5月22日閲覧。 
  13. ^ https://www.ddtpro.com/results/1571

外部リンク編集