メインメニューを開く

上総亀山駅

日本の千葉県君津市にある東日本旅客鉄道の駅

上総亀山駅(かずさかめやまえき)は、千葉県君津市藤林にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)久留里線である。

上総亀山駅
駅舎(2006年10月)
駅舎(2006年10月)
かずさかめやま
Kazusa-Kameyama
上総松丘 (3.9km)
所在地 千葉県君津市藤林98
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 久留里線
キロ程 32.2km(木更津起点)
電報略号 メヤ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
90人/日(降車客含まず)
-2010年-
開業年月日 1936年昭和11年)3月25日[1]
備考 無人駅(乗車駅証明書発行機 有)
テンプレートを表示

歴史編集

駅構造編集

単式ホーム1面1線を有する地上駅。かつては1面2線で、構内の行き止まり付近には引き上げ線を1本持っていたが、現在は分岐器が撤去され棒線化している。

2012年3月17日より当駅は久留里駅管理の無人駅となり、乗車駅証明書発行機が設置された。トイレは駅舎の外に設置されており、男女別の水洗式で、バリアフリー対応のトイレもある。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1 久留里線 上り 木更津方面[5]
  • 夜間滞泊が1本設定されている。かつては3本滞泊していたが、棒線化に伴い2本は久留里駅での滞泊に変更された。
  • ホームは2両編成までに対応する。このため3両編成以上の列車は、進行方向前寄り2両のみ扉扱いし3両目以降はドアカットされる。
  • 当初は、木原線(現いすみ鉄道いすみ線)と繋げて、房総東線(現外房線)の大原駅までを結ぶ計画があったが実現せず、当駅が久留里線の終着駅となっている。

利用状況編集

2010年(平成22年)度の1日平均乗車人員90人である。

JR東日本および千葉県統計年鑑によると、近年の1日平均乗車人員の推移は以下の通り。

年度別1日平均乗車人員[統計 1]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1990年(平成02年) 260 [* 1]
1991年(平成03年) 261 [* 2]
1992年(平成04年) 237 [* 3]
1993年(平成05年) 253 [* 4]
1994年(平成06年) 255 [* 5]
1995年(平成07年) 236 [* 6]
1996年(平成08年) 216 [* 7]
1997年(平成09年) 186 [* 8]
1998年(平成10年) 178 [* 9]
1999年(平成11年) 174 [* 10]
2000年(平成12年) [JR 1]175 [* 11]
2001年(平成13年) [JR 2]168 [* 12]
2002年(平成14年) [JR 3]149 [* 13]
2003年(平成15年) [JR 4]139 [* 14]
2004年(平成16年) [JR 5]133 [* 15]
2005年(平成17年) [JR 6]127 [* 16]
2006年(平成18年) [JR 7]129 [* 17]
2007年(平成19年) [JR 8]126 [* 18]
2008年(平成20年) [JR 9]118 [* 19]
2009年(平成21年) [JR 10]102 [* 20]
2010年(平成22年) [JR 11]90 [* 21]

駅周辺編集

バス路線編集

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
久留里線
上総松丘駅 - 上総亀山駅

脚注編集

[ヘルプ]

記事本文編集

  1. ^ a b c d e 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』31号 内房線・外房線・久留里線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年2月21日、26頁。
  2. ^ “上総亀山駅[君津市]を無人化 「タブレット式」廃止に伴い JR久留里線”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 4. (2012年3月9日) 
  3. ^ 久留里線「上総亀山駅」の窓口業務終了(無人化)について Archived 2012年12月24日, at the Wayback Machine.
  4. ^ 日刊動労千葉 2011年12月28日 第7245号
  5. ^ 時刻表 上総亀山駅”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月18日閲覧。
  6. ^ “上総亀山駅(君津市) ダムのある小終着駅”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 8. (1994年3月25日) 
  7. ^ 千葉~鴨川線”. 千葉中央バス. 2019年7月15日閲覧。

利用状況編集

  1. ^ 千葉県統計年鑑 - 千葉県
JR東日本の2000年度以降の乗車人員
千葉県統計年鑑

関連項目編集

外部リンク編集