メインメニューを開く

上里見藩(かみさとみはん)は、かつて上野碓氷郡吾妻郡など(現在の群馬県高崎市)に存在した。居館は里見郷の上里見神山三町、上里見陣屋

目次

概要編集

上里見藩は寛延元年(1748年)8月、篠塚藩主であった松平忠恒が移封されたことから立藩した。表高は2万石。

忠恒は奏者番寺社奉行を兼務した松平忠暁の次男で、自身も奏者番と寺社奉行を兼務している。上里見藩主となった同年閏10月には若年寄となり、第8代将軍・徳川吉宗死去に当たってはその諸事を処理する役目に当たった。その後も第9代将軍・徳川家重家基らの下で功績を挙げたことから、明和4年(1767年)閏9月28日に上野甘楽郡などに所領を移され、以後、松平(奥平)氏は小幡藩として存続することとなったのである。

歴代藩主編集

松平(奥平)家編集

2万石。譜代

  1. 忠恒(ただつね)

関連項目編集