メインメニューを開く
上野市駅前で発車を待つ上野天理線のバス

上野天理線(うえのてんりせん)とは、三重県伊賀市上野市駅から名阪国道などを経由し、奈良県天理市天理駅前に至っていた乗合バス路線である。現在では上野市駅から奈良県山辺郡山添村または奈良市東部までの運行となっている。

目次

運行会社・運行本数編集

三重交通:1日1往復

歴史編集

この路線は、かつて三重交通が津市三重会館津駅から、伊勢自動車道を走行し関バスセンターに停車した後、名阪国道および国道25号旧道経由で上野産業会館(上野市駅前)を経て、天理駅前まで直通する「津・天理特急バス」として運行していた。当時の国鉄の時刻表などには「はくほう」(白鳳)の愛称付きで掲載されていた。これが分割されて津側が廃止となり、天理方面だけが残ったものである。

なお、2006年9月30日までは奈良交通も 上野 - 天理間の路線バスを2往復運行していたが、路線再編により廃止され三重交通の単独路線となった。

過去には、三重交通は近畿日本鉄道(現近鉄バス)や奈良交通との共同運行で、大阪市内 - 上野産業会館までの路線を運行していたこともある。この路線が廃止となったのち、2005年4月1日から三重交通が伊賀と大阪(東梅田駅新大阪駅)を結ぶ高速バス路線を開設(2006年8月10日からは近鉄バスも参入)した。

さらに2007年4月25日から、奈良交通と名鉄バスが 奈良 - 名古屋間の高速バス路線を開設した(ただし伊賀市内での乗降扱いはない)。

2012年4月1日より、三重交通便は土休日1往復を除き、国道山添止まりとなった(同時に (57) 菅生発着便も統合(大西 - 菅生間は廃止))。2013年3月に上野産業会館の停留所を移転、同4月からは上野産業会館の停留所名を「上野市駅」に変更した。

2016年10月1日をもって、天理駅への系統を廃止。ただし、平日の山辺高校山添分校の登校日に限り、針インターまで運行する。

停留所一覧編集

※()内は廃止区間

  • 奈良交通便 (16系統、廃止されたが参考として掲載、太字は奈良交通のみ停車)
    上野 - 桑町 - 国道大内 - 国道七本木 - 国道白樫 - 国道治田 - 国道五月橋 - 国道山添 - 国道神野口 - 国道切幡 - 国道小倉 - 針インター - 国道針 - 国道一本松 - 国道福住 - 国道五ヶ谷 - 国道岩屋 - 国道櫟本 - 別所 - 天理中大路 - 天理駅前

所要時間編集

  • 上野市駅 - 針インター: 44分(三重交通)

以下は過去のデータ

  • 上野市駅 - 針インター: 42分(奈良交通)
  • 上野市駅 - 天理駅前: 73分(三重交通)・73分(奈良交通)
  • 針インター - 天理駅前: 29分(三重交通)・34分(奈良交通)

運行経路編集

  • 三重交通
    伊賀市 - (上野東IC) - 名阪国道 - (治田IC) - 国道25号旧道 - (山添IC)=山添村 - 名阪国道 - 奈良市 -

特徴編集

  • 高速バスに近い形態であるが、高速道路ではなく一般国道自動車専用道路である名阪国道を走行するため、一般の路線バス扱いとなっている。なお、三重交通便は2005年4月以降、治田 - 山添間を名阪国道経由から旧道経由に変更した。
  • 系統番号は60である(奈良交通便の系統番号は16であった)。
  • 三重交通は名阪国道を時速60kmで走るダイヤ、奈良交通は名阪国道を時速55kmで走るダイヤであったため、三重交通便と奈良交通便で所要時間が若干異なっていた。
  • 旧・上野産業会館停留所は、奈良交通便ではただ単に「上野」という名称になっていた。なお、奈良交通はかつて名阪国道経由とは別に京都府の山田川駅から月ヶ瀬口を経て上野まで国道163号経由の路線も運行していた。
  • 奈良交通では当路線撤退後も、天理駅前から国道山添(17系統)・針インター(18系統)・山辺高校(21系統)まで名阪国道経由の路線バスを運行してたが、2014年10月1日に路線再編され、17系統が廃止になり、国道山添へは針インターで連絡する、針インター - 山辺高校 - 国道山添間(38系統)または針インター - 国道山添間(39系統)に乗り換えなければならなくなった(本数少)。これら3箇所へは、かつて奈良市内からも直通していた。また、国道山添・針インターでは奈良名古屋線も停車する(2007年4月25日より名鉄バスと共同で運行開始。ただし奈良県内のみの利用は不可のため、名古屋方面への利用しかできない)。なお、奈良交通は路線が再編されたものの、針インターで乗り換えることで、18系統 - 38または39系統(天理駅 - 針インター乗り換え - 国道山添間)の内2本は、国道山添で三重交通60系統(国道山添 - 上野市駅間)との乗り換えを考慮したダイヤになっている。ただし、針インター - 国道山添間は、平日のみの運行となり、土休日は三重交通の60系統が直通する1本のみとなってしまった。
  • エンジンやトランスミッションの性能が比較的低い一般路線バス車両で運行している関係上、登坂中のオーバーレブによるエンジンブローや追突事故を防止するため、登坂車線のある区間は必ず同車線を走行する。

車両編集

  • 三重交通の車両は、車椅子対応車両のいすゞの中型ワンステップバス「エルガミオ」である。2005年11月頃までは日野自動車の「リエッセ」が使用されていた。それよりも前は名古屋上野高速バスと共通のA特急車(高速車)が使用されていたが、2005年4月に一部区間を旧道経由に変更したため リエッセに置き換えられた。
  • 奈良交通の車両は、かつては観光タイプの車両が多かったが、末期にはいすゞLTなどの一般路線車であった。
  • 三重交通は2回程いすゞの大型ワンステップバス「エルガ」を一時使用したことがある。2回目は治田インター付近でのエルガミオの事故により、その代車として使用された。2回目の一時使用終了以降、同路線でのエルガの走行は2013年頃までは見られなかったが、名阪国道の制限速度が70km/hに緩和されたことに伴い、立席乗車が認められなくなったため、2015年11月現在はエルガの高出力長尺車(LKG/QPG-LV234N3)やキュービックLVの高出力車(KC-LV280/380系)が使用されている。
  • 2007年6月26日、三重交通は車検の関係からか、かつて使用していたA特急車(高速車)を一度だけ使用した。その時は当然そのA特急車は 治田 - 山添間において名阪国道は経由せず、既定どおりの旧道経由で運行された。

関連項目編集

外部リンク編集