メインメニューを開く

上馬

東京都世田谷区の町名
日本 > 東京都 > 世田谷区 > 上馬

上馬(かみうま)は、東京都世田谷区の地名。現行行政地名は上馬一丁目から上馬五丁目。郵便番号154-0011[2]

上馬
—  町丁  —
上馬の位置(東京23区内)
上馬
上馬
上馬の位置
座標: 北緯35度38分17.06秒 東経139度40分6.84秒 / 北緯35.6380722度 東経139.6685667度 / 35.6380722; 139.6685667
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Setagaya, Tokyo.svg 世田谷区
地域 世田谷地域
面積[1]
 - 計 0.88km2 (0.3mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 20,042人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 154-0011[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 世田谷

目次

地理編集

世田谷区世田谷地域に属する。区内には下馬という地名も存在するが、隣接はしていない。

地価編集

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、上馬4-19-9の地点で55万6000円/m2となっている。[4]

歴史編集

現在の五丁目付近は、茶の湯に適した清水があったことから、茶人や茶道を嗜む公家や大名の下屋敷が建ち並び、通称「茶人町」とよばれた。世田谷通りに接する、自由通りから一つ東に通る小路は、現在でも地元の人に「茶匠通り」とよばれ、その名残をとどめている。

地名の由来編集

旧・荏原郡上馬引沢村(かみまひきさわむら)の省略による。一般には源頼朝が遠征に向かう途中この地を訪れ、土砂崩れに遭った際、「以後ここを渡る際は、馬を曳いて渡れ」と命じたのが由来とされるが、さらに古い地名とも考えられている。

沿革編集

町名の変遷編集

実施後 実施年月日 実施前(特記なければ各町名ともその一部)
弦巻一丁目 1966年10月1日 弦巻町一丁目、弦巻町二丁目、上馬町二丁目
弦巻二丁目 弦巻町一丁目、弦巻町二丁目、上馬町三丁目
野沢一丁目 1967年2月1日 野澤町一丁目、上馬町一丁目
上馬一丁目 上馬町一丁目
上馬二丁目
上馬三丁目
上馬四丁目 上馬町一丁目、上馬町二丁目
上馬五丁目 上馬町二丁目、世田谷一丁目
駒沢一丁目 1967年7月1日 上馬町三丁目、深澤町一丁目、新町一丁目
駒沢二丁目 上馬町二丁目(全域)、上馬町一丁目、上馬町三丁目
駒沢三丁目 1967年11月1日 弦巻町一丁目(全域)、上馬町三丁目、新町一丁目
駒沢公園 上馬町三丁目、深澤町一丁目、深澤町二丁目、新町一丁目
三軒茶屋一丁目 1968年7月15日 太子堂町(全域)、三軒茶屋町、下馬町一丁目、上馬町一丁目
下馬二丁目 池尻町、三宿町、三軒茶屋町、下馬町一丁目、上馬町一丁目
下馬三丁目 下馬町三丁目、上馬町一丁目

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
上馬一丁目 2,860世帯 4,722人
上馬二丁目 2,914世帯 4,529人
上馬三丁目 919世帯 1,500人
上馬四丁目 2,877世帯 4,594人
上馬五丁目 2,458世帯 4,697人
12,028世帯 20,042人

小・中学校の学区編集

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[10]

丁目 番地 小学校 中学校
上馬一丁目 全域 世田谷区立旭小学校 世田谷区立駒留中学校
上馬二丁目 全域 世田谷区立三軒茶屋小学校 世田谷区立駒沢中学校
上馬三丁目 全域 世田谷区立駒沢小学校
上馬四丁目 1〜38番
その他 世田谷区立弦巻小学校
上馬五丁目 1~18番
23~25番
27~40番
その他 世田谷区立弦巻中学校

交通編集

鉄道編集

最寄駅は東急田園都市線東急世田谷線三軒茶屋駅太子堂に所在)および駒沢大学駅(当地域四丁目に所在)である。

道路編集

最寄の高速道路出入口は、三軒茶屋出入口池尻出入口である。玉川通り環七通りが交差する上馬交差点がある。

バス編集

東急バス淡島営業所弦巻営業所瀬田営業所高津営業所)と小田急バス小田急シティバス世田谷営業所)が路線を運行している。

上馬交差点近くにある上馬停留所からは渋谷駅下北沢駅北沢タウンホール)、二子玉川駅田園調布駅等々力駅五反田駅世田谷区民会館新代田駅大森駅などへ路線を伸ばしている。2013年3月までは都営バス新宿駅からの路線(もとは大森駅、のち駒沢陸橋まで)を運行していた。

施設編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 世田谷区の町丁別人口と世帯数”. 世田谷区 (2017年12月4日). 2017年12月27日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月27日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月27日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 1967年(昭和42年)1月19日自治省告示第13号「住居表示を実施した件」
  6. ^ 1967年(昭和42年)3月17日自治省告示第56号「住居表示を実施した件」
  7. ^ 1967年(昭和42年)7月17日自治省告示第121号「住居表示を実施した件」
  8. ^ 1967年(昭和42年)12月28日自治省告示第184号「住居表示を実施した件」
  9. ^ 1968年(昭和43年)7月23日自治省告示第158号「住居表示を実施した件」
  10. ^ 通学区域”. 世田谷区 (2017年4月1日). 2017年12月27日閲覧。