メインメニューを開く
日本語動詞の活用の種類
文語 口語
四段活用
ナ行変格活用
ラ行変格活用
下一段活用
五段活用
下二段活用 下一段活用
上一段活用
上二段活用
上一段活用
カ行変格活用
サ行変格活用

下二段活用(しもにだんかつよう)とは、日本語の主に文語文法における動詞活用のひとつである。全部の活用語尾に、五十音図のウ・エ段の音が入り、それに「る、れ、よ」が付くという形で変化する。口語では得る(うる)を除き、下一段活用となる。

なお下二段活用には「得(う)」「寝(ぬ)」「経(ふ)」という1音節の語が存在するが、学校文法ではウ・エ段音からを活用語尾、その前でを語幹とするため、これらの語は「語幹がない」あるいは「語幹と語尾の区別がない」というように説明される。

言語学から言えば、下一段活用の動詞は語幹母音で終わる母音語幹動詞である。

二段活用動詞の活用編集

文語編集

基本形 活用形
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
ア行 得(う) (得) うる うれ えよ
カ行 受(う)く -け -け -く -くる -くれ -けよ
ガ行 告(つ)ぐ -げ -げ -ぐ -ぐる -ぐれ -げよ
サ行 失(う)す -せ -せ -す -する -すれ -せよ
ザ行 混(ま)ず -ぜ -ぜ -ず -ずる -ずれ -ぜよ
タ行 捨(す)つ -て -て -つ -つる -つれ -てよ
ダ行 出(い)づ -で -で -づ -づる -づれ -でよ
ナ行 尋(たづ)ぬ -ね -ね -ぬ -ぬる -ぬれ -ねよ
寝(ぬ) (寝) ぬる ぬれ ねよ
ハ行 答(こた)ふ -へ -へ -ふ -ふる -ふれ -へよ
経(ふ) (経) ふる ふれ へよ
マ行 求(もと)む -め -め -む -むる -むれ -めよ
ヤ行 見(み)ゆ -え -え -ゆ -ゆる -ゆれ -えよ
ラ行 入(い)る -れ -れ -る -るる -るれ -れよ
ワ行 植(う)う -ゑ -ゑ -う -うる -うれ -ゑよ

口語編集

基本形 活用形
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
ア行 得(う)る (得) うる うる うれ えよ

関連項目編集