メインメニューを開く
下元熊弥

下元 熊弥(しももと くまや、1882年6月2日 - 1945年9月19日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

経歴編集

高知県出身。下元興行の三男として生まれる。海南中学広島陸軍地方幼年学校中央幼年学校を経て、1903年(明治36年)11月、陸軍士官学校(15期)を卒業。1904年(明治37年)3月、歩兵少尉に任官し歩兵第37連隊付となる。1911年(明治44年)11月、陸軍大学校(23期)を卒業。

1912年(大正元年)12月、参謀本部員となり、第16師団参謀、参謀本部員を歴任。1918年(大正7年)6月、歩兵少佐に昇進。1919年(大正8年)2月から1921年(大正10年)1月まで支那政府応聘。1921年(大正10年)11月、歩兵第3連隊付に発令され、同月から1925年(大正14年)1月までフランス出張(国際連盟陸軍代表随員)となる。この間、1922年(大正11年)2月に歩兵中佐1924年(大正13年)12月に歩兵大佐に昇進。

1925年(大正14年)5月、陸軍歩兵学校教官に就任し、歩兵第5連隊長、歩兵学校教官を経て、1930年(昭和5年)8月、陸軍少将に進級し歩兵第24旅団長となる。1932年(昭和7年)2月、第一次上海事変勃発により動員され、混成第24旅団長として出征。同年8月、歩兵学校付となり、同校幹事を経て、1934年(昭和9年)8月、陸軍中将に進み下関要塞司令官に就任した。

1935年(昭和10年)3月、第3師団留守司令官に移り、同年12月、第8師団長に親補された。1937年(昭和12年)8月、予備役に編入されたが、同月に召集され第108師団長に就任。日中戦争に出征し、石家荘会戦等に参戦し、臨汾を攻略した。1938年(昭和13年)6月、参謀本部付となり、同年7月に召集解除された。終戦後の1945年(昭和20年)9月に自決した。

親族編集

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。