メインメニューを開く

下原村(しもはらむら)は、かつて岐阜県益田郡に存在したである。1955年昭和30年)に合併で金山町となった後、現在は下呂市の一部である。かつての金山町東部、旧飛騨国の最南端で飛騨川沿いの村である。

下原村
廃止日 1955年(昭和30年)3月1日
廃止理由 合併
現在の自治体 下呂市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
益田郡
団体コード なし
面積 28.10km2.
総人口 2,786
(1955年)
下原村役場
所在地 岐阜県益田郡下原村下原町66
 表示 ウィキプロジェクト
下原ダム
下原八幡神社
中山七里

歴史編集

近代以前

近代以降

  • 1875年(明治8年)下原郷の名称を廃止し、久野川村、夏焼村、蛇之尾村、田口村、門和佐村、門原村、保井戸村、火打村、和佐村、瀬戸村、三ツ渕村、福来村、中津原村、大船渡村、中切村、下原町村、渡村が合併し下原村が成立。
  • 1883年(明治16年)分割により、(旧)久野川・夏焼・蛇之尾・田口・門和佐の各村域が上原村、(旧)門原・保井戸・火打・和佐・瀬戸・三ツ渕の各村域が中原村として独立。
  • 1955年昭和30年)武儀郡金山町・菅田町郡上郡東村と合併し、益田郡金山町が発足。同日下原村廃止。

教育編集

交通編集

名所・旧跡編集

  • 飛州下原中綱場(県指定史跡)
  • 保木山城址
  • 下原旅館(陣屋)跡
  • 玉龍寺
  • 万福寺

注釈編集

  1. ^ 小坂・萩原の地域
  2. ^ 下呂・竹原・上原・中原・下原の地域
  3. ^ 「秋秀」郷は秔秀の誤記で「ワサホ」と読み「麻生」郷であるとする説もある。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 金山町誌編纂委員会 『金山町誌』 下呂市、1975年、53頁
  2. ^ 金山町誌編纂委員会 『金山町誌』 下呂市、1975年、85-90頁
  3. ^ 飛騨金山駅の飛騨は、飛騨路の入り口という意味であり、昭和30年(1955年)合併当時の旧金山町は武儀郡美濃国)に属していた。駅は益田郡(飛騨国)下原村に位置する。

参考文献編集

  • 金山町誌編纂委員会 『金山町誌』 下呂市、1975年、2005年復刻

関連項目編集