メインメニューを開く
下原理

下原 理(しもはら おさむ、1977年9月3日 - )は、地方競馬兵庫県競馬組合西脇馬事公苑栗林徹治厩舎所属の騎手勝負服の柄は紫、白菱山形一文字。広島県神石高原町(旧三和町)出身で、実家は神石高原町小畠にある精肉店「JKミートショップSHIMOHARA」を経営。3人兄弟の長男として生まれる。身長160㎝、体重51㎏、血液型B型。勝負服は寺嶋正勝のデザインを受け継いでいる。


来歴編集

1995年10月10日ツカサホマレに騎乗しデビュー、13日にスペシャルナイトで優勝し、初勝利。

天才肌と評されながらなかなか勝ち鞍を増やせなかったが、小牧太赤木高太郎岩田康誠が相次いで中央競馬(JRA)に移籍するに伴いリーディング上位に台頭する。小牧・岩田の寡占時代が終わって恩恵を受けた1人ではあるが、それに応えるだけの実力を有していたことは確か。2006年は自厩舎のチャンストウライ兵庫ダービー菊水賞の2冠を制している。

2002年8月3日、JRA小倉競馬場の第9競走、フェニックス賞(OP)にてJRA初騎乗。

2006年8月2日の園田第11レースのサマークイーン賞で勝利し、通算500勝を達成。

2007年3月10日、JRA阪神競馬場の第7競走でコウエイノホシ(15頭立て11番人気)に騎乗し、13戦目でJRA初勝利を挙げた。通算2勝だが、確実に着を拾ってくる騎乗で、1年に数回しかJRAでは騎乗しないものの、騎乗数そのものは少なくない。

2007年3月18日、JRA阪神競馬場の第11競走、阪神大賞典(G2)でJRA重賞初騎乗。

2008年1月30日第21回園田競馬4日目第6競走T1 3歳特別戦をパセティックシーンで優勝(8頭立て1番人気)し、地方競馬通算700勝達成[1]。同年2月11日佐賀記念にてチャンストウライに騎乗しダートグレード競走での初勝利を挙げる。同年11月3日に園田競馬場で行われたJBCにはクラシック、スプリント両方に騎乗した。

2009年も自厩舎のカラテチョップで兵庫ダービー、菊水賞の2冠を制す。

2010年5月25日の姫路競馬第7競走で1000勝を達成した[2]。同年は161勝を挙げ、5年連続でリーディング4位に食い込んだ。

2014年2月4日園田競馬第4競走をアートショウリで制し、地方競馬通算1500勝を達成した[3]

寺嶋正勝調教師の逝去により、2015年3月14日付で栗林徹治厩舎に移籍[4]

2015年212勝を挙げ、初の兵庫リーディング2位に躍進した。

2016年9月8日の園田第6レースで勝利し、通算2000勝を達成。ゴールデンジョッキーとなる。

2016年に267勝し、初の兵庫県リーディングとなり、地方競馬全体でも第2位となった。

2017年1月31日、川崎競馬場で開催された佐々木竹見カップ・ジョッキーズグランプリ出場。(14人中 2位)

2017年は273勝し、2年連続の兵庫県リーディング、くわえて初めて地方競馬全国リーディングジョッキーとなり[5]NARグランプリ2017最優秀勝利回数騎手賞を初受賞。

重賞勝ち鞍編集

太字はダートグレード競走。

兵庫県競馬
他地区

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集