メインメニューを開く

下坂 守(しもさか まもる、1948年 - )は、日本の歴史学者奈良大学文学部史学科教授。専門は日本中世史。石川県金沢市出身。

目次

略歴編集

大谷大学大学院修士課程修了。大津市史編纂室勤務、1980年京都国立博物館学芸員、学芸課長、2003年文化庁文化財部美術学芸課長、2006年帝塚山大学人文科学部日本文化学科教授を経て現職[1]

立命館大学文学博士(2003年)。博士論文は「中世寺院社会の研究」[2]

著書編集

  • 『参詣曼荼羅』至文堂〈日本の美術〉、1993年。
  • 『中世寺院社会の研究』思文閣出版〈思文閣史学叢書〉、2001年。ISBN 4784210911
  • 『公家の書』至文堂〈日本の美術 No.501〉、2008年。ISBN 9784784335015
  • 『京を支配する山法師たち 中世延暦寺の富と力』吉川弘文館、2011年。ISBN 9784642080552
  • 『中世寺院社会と民衆 衆徒馬借神人・河原者』思文閣出版、2014 

共著編編集

脚注編集