メインメニューを開く

来歴編集

2004年にテレビアニメ『忍たま乱太郎』でデビュー[2][1]。主にテレビアニメや特撮作品で活動している[1]浦沢義雄の弟子であり、初期は浦沢や兄弟子である大和屋暁の担当作品への参加が多かった[2]

2008年から『BLEACH』のシリーズ構成を担当[2]

スーパー戦隊シリーズには小林靖子の紹介で『侍戦隊シンケンジャー』のスペシャルDVDを担当[2]。翌年の『天装戦隊ゴセイジャー』からテレビシリーズにも参加[2]。『手裏剣戦隊ニンニンジャー』では初のメインライターを務める[3]

人物編集

師である浦沢は下山の父の仕事仲間であり、忘年会の席で弟子入りすることが決まったという[2]。浦沢は直接教えるのではなく現場に叩き込むスタイルであったといい、まず浦沢の担当作品を数本執筆させられ、書けると判断されると他の番組や知り合いの作品に丁稚奉公に出されたと証言している[2]

年齢は公開していないが、『銀魂』の脚本陣の中では一番若い[4]。また、インタビューでは『ドラゴンボール』世代であることや、幼少期は仮面ライダーシリーズが放送されていない時代であったことを述べている[1]

脚本家の小林靖子横手美智子池田眞美子らとは一時期飲み仲間であったといい、スーパー戦隊シリーズへの参加もその時に言われたという[2]

スーパー戦隊VSシリーズをはじめとしてヒーローのコラボ作品や過去のキャラクターのゲスト出演回を担当することが多い[2]。『海賊戦隊ゴーカイジャー』では、プロデューサーの宇都宮孝明から「過去のヒーローに感情を入れすぎないように」と指示されたことで現役ヒーローとゲストヒーローの双方を立てるバランス加減を学んだと述べている[2]

鉄道ファンであり、新幹線をモチーフとした『新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION』ではその知識を作品に反映させている[5]。下山は地形や古地図、城郭なども愛好しており[注釈 1]、その要素は同作品の登場人物である大門山ツラヌキのキャラクターに反映させている[5]

作品編集

テレビアニメ編集

テレビドラマ編集

特撮編集

映画編集

オリジナルビデオ編集

ネットムービー編集

漫画原作編集

その他編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 下山は、鉄道趣味は地形への興味から派生したものであり、一般的な鉄道ファンとはずれていると述べている[5]

出典編集

  1. ^ a b c d e 「[インタビュー]下山健人」『宇宙船』vol.162(AUTUMN 2018.秋)、ホビージャパン、2018年10月1日、 42-43頁、 ISBN 978-4-7986-1786-2
  2. ^ a b c d e f g h i j 「スーパー戦隊制作の裏舞台 下山健人」『スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 vol.15 手裏剣戦隊ニンニンジャー講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2017年9月7日、33頁。ISBN 978-4-06-509525-6
  3. ^ 『東映ヒーローMAX』VOLUME 51(2015 WINTER) P2-3、辰巳出版、2015年3月10日
  4. ^ オフィシャルアニメーションガイド 銀魂あにめガヤガヤ箱[要ページ番号]
  5. ^ a b c 千葉玲子 (2018年12月26日). “特集 シンカリオン #4 バトルシーンより人間ドラマに時間をかけたのは英断だった。TVアニメ『シンカリオン』制作陣が明かす舞台裏”. livedoor ニュース. 2019年4月13日閲覧。
  6. ^ 劇場版 新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X”. 2019年6月29日閲覧。