メインメニューを開く

下山田駅(しもやまだえき)は、かつて福岡県山田市(現・嘉麻市)下山田463番地に設置されていた、日本国有鉄道(国鉄)上山田線漆生線である。

下山田駅
しもやまだ
Shimo-Yamada
所在地 福岡県山田市下山田463番地
所属事業者 九州旅客鉄道
日本国有鉄道
電報略号 シモ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1895年明治28年)4月5日
廃止年月日 1988年昭和63年)9月1日
乗入路線 2 路線
所属路線 上山田線
キロ程 12.4km(飯塚起点)
大隈 (2.8km)
(2.0km) 上山田
所属路線 漆生線
キロ程 7.9km(下鴨生起点)
才田 (2.8km)
備考 飯塚方1.7kmに嘉穂信号場(上山田線・漆生線の実際の分岐点)
テンプレートを表示

上山田線はその後九州旅客鉄道(JR九州)に継承されたのちに廃止され、それに伴い1988年(昭和63年)9月1日に廃駅となった。

歴史編集

  • 1898年(明治31年)2月8日 - 九州鉄道の駅として開業。
  • 1907年(明治40年)7月 - 九州鉄道の国有化に伴い、国鉄の駅となる。
  • 1909年(明治42年)10月 - 若松駅 - 上山田駅間が筑豊本線とされ、同線の駅となる。
  • 1929年(昭和4年)12月 - 飯塚駅 - 上山田駅間を上山田線として、筑豊本線から分離。それにより当駅も上山田線の駅となる。
  • 1966年(昭和41年)3月10日 - 漆生線が当駅まで開通し、線路名称上の接続駅となる。
  • 1970年(昭和45年)10月 - 貨物の取り扱いを廃止。
  • 1974年(昭和49年)3月 - 業務委託駅となる。
  • 1986年(昭和61年)4月1日 - 当駅を終着駅とした漆生線が、全線廃止となる。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、国鉄からJR九州へ承継。
  • 1988年(昭和63年)9月1日 - 上山田線の全線廃止に伴い、廃駅となる。

廃止時の駅構造編集

  • 線路名称上は上山田線と漆生線の分岐駅であったが、実際は当駅から1.7km飯塚寄りの嘉穂信号場で分岐しており、漆生線の列車はすべて上山田線の上山田駅方面へ直通運転されていたため、中間駅としての役割しかもっていなかった。
  • 単式1面1線のホームを有する、業務委託駅であった。
  • 石炭の積み出し駅であった。
  • 駅舎は木造で、石炭輸送で賑わっていた当時に建てられたものであった。

現在編集

跡地は公園となっている。

駅周辺編集

  • 梅林公園
  • 嘉麻市立下山田小学校
  • 下山田郵便局

隣の駅編集

九州旅客鉄道
上山田線
大隈駅 - (嘉穂信号場) - 下山田駅 - 上山田駅
日本国有鉄道
漆生線
才田駅 - (嘉穂信号場) - 下山田駅

輸送量・収入編集

年度 旅客(人) 貨物量(トン) 旅客収入(円) 貨物収入(円)
1924 104,704 216,692 21,514 291,296
1928 164,548 372,972 34,993 503,639
1931 115,323 316,387 24,717 433,952
1935 141,824 541,612 36,160 751,639
  • 福岡県統計書各年度版より

関連項目編集