メインメニューを開く

下手出し投げ(したてだしなげ)とは、相撲決まり手の一つである。差手で相手のを浅く取り、褌を取らないほうの足を引いて、相手を引きずるように自分の前方に投げる技[1]

相撲の流れのなかでとっさに出るという印象のある技で、柏戸剛大鵬幸喜との最初の取組(1960年1月場所)も、そうした攻防のなかで、柏戸がこの決まり手で勝っている。

脚注編集

  1. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年7月号 p75

関連項目編集