メインメニューを開く

下曾根浄喜(しもそね じょうき、生没年不詳)は、戦国時代の武将。甲斐武田氏の家臣で、御一門衆。通称は源六郎、受領名は出羽守、は岳雲軒浄喜。実名は不詳だが、を信恒とする所伝がある。

下曾根氏は武田氏庶流で、甲斐守護武田信重の子賢信を祖とする武田氏庶流の一族。『甲陽軍鑑』に拠れば浄喜は足軽大将衆として同心衆30騎・足軽50人持で、永禄2年(1559年)に譜代家老春日虎綱の後任として信濃小諸城代となったという。

浄喜は武田氏からの書状で名字を省略されており、武田姓使用を許可された一門待遇を受けていたと考えられている[1]

甲乱記』に拠れば、天正10年(1582年)の織田・徳川連合軍の甲斐侵攻に際しては、同年3月16日に小諸城に逃れた武田信豊を討ち、その首を織田信長に進上するが、誅殺されたという。

脚注編集

  1. ^ 丸島和洋「武田勝頼と一門」『武田勝頼のすべて』

参考文献編集

  • 黒田基樹「下曽根浄喜」『武田信玄大辞典』新人物往来社、2000年
  • 黒田基樹「下曾根浄喜」『武田勝頼のすべて』新人物往来社、2007年