メインメニューを開く

下有知村(しもうちむら)は、かつて岐阜県武儀郡にあったである。

下有知村
廃止日 1951年3月20日
廃止理由 編入
現在の自治体 関市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
武儀郡
面積 8.42km2.
下有知村役場
所在地 岐阜県武儀郡下有知村
 表示 ウィキプロジェクト

平成の大合併以前の関市の北部、長良川東岸の村である。

歴史編集

下有知村と関町(現・関市)との合併は、1943年と1950年に計画がされていたが、住民の反対などで実現していなかった。

教育編集

交通機関編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 中有知村と下有知村の組合立中学校。1955年に組合立を解消し、関市立下有知中学校となり、校区は旧・下有知村のみとなる。
  2. ^ 旧・下有知村の地域には関市役所前駅関下有知駅があるが、それぞれ開業日は長良川鉄道に転換された後の、1986年12月11日と1999年4月1日である。

関連項目編集