メインメニューを開く

下村東美

日本のサッカー選手

下村 東美(しもむら とうみ、1980年12月18日 - )は、北海道札幌市出身のサッカー選手、サッカー指導者。父親はオーストリア出身で元サッカー選手[1]、母は日本人[2]

下村 東美 Football pictogram.svg
名前
愛称 トミー
カタカナ シモムラ トウミ
ラテン文字 SHIMOMURA Tomi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1980-12-18) 1980年12月18日(38歳)
出身地 北海道札幌市
身長 181cm
体重 76kg
選手情報
ポジション MF
利き足
ユース
1996-1998 札幌第一高等学校
1999-2002 大阪体育大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2006 セレッソ大阪 73 (3)
2007-2009 ジェフユナイテッド千葉 84 (1)
2010-2011 モンテディオ山形 45 (1)
2012-2013 湘南ベルマーレ 25 (1)
2014 ギラヴァンツ北九州 12 (0)
2015 LB-BRB TOKYO 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年1月24日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

SSS札幌サッカースクールでサッカーを始める。同期生に吉野智行がいた。札幌第一ジュニアユースを経て、札幌第一高等学校から大阪体育大学に進み、在学時にはデンソーカップサッカーの関西選抜に選ばれ、キャプテンも務める。

同大学卒業後の2003年、セレッソ大阪に入団。2004年はセンターバックとして試合経験を積み、2005年からは本来のポジションであるボランチとして頭角を現し、優勝争いに貢献する。

2006年にC大阪がJ2に降格すると、2007年1月にジェフユナイテッド市原・千葉へ完全移籍。主将を務めるなど活躍したが、2009年のJ2降格決定後に戦力外通告される。

2010年、合同トライアウトを経てモンテディオ山形に完全移籍。10月3日NDソフトスタジアム山形で行われたG大阪戦にて、山形移籍後初ゴールとなる同点弾を記録した(試合はその後の宮崎光平の逆転弾で、2-1で山形が勝利)。2011年には3度目となるJ2降格を経験することとなった。

2012年より、山形のチームメイトである古橋達弥と共に湘南ベルマーレへ完全移籍。3月20日、FC岐阜戦でJ2初出場を果たした。しかし、ガイナーレ鳥取戦で試合中負傷。左足ふくらはぎ負傷により、全治6週間と診断された。6月24日、古巣千葉戦で2ヶ月ぶりに復帰した。復帰後は17試合に出場。チームのJ1復帰に貢献した。2013年シーズン終了後、契約満了により退団[3]

2014年より、ギラヴァンツ北九州へ移籍[4]。12月18日、現役引退[5]

2015年9月6日、東京都社会人サッカーリーグ1部所属のLB-BRB TOKYOにて現役復帰[6]

2019年より湘南ベルマーレのトップチームコーチに就任[7]

評価編集

身体能力の高さ、対人守備の強さを特徴とするボランチで、視野が広く展開力も持ち合わると2005年には評されている[1]

エピソード編集

  • 父がオーストリア人ドイツ系)のため、ドイツ語英語が堪能とされる[2]が、本人は2006年にドイツ語はあまりしゃべれないと語っている[8]。また、ジェフユナイテッド市原・千葉時代に監督を務めていたアレックス・ミラーの英語はスコットランド訛りがひどく、言っていることの半分も理解できなかったと答えている[9]
  • 2007年6月17日の試合終了直後、チーム一丸となっての連敗脱出に感動し号泣した。
  • 湘南在籍時のキャッチコピーは和魂洋才(わこんようさい)。

所属クラブ編集

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2001 大体大 - - - - 1 0 1 0
2003 C大阪 23 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2004 24 1 5 1 1 0 30 2
2005 26 1 7 0 3 0 36 1
2006 23 1 7 0 1 0 31 1
2007 千葉 6 26 0 4 0 1 0 31 0
2008 33 0 8 0 0 0 41 0
2009 25 1 5 1 3 0 33 2
2010 山形 5 25 1 5 0 3 0 33 1
2011 20 0 1 0 1 1 22 1
2012 湘南 14 J2 17 1 - 2 0 19 1
2013 J1 8 0 2 0 1 0 11 0
2014 北九州 6 J2 12 0 - 1 0 13 0
2015 LB東京 35 東京都1部 2 0 - - 2 0
通算 日本 J1 210 5 44 2 14 1 268 8
日本 J2 29 1 - 3 0 32 1
日本 東京都1部 2 0 - - 2 0
日本 - - 1 0 1 0
総通算 241 6 44 2 18 1 303 9

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集