下毛野 虫麻呂(しもつけの の むしまろ、生没年不詳)は、奈良時代前紀の貴族文人朝臣参議下毛野古麻呂の近親か。官位従五位上式部員外少輔

経歴編集

養老4年(720年従五位下叙爵する。翌養老5年(721年呉粛胡明とともに従五位上に昇叙。さらに同月に元正天皇が官人の中から学業に優れ人々の師範たるに堪える者を選んで褒賞を与えた際、文章に優れるとして、山田三方紀清人楽浪河内とともに、15疋・絹糸15絇・麻布30端・20口を与えられている。同年6月には式部員外少輔に任官している。

このほか、『経国集』に対策文が2つ収録されている。また、『懐風藻』に養老4年の秋に長屋王の邸宅で行われた新羅の客を送る宴で詠まれた漢詩作品1首(五言律詩)が序文とともに採録されているが、その目次によると官位は従五位下・大学助教で、年三十六とある。36歳で没したと見られる。

官歴編集

注記のないものは『続日本紀』による。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『懐風藻』

参考文献編集