メインメニューを開く

下田ロープウェイ(しもだロープウェイ)は、静岡県下田市にある索道伊豆急行グループの下田ロープウェイ株式会社が運行している。「寝姿山ロープウェイ」とも呼ばれる。

下田ロープウェイ株式会社
Shimoda Ropeway Corporation
Gondola to the Nesugata-yama Park, Shimoda, Shizuoka, Japan.JPG
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
415-0035
静岡県下田市東本郷 1-3-2
設立 1961年昭和36年)4月1日
業種 陸運業
法人番号 4080101014508
事業内容 普通索道による旅客運輸業、食堂・売店の経営
代表者 代表取締役社長 稲葉良司
資本金 3,000万円
純利益 ▲5962万9000円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 3億5556万1000円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 23名
決算期 3月
主要株主 伊豆急ホールディングス
外部リンク 下田ロープウェイ
テンプレートを表示
新下田駅入口
寝姿山から

TOP&カード提示割引」の加盟施設。

路線概要編集

新下田駅(地図) - 寝姿山駅(地図

  • 全長:540m
  • 高低差:156m
  • 走行方式:交走式
  • 定員:39人
  • 運転時分:3分30秒
  • 駅数:2駅
  • 搬器:「ねすがた」「あいぜん」の2器。「ねすがた」は寝姿山から、「あいぜん」は寝姿山にある愛染明王堂からとられている。2018年平成30年)12月10日から改修工事のため長期休業し[2]、伊豆急行で運行される列車「THE ROYAL EXPRESS」風に改装されて、2019年令和元年)8月1日から運行を再開した[3][4]

その他編集

  • 寝姿山は、婦人が仰向けに寝ているような形をしていることから名づけられた。
  • 寝姿山にはかつて黒船見張り台があり、その跡地には復元された大砲が設置されている。
  • 下田市を舞台にしたテレビアニメ夏色キセキ』とのコラボレーションの一環として、2012年7月より同作品の主人公4人による車内アナウンスが期間限定で使用された。
  • 前述の2019年の改修工事にあわせて、山頂駅にレストランが設置された[3][4][5]。いずれも「THE ROYAL EXPRESS」を担当した水戸岡鋭治による設計・デザインである[3][4]

接続路線編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 下田ロープウェイ株式会社 第58期決算公告
  2. ^ “下田ロープウェイ:長期運休へ 10日から改修工事”. 毎日新聞 (毎日新聞社): p. 23頁(地方版/静岡). (2018年12月7日) 
  3. ^ a b c “下田ロープウェイが8月1日にリニューアル運行開始/寝姿山頂上に『THE ROYAL HOUSE』が8月30日開業” (PDF) (プレスリリース), 下田ロープウェイ株式会社・東京急行電鉄株式会社, (2019年7月31日), オリジナルの2019年10月12日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20191012161935/https://www.tokyu.co.jp/image/news/pdf/20190731-1.pdf 2019年10月12日閲覧。 
  4. ^ a b c “下田ロープウェイ再開 新ゴンドラ登場”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 2. (2019年8月16日) 
  5. ^ “下田・寝姿山に展望レストラン開業 豪華列車の雰囲気、海一望” (PDF). 静岡新聞SBS (静新SBSグループ). (2019年8月31日). オリジナルの2019年9月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190920231430/https://www.at-s.com/news/article/local/east/675680.html 2019年10月12日閲覧。 

外部リンク編集