長崎県下県郡の位置

下県郡(しもあがたぐん)は、長崎県対馬国)にあった

目次

郡域編集

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、対馬市の一部(厳原町各町・美津島町各町・豊玉町各町)にあたる。

歴史編集

古代編集

式内社編集

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
下県郡 13座(大4座・小9座)
高御魂神社 タカミタマノ
タカミムスヒノ
名神大 高御魂神社 長崎県対馬市厳原町豆酘 [1]
銀山上神社 シロカネ-
カナヤマノヘノ
雷命神社 イカツチノ-
和多都美神社 ワタツミノ 名神大 厳原八幡宮神社 長崎県対馬市厳原町中村 対馬国一宮 [2]
(参)乙和多都美神社 長崎県対馬市厳原町久和
多久頭神社 タクツノ 多久頭魂神社 長崎県対馬市厳原町豆酘 [3]
太祝詞神社 フトノトノ 名神大 太祝詞神社 長崎県対馬市美津島町加志 [4]
阿麻弖留神社 アマテルノ
住吉神社 スミヨシ 名神大 住吉神社 長崎県対馬市美津島町鶏知 [5]
和多都美神社 ワタツミノ
平神社 タヒラノ
ヒラノ
平神社 長崎県対馬市厳原町中村 厳原八幡宮神社境内社 [6]
敷島神社 シキシマノ
都都智神社 ツツチノ
銀山神社 カナヤマノ
凡例を表示

近世以降の沿革編集

久田村、久和村、与良内院村、内山村、豆酘内院村、豆酘村、豆酘瀬村、佐須瀬村、久根浜村、久根田舎村、上槻村、椎根村、小茂田村、樫根村、下原村、阿連村、今里村、尾浦村、安神村、府中[1]、府中村[2]、加志村、鶏知村、仁位村、久須保村、尾崎村、横浦村、和板村、曽村、唐洲村、田村、佐保村、大船越村、貝口村、洲藻村、廻村、吹崎村、小綱村、賀谷村、卯麦村、糸瀬村、志多浦村、小船越村、銘村、芦浦村、大綱村、佐志賀村、大山村、鎗川村、根緒村、島山村、濃部村、黒瀬村、箕形村、緒方村、嵯峨村、犬吠村、貝鮒村、南室村、千尋藻村、小浦村、鴨居頼村、竹敷村、昼ヶ浦村、曲村[3]

町村制以降の沿革編集

 
1.厳原町 2.与良村 3.佐須村 4.鶏知村 5.竹敷村 6.船越村 7.仁位村 8.奴加岳村(紫:対馬市)
  • 明治41年(1908年4月1日 - 島嶼町村制の施行により、以下の町村が発足。全域が現・対馬市。(1町7村)
    • 厳原町 ← 厳原町[4]、厳原村、南室村、小浦村、曲村、久田村
    • 与良村 ← 久和村、尾浦村、安神村、内山村、与良内院村、豆酘内院村、豆酘村、豆酘瀬村、佐須瀬村
    • 佐須村 ← 久根浜村、久根田舎村、上槻村、椎根村、下原村、樫根村、小茂田村、阿連村
    • 鶏知村 ← 根緒村、鶏知村、洲藻村、吹崎村、箕形村、加志村、今里村
    • 竹敷村 ← 竹敷村、黒瀬村、昼ヶ浦村、尾崎村、島山村
    • 船越村 ← 大船越村、緒方村、久須保村、大山村、犬吠村、濃部村、芦浦村、鴨居瀬村、小船越村、賀谷村
    • 仁位村 ← 横浦村、仁位村、和板村、曽村、貝鮒村、嵯峨村、佐志賀村、鎗川村、千尋藻村、糸瀬村
    • 奴加岳村 ← 廻村、唐洲村、貝口村、佐保村、大綱村、小綱村、卯麦村、志多浦村、銘村、田村
  • 明治45年(1912年)4月1日(1町8村)
    • 与良村の一部(豆酘)が分立して豆酘村が発足。
    • 与良村の残部が厳原町の一部(久田)を編入のうえ改称して久田村となる。
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和7年(1932年)4月1日 - 竹敷村が鶏知村に編入。(1町7村)
  • 昭和15年(1940年10月17日 - 鶏知村が町制施行して鶏知町となる。(2町6村)
  • 昭和30年(1955年
  • 昭和31年(1956年9月30日 - 厳原町・久田村・豆酘村・佐須村が合併し、改めて厳原町が発足。(2町1村)
  • 昭和50年(1975年)4月1日 - 豊玉村が町制施行して豊玉町となる。(3町)
  • 平成16年(2004年3月1日 - 厳原町・美津島町・豊玉町が上県郡峰町上県町上対馬町が合併して対馬市が発足し、郡より離脱。同日下県郡消滅。長崎県内では1896年の郡の再編以来、壱岐郡・上県郡と共に初の郡消滅となった。

変遷表編集

脚注編集

  1. ^ 記載は厳原町。府中城下各町の総称。本項では便宜的に1町に数える。
  2. ^ 記載は厳原村。
  3. ^ 記載なし。
  4. ^ この時点では桟原町、宮谷町、天道茂町、中村町、今屋敷町、田淵町、大手橋町、日吉町、国分町、久田道町が存在。

参考文献編集

関連項目編集