メインメニューを開く
日本 > 中部地方 > 岐阜県 > 下石津郡
岐阜県下石津郡の位置(水色:後に他郡から編入した区域)

下石津郡(しもいしづぐん)は、岐阜県にあった

郡域編集

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、海津市の一部(南濃町戸田、南濃町徳田、南濃町庭田より南東かつ海津町福岡、海津町高須町、海津町馬目、海津町内記、海津町札野、海津町深浜、海津町江東、海津町福江、海津町古中島より南西)にあたる。

歴史編集

郡発足までの沿革編集

知行 村数 村名
幕府領 幕府領(美濃郡代 9村 七右衛門新田、帆引新田、安田新田、安田村、本阿弥新田、深浜村、宮地村、太田新田、内記村
幕府領(大垣藩預地 4村 外新田、内新田、中島村、亀池新田
藩領 美濃高須藩[1] 1町
11村
高須町[2]、太田村、山崎村、上野河戸村、西駒野村、東駒野村[3]、西小島村、東小島村、萱野村、●札野村[4]、梶屋村、●高須村
美濃大垣藩[5] 11村 大里村、安江村、下一色村、松山村、馬沢村、羽根村、奥条村、庭田村、徳田村、徳田新田[6]
尾張名古屋藩 6村 五町村、柳湊村、福島村、福江村、馬飼村、沼新田[6]
幕府領・藩領 幕府領(美濃郡代)・高須藩 1村 ●馬目村
幕府領(美濃郡代)・高須藩・名古屋藩 1村 万寿新田
幕府領(大垣藩預地)・大垣藩 1村 下境村
  • 慶応4年
  • 明治初年 - 領地替えにより名古屋藩領の一部(福江村・一之瀬村・万寿新田)が笠松県の管轄となる。
  • 明治3年12月23日1871年2月12日) - 高須藩が廃藩。領地は名古屋藩領となる。
  • 明治4年
  • 明治5年(1872年)(43村)
    • 8月 - 徳田新田が徳田村に合併。
    • 高須町が高須村に合併。
  • 明治7年(1874年)9月[7](41村)
    • 馬飼村が中島郡川東村と合併して中島郡馬飼村となる。
    • 梶屋村が改称して下梶村となる。
    • 太田村・太田新田が合併して田鶴村となる。
  • 明治8年(1875年
    • 1月 - 以下の各村の統合が行われる[8]。(34村)
      • 三喜村 ← 馬目村、福島村、内記村
      • 三ツ葉村 ← 萱野村、東小島村、西小島村[本田分]
      • 稲山村 ← 下梶村、五町村、柳湊村、西小島村[新田分]
      • 羽沢村 ← 羽根村、馬沢村
    • 6月(32村)
      • 大里村・安江村が合併して太田村となる。
      • 下一色村・下境村が合併して境村となる。

郡発足後の沿革編集

脚注編集

  1. ^ 右記のほか駒野新田が記載されているが、本項では「角川日本地名大辞典」の記載に従って多芸郡の所属とする。
  2. ^ 無高のため記載なし。
  3. ^ 福岡村・日下丸村が明治初年に合併。
  4. ^ 札野村・●札野新田に分かれて記載。
  5. ^ 右記のほか太田本新田村が記載されているが詳細不明。
  6. ^ a b 記載なし。
  7. ^ 明治7年9月岐阜県第187号布達
  8. ^ 明治8年1月岐阜県第17号布達

参考文献編集

関連項目編集