メインメニューを開く

下 秀久(しも ひでひさ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将上杉氏最上氏の家臣。

 
下秀久
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 不明
別名 吉忠、康久、次右衛門
官位 対馬守
主君 後北条氏?→上杉景勝最上義光
氏族 下氏
父母 父:下重実
兄弟 久長秀久
土肥政繁
秀実

略歴編集

下氏越後国揚北衆黒川氏一族とされる。

下重実の次男として誕生。父・伊賀守重実は越後守護上杉氏の被官であったが、天文21年(1552年)に長尾景虎(後の上杉謙信)により切腹させられている。兄・久長御館の乱上杉景勝方に与し、赤田合戦で討死した。

秀久は、一説によると一時後北条氏に仕えていたともいわれるが、天正17年(1589年)、上杉家の飛び地出羽国荘内三郡の代官として尾浦城主となった。慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでは最上領へ侵攻し、白岩城、次いで谷地城を攻略したが、直江兼続の撤退を知らされなかったために谷地城に孤立し、最上軍の猛攻を受けて降伏した。しかし最上義光は秀久を助命し荘内侵攻の先鋒に起用した。秀久は尾浦城を攻略し、最上家臣として尾浦城主に復帰し2万石を給された。また、義光の長男・義康の麾下に置かれ、その偏諱である「康」の字を与えられて、康久と改名しているが、後に義康が父の義光に殺されると元の秀久に名前を戻した[1]

没年は定かではないが、慶長13年(1608年)10月に奉納された金峰山釈迦堂棟札には「下対馬守秀久」の記名があるため、この時には健在であったとみられる[1]。跡を継いだ子・秀実は、慶長19年(1614年)に一栗高春の謀反により志村光惟(光清とも、志村光安の子)と共に謀殺された。

脚注編集

  1. ^ a b 胡偉権「最上義康について」(初出:『山形史学研究』43・44合併号(2014年)/所収:竹井英文 編『シリーズ・織豊大名の研究 第六巻 最上義光』(戎光祥出版、2017年) ISBN 978-4-86403-257-5))、P110-111(2017年)