メインメニューを開く
下谷広小路(手前の商家「いとう松坂屋」は、現在の松坂屋上野店)。

下谷広小路(したやひろこうじ)は、江戸時代、当時の寛永寺の門前に設けられた広小路。現在の台東区上野、おおむね上野広小路交差点の南側から上野公園前交差点(上野恩賜公園南端、西郷隆盛像付近)の中央通りに相当する。

両国広小路両国橋西詰・現在の中央区東日本橋周辺)、浅草広小路(現在の雷門通り)とともに江戸三大広小路のひとつに挙げられる。

関連創作物編集

絵画

関連項目編集

  • 下谷 - 昔から現在の台東区西半分から上野台以西を除く範囲を指している。
  • 下谷区 - 台東区西半分全域が範囲。
  • 上野広小路駅
  • 御成街道架道橋 - 下谷広小路より約1km南の中央通りに架かる架道橋。下谷広小路が設けられた当時の中央通りは寛永寺に参詣するための御成街道(御成道)であった。