メインメニューを開く

下谷神社(したやじんじゃ)は、東京都台東区東上野三丁目にある神社大年神日本武尊を祭っている。

下谷神社
下谷神社
所在地 東京都台東区東上野三丁目29番8号
主祭神 大年神
日本武尊
社格 郷社
創建 730年(天平2年)
例祭 5月11日前後の土曜日曜
テンプレートを表示

概要編集

古くは下谷稲荷社、下谷稲荷明神社と呼ばれた都内最古の稲荷神社東京メトロ銀座線稲荷町駅に名を残す旧町名の稲荷町は、この神社の旧称が由来の町名である。例大祭で近隣町内を渡御する本社神輿は台輪幅4尺1寸の千貫神輿といわれ、大きな威容を誇る。

社殿の天井画は横山大観の作。また、1798年初代・三笑亭可楽によって当社境内で初めて寄席が開かれた。このため、本神社には「寄席発祥の地」の石碑がある。 夏になるとドライミストで神社に集まる人々が涼しんでいる。 「水」と「芸能」のパワースポットと云われる。 宮司の阿部明徳は、東日本大震災で被災した神社等の仮社殿、鳥居、神輿、縁日などの復旧支援活動を、他の神社関係者と共に行っている[1]

歴史編集

当初は上野公園に鎮座していた。730年天平2年)、峡田の稲置らが建立したとも、行基伏見稲荷大社を勧請したとも伝えられる。939年天慶2年)、平将門による天慶の乱追討祈願のため、藤原秀郷が社殿を新造したという。寛永年間、境内が寛永寺山内となるにあたり、1627年寛永4年)別当正法院と共に下谷屏風坂下に移転したが、126坪余と手狭だったため、1680年延宝8年)下谷広徳寺前にあった谷中天眼寺先住少林庵抱地525坪余と土地を交換した。1703年元禄16年)旧地も正法院抱地になった。

1868年明治元年)神仏分離令により正法院を分離した。翌年周囲の町名が当社に因み下谷稲荷町となる。1872年(明治5年)下谷神社と改称、翌年下谷地域の郷社と定められた。関東大震災で社殿を焼失、1928年昭和3年)現在地に移転。1934年(昭和9年)現在の社殿が完成した。東京大空襲では被害を受けなかった。

氏子地域編集

台東区東上野
台東区上野五・六丁目全域、七丁目2~12
台東区台東一丁目7~12・27~31、二丁目7~10・18~32、三・四丁目全域
千代田区神田須田町二丁目

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 黒崎浩行,継続特集,3.11後を拓く:復興の困難さと神社神道.現代宗教 2014.公益財団法人国際宗教研究所.2014年平成26年)3月,pp.227-248, ISSN 2188-4471.

外部リンク編集