不安の概念』(ふあんのがいねん、デンマーク語Begrebet Angest1844年)はデンマーク哲学者セーレン・キェルケゴールが書いた哲学書。

引用文編集

「不安ほどの極度の拷問は、どんな宗教裁判所長でも用意しない。」(セーレン・キェルケゴール『不安の概念』)

関連項目編集

外部リンク編集