メインメニューを開く

不快指数(ふかいしすう、: discomfort index または temperature-humidity index, THI[1])とはの蒸し暑さを数量的に表した指数で、温熱指標の一つ[2]。Discomfort index は Earl Crabill Thom が1957年に発表した[3][4]。類似した指標は多数ある[5]

定義編集

不快指数の求め方には何通りかある。

Earl Crabill Thom の定義(Thom's Discomfort Index)[6]
0.4 × (乾球摂氏温度 + 湿球摂氏温度) + 4.8
日本で使われている定義(Temperature-Humidity Index)[7]
0.4 × (乾球華氏温度 + 湿球華氏温度) + 15[1]

華氏(℉)を摂氏(℃)に置き換えた物

0.72 × (乾球摂氏温度 + 湿球摂氏温度) + 40.6

湿度を使用する場合、乾球温度(=気温)を  °C)、湿度 (%)とすると、

 

で計算される[8]。例えば、気温27°C・湿度55%で不快指数75であり、気温29°C・湿度70%で不快指数80である。

不快日数編集

一か月間の不快指数75以上の日数を不快日数という。

  気温 (℃)
25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45
湿

(%)
0 66 67 68 68 69 70 71 72 73 73 74 75 76 77 77 78 79 80 81 81 82
5 67 67 68 69 70 71 72 73 73 74 75 76 77 78 79 79 80 81 82 83 84
10 67 68 69 70 71 72 73 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 83 84 85
15 68 69 70 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87
20 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88
25 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 85 86 87 88 89 90
30 69 70 71 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 84 85 86 87 88 89 90 91
35 70 71 72 73 74 75 77 78 79 80 81 82 84 85 86 87 88 89 91 92 93
40 70 71 73 74 75 76 77 79 80 81 82 83 85 86 87 88 90 91 92 93 94
45 71 72 73 75 76 77 78 80 81 82 83 85 86 87 88 90 91 92 93    
50 71 73 74 75 76 78 79 80 82 83 84 86 87 88 90 91 92 93      
55 72 73 75 76 77 79 80 81 83 84 85 87 88 89 91 92 93        
60 72 74 75 77 78 79 81 82 84 85 86 88 89 91 92 93          
65 73 74 76 77 79 80 82 83 84 86 87 89 90 92 93            
70 73 75 76 78 79 81 82 84 85 87 88 90 91 93 94            
75 74 75 77 79 80 82 83 85 86 88 89 91 93 94              
80 74 76 78 79 81 82 84 86 87 89 90 92 94                
85 75 77 78 80 82 83 85 86 88 90 91 93                
90 75 77 79 81 82 84 86 87 89 91 92 94                  
95 76 78 79 81 83 85 86 88 90 92 93                    
100 77 78 80 82 84 86 87 89 91 93                    

利用編集

計算が簡単であることから、日本でも夏季の気象を示す値として利用されている[9]

不快指数と体感編集

日本人の場合、不快指数が85になると93%の人が暑さによる不快を感じるとされている[10]。なお、体感の暑さは、気温と湿度のほか日射や風の影響も受けるため、不快指数は必ずしも体感とは一致しない[9]。この議論は Earl Crabill Thom の発表当初からある[11]

脚注編集

  1. ^ a b Temperature–humidity index | meteorological measurement | Britannica.com
  2. ^ よくある質問 環境省熱中症予防情報サイト
  3. ^ Thom, Earl Crabill (1957). “A new concept for cooling degree days”. U.S. Weather Bureau. 
  4. ^ Thom, Earl Crabill (1959). “The Discomfort Index.”. Weatherwise 12: 57-60. doi:10.1080/00431672.1959.9926960. 
  5. ^ Review Article Thermal Comfort and the Heat Stress Indices (2006)
  6. ^ The Discomfort-Index in Thessaloniki, Greece | SpringerLink
  7. ^ 不快指数 - tenki用語辞典 - 日本気象協会 tenki.jp
  8. ^ 木内 2001, p. 669.
  9. ^ a b 木内 2001, p. 662.
  10. ^ 不快指数って何ですか?気象庁、2017年8月25日閲覧。)
  11. ^ Discomfort Index | Science

参考文献編集

関連項目編集