メインメニューを開く

不思議少女ナイルなトトメス

東映不思議コメディーシリーズ > 不思議少女ナイルなトトメス
東映不思議コメディーシリーズ
  題名 放映期間
1 ロボット8ちゃん 1981年10月-翌年09月
2 バッテンロボ丸 1982年10月-翌年09月
3 ペットントン 1983年10月-翌年08月
4 どきんちょ!ネムリン 1984年09月-翌年03月
5 勝手に!カミタマン 1985年04月-翌年03月
6 もりもりぼっくん 1986年04月-同年12月
7 おもいっきり探偵団
覇悪怒組
1987年01月-同年12月
8 じゃあまん探偵団
魔隣組
1988年01月-同年12月
9 魔法少女
ちゅうかなぱいぱい!
1989年01月-同年07月
10 魔法少女
ちゅうかないぱねま!
1989年07月-同年12月
11 美少女仮面
ポワトリン
1990年01月-同年12月
12 不思議少女
ナイルなトトメス
1991年01月-同年12月
13 うたう!大龍宮城 1992年01月-同年12月
14 有言実行三姉妹
シュシュトリアン
1993年01月-同年10月

不思議少女ナイルなトトメス』(ふしぎしょうじょ ナイルなトトメス)は、1991年1月6日から同年12月29日までフジテレビ系列で放送された特撮テレビ番組、及び主役登場人物の名称。東映不思議コメディーシリーズ第12作。全51話(第51話は最終回スペシャルとして、放送時間を60分に拡大して放送)。

不思議少女ナイルなトトメス
ジャンル テレビドラマ
放送時間 日曜9:00 - 9:30(30分。最終回のみ60分)
放送期間 1991年1月6日 - 同年12月29日(51回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
企画 小林義明(東映)
木村京太郎(読売広告社)
石原隆(フジテレビ)
製作総指揮 鹿内宏明(フジテレビ)
監督 村山新治
坂本太郎
佐伯孚治
岩原直樹
河田章
原作 石ノ森章太郎
脚本 浦沢義雄
プロデューサー 日笠淳・西村政行・髙寺成紀(東映)
出演者 堀川早苗
関真奈美
迫文代
斉木しげる
石坂伊津佳
中村花子
具志堅ティナ
岡田勝
津村鷹志
久保史
田口浩正
小浦一優
久保晶
山根鉄仙
音声 モノラル / シネテープ
オープニング 石川ひとみ「元気あげるね」
エンディング 堀川早苗「月夜のゴンドラ」(第1話~第28話)
堀川早苗「アフロディーテの夏」(第29話~第51話)

特記事項:
東映不思議コメディーシリーズ」第12作
テンプレートを表示

目次

概要

イブンバツータスカラベルージュ」の呪文でトトメスに変身し、トトメスの持つ不思議ステッキから伸びるパピルスと不思議オルゴールでナイルの悪魔を捕まえる。「美しく戦いたい。空に、太陽がある限り。不思議少女、ナイルなトトメス!」が登場時の決め台詞。

この作品は当初は推理物という企画であった事から、最初の数話については事件の関係者を集めてナイルの悪魔が取り付いた人間を見つけるという手法を採っていたが、その後は従来作品と同様の戦闘形式に路線変更している。

前作『美少女仮面ポワトリン』に引き続き、脚本は浦沢義雄が1人で全話を執筆した(総集編に当たる第33話も浦沢の脚本である)。メイン監督は当時68歳の村山新治が担当。最多のエピソードを演出し、パイロット作品や最終回といった主要回を采配している。尚、東映特撮パイロット作品において、演出担当である村山の68歳という年齢は、2013年現在も破られていない最高年齢記録である(その記録に次ぐのは2010年『天装戦隊ゴセイジャー』を演出した長石多可男の65歳)。

劇場版の予定があり(前作『ポワトリン』との共演作)、脚本も完成していたが、諸事情で製作される事は無かった。だが、その脚本そのものは後に第31話に流用されている。

また、東映作品でおなじみの石井太ゴシック体(写研製)を用いたテロップ表示が使われた最後のテレビ作品でもある(第28話まで使用)。

あらすじ

中島サナエは、新しい住まいに引っ越して来た事を先祖の墓に報告したが、そのときに誤って墓を壊してしまい、そこに封印されていたナイルの悪魔51匹を人間界に放出してしまう。その後、初代トトメスからの命令で2代目トトメスに変身し、その悪魔退治をすることになる。

登場人物

中島一家

中島サナエ(ナイルなトトメス)
本作の主人公。ごく普通の高校生。生まれて初めて行った墓参りの際、妹のマナミが落としたブローチを探していた弾みで墓を壊してしまい、先祖である初代トトメスが封印していた51匹のナイルの悪魔を開放してしまう。初代トトメスの直系の子孫である事でそのナイルの悪魔を封印するため2代目トトメスとなる。「何を血迷う○○(相手の名前)」で登場し、名乗り口上は「美しく戦いたい、空に太陽がある限り。不思議少女ナイルなトトメス」。第1話で初代トトメスから「トトメスの正体は絶対に秘密」と厳命されており(正体がバレるとどうなるかは語られてない)、変身前に仕入れた情報でナイルの悪魔を問い詰めるが情報の出自を求められると「星は何でも知っている。ナイルも何でも知っている」とはぐらかし会話にしない。トトメスに変身すると口調が丁寧かつ言い切り型に変わる。
好物は中華丼で、必ずウズラの卵を最後まで残してから食べる癖があり、それが原因で正体がばれそうになった事がある。
中島家の先祖はエジプト人で墓がピラミッドとスフィンクス。一家揃って寝起きが悪い。
変身後の衣装は、金色。変身後の爪は、赤色。
最終回で最後のナイルの悪魔となったワルサ委員長を苦戦の末に封印した後、昏倒。意識を取り戻したマナミに素顔を見られて、自分がトトメスだと知られてしまうが、全てを察した妹の決断によって口外される事はなかった。
中島ケンゾー
サナエの父。区役所の環境課に勤める地方公務員で団地に引っ越してきた。だらしない父親を絵に描いたような人物だが、子供たちの成長を喜ぶ親でもある。妻には頭が上がらない。トトメスのファン。趣味はないが、3年前まで仕送りや給料を支給日に使い切るほどパチンコにはまっており、それが妻にばれて逆鱗に触れた過去がある。
中島ユキエ
サナエの母。典型的なかかぁ天下で食欲と好奇心の塊。第1話では中島家の先祖の墓を散々に嘲笑していた。
中島マナミ
サナエの妹。トトメスに憧れる小学4年生[1]、11歳[2]。おまじないが大好き。トトメスから「古代エジプトおまじない書」を貰い、イツカ・ハナコと共にトトメス応援団である「トトメス少女隊」を結成する。ナイルの悪魔が関わる事件に興味津々で、事件の重要関係者や中心になる。
最終回でワルサ委員長を封印し、昏倒したトトメスの素顔を好奇心から見た事でトトメスが姉だと知る。同時に、姉の成績が落ちてしまった原因がトトメスとしての仕事であった事を察し、「もう次のトトメスになりたいなんて思わない。お姉ちゃん、お疲れさま」と涙ながらに姉を労う。そして、意識を取り戻しかけたイツカとハナコを鉄製のボールで殴って気絶させた後、自らをボールで殴って再び気絶し、姉がトトメスであった事を忘却の彼方に封印した。

親友

川崎イツカ
転校してきたマナミの最初の友人。仲の良い男の子を取りあってケンカをするが、おまじない好きという共通点から仲良くなった。先祖を蛇蝎の如く嫌う両親の影響で、先祖を敬ったりする気持ちは欠片も無く、その上、嫉妬深い。
石倉ハナコ
マナミとイツカが通う「松本塾」という学習塾で出来たマナミの友人。家は寿司屋「泉寿司」を営んでおり、父子家庭。イツカとはあまりそりが合わず度々ケンカをする。偏差値の高そうな男の子が好みのタイプ。
具志堅ティナ
サナエの友人。第3話より登場。家は神社でハーフ。英語が得意。日本史も得意だというが、その知識はテレビドラマの水戸黄門で勉強している程度のいわゆる「にわか」。一度だけアルバイトとして時給1000円でトトメスに雇われ、新トトメスとなる。妄想の果てに街中で「宝塚する」ほど、同性と認識している上でトトメスに恋している。

町の人たち

神主
ティナの父親。娘の友好関係で知り合ったケンゾーと仲が良い。多少いい加減な神主。初登場時の第3話ではスーツ姿のサラリーマンだった。
松本一平
学習塾「松本塾」の先生。世にも珍しいナイルの悪魔に宿られやすい体質で、近所でも有名になり何度もナイルの悪魔に宿られる。第4話では逆節分男。第12話ではオタク仮面。第19話では偏差値を吸うドラキュラとなる。塾の講師として有能ではない(むしろ無能に近い)が、その親しみやすく愛敬のある人柄から子供達に慕われている。
警察官
カツ丼が大好きな交番勤務の警察官。全く働かない事で近所ではとても有名で、銀行強盗が発生したら逃亡し、その銀行強盗が自首しても別の交番に行くよう勧めるほど働かないという無能極まりない怠惰な男[3]。母親に結婚をせっつかれているが、「嫁にする女性には髭が生えていなければならない」という奇天烈極まりない一族のしきたりのため、結婚を嫌がっている。なぜか自衛隊にヘリの出動を要請できる。パチンコに強く、交換した景品は小学生に配っている。第15話ではナイルの悪魔に宿られスーパーポリスとなる。下の名前はヨシオ(第29話より)。

その他

ダメンテ大統領
グンチャラ共和国の大統領。日本の労働力に目をつけ、ナイルの悪魔を利用し優秀な人材を自国に密輸しようと企む人物。最初は飛行機で来日したが、悪事が露見し入国禁止になったため、以降はグンチャラ共和国から、いかだやゴムボートを漕いでやってくる。ナイルの悪魔を利用しても逆に脅される事もある。「行け(日本語訳)」と言いながら、ナイルの悪魔より先にトトメスに向かっていく。グンチャラ語しか喋れないため、常に通訳をつけている。テンションのコントのものまねが得意。
通訳
ダメンテ大統領の通訳。ダメンテ大統領と共に悪事を企む。ダメンテ大統領の言葉は訳しても、日本語はグンチャラ語に訳さない。通訳した言葉のあとに「と、申しております」を付ける。ダメンテ大統領と一緒にやるテンションのコントのものまねが得意。
ワルサ委員長
ナイルの悪魔労働組合の委員長に推薦されたナイルの悪魔。ナイルの悪魔一優秀で、ナイルの国立大学を出て、ナイルの大蔵省に勤めていたが、妹の生活のために六本木のディスコで黒服として働いていた。ナイルの悪魔労働組合委員長を最初は断ったが、妹をトトメスに封印され、復讐のために委員長を引き受ける。他のナイルの悪魔と違い真面目で熱心で仲間思いな性格であり、それが災いしナイルの悪魔労働組合の委員長を引き受けてから苦労と不運が続く。
最終回でトトメスを孤立無援の窮地に陥れ、憑依して仲間達を解放しようとしたが、トトメスの思いやりと愛に感化された仲間達に拒絶されてしまう。結局、封印した悪魔達の激励を受けて支配を脱したトトメスによって封印され、彼女の使命に終止符を打たせる結果に終わる。

トトメスの能力・武器

ステッキ
変身アイテム兼専用武器。イブンバツータ・スカラベルージュの呪文で出現し、サナエをトトメスへと変身させる。「縛れ!パピルス!」と唱えると先端からリボンが出てナイルの悪魔が憑依した人間を捕縛し、悪魔を追い出す働きがある。(この技は終盤に「パピルスする」と呼ばれる。)またアメンホテップと唱えることで色々な物や人を呼び出すことができる。他にもエネルギー波を発したり、ナイルの悪魔を探知したり、分身・変装魔法を使ったりと万能アイテムである。普段は自室の机の引き出しにしまっている。探知のためにステッキを手に持っている場合、変身ポーズが簡略化される。
ペンダント
ナイルの悪魔が近くにいるとそれを探知する機能があるが、その役目はステッキに移行する。
コンパクト
100%当たる占い能力があり、簡潔な言葉で占い結果を告げる。また遠くの音を拾ったり、遠くの映像を映す事が出来る。他人に見られないようにコンパクト自身が動いて姿を消す。主に変身前に使用され、占いは度々サナエの暇つぶしにも使われる。
ピラミッド1
ナイルの悪魔を封印する際に使用するアイテム。ピラミッドの中心部は瓶状で頂点部が蓋になっている。トトメスがこのアイテムを使う度に「あと、○匹。」と残りのナイルの悪魔の数を言う。台座の中にはサナエのへそくりが入っている。
ピラミッド2
ピンクの台座に金色のピラミッドが付いており、ナイルの悪魔の活動を光と音で知らせてくれるアイテム。サナエの部屋の棚に置いてある。しかし、彼女の不在時に鳴ったり、ナイルの悪魔の存在を知った後に反応するといった事も多く、季節感によって機能しなかったりといういい加減さもある。また、サナエ以外の人しか聞いていないのにしつこく鳴り続けたりもする。実はスイッチを切れば動かなくなる。
不思議時計
トトメス少女隊(マナミ、イツカ、ハナコ)が「おまじない書」を使って出したアイテム。ダイヤルを回すことで時間を自由自在に動かすことができる。
指輪
宝石から捕縛光線を出す。47話で一度限り使用。
古代エジプトおまじない書
トトメス少女隊の中心となるアイテム。マナミが暇を持て余しトトメスを手伝いたいと言い出したため、迷惑に感じたサナエが初代トトメスに頼んで出してもらった暇つぶし用の本。初めは石板で出されたが、読めないという理由で現代語訳してもらい、トトメスがマナミに渡した。「おまじない」とあるが、上記の不思議時計や「処女の生き血を吸い宝石を実らせる、バビロンの宝石の実のなる樹」を出せるなど危険な内容である。呪文は「テル・エル・アマルナイクナートンラーマヤーナ・○○(呼び出す物によって変わる。不思議時計ならトケイデロン。)」
危険な内容のためトトメスがパピルスで封印を施し、ペンダントとおまじないメモが入っている「トトメス少女隊手帳」を渡した。

出演

スタッフ

主題歌

使用箇所 使用回数 曲名 作詞 作曲 編曲 歌手 レーベル 概要
オープニングテーマ 全話 元気あげるね 売野雅勇 本間勇輔 岩田雅之 石川ひとみ 日本コロムビア 後半バージョンではその回の監督の名字がサナエのラブレターに書かれる演出が行われた。
エンディングテーマ 第1話~第28話 月夜のゴンドラ[5] 松井五郎 岡本朗 佐藤準 堀川早苗 ポニーキャニオン
第29話~第51話 アフロディーテの夏 羽田一郎 第28話では挿入歌として使われた。

放送リスト

放送日 話数 サブタイトル ゲストキャラクター 監督
1991年01月06日 1 引っ越しそばの祟り 村山新治
1991年01月13日 2 何を血迷うベートーベン
1991年01月20日 3 寄せ鍋の女王 坂本太郎
1991年01月27日 4 福は外 鬼は内…
1991年02月03日 5 人生は二度ない 佐伯孚治
1991年02月10日 6 チョコレート好きな悪魔
1991年02月17日 7 クレオパトラのアッシー君 村山新治
1991年02月24日 8 キムチ漬けの悪魔
1991年03月03日 9 いけない雛祭り 岩原直樹
1991年03月10日 10 あるマッサージ師の挫折
1991年03月17日 11 危険な幽霊 佐伯孚治
1991年03月24日 12 オタクな悪魔
1991年03月31日 13 満開の桜と団子の木の下にて 村山新治
1991年04月07日 14 不幸のドン底からの脱出
1991年04月14日 15 働かない警官 岩原直樹
1991年04月21日 16 長男はマッチ売りの少女がお好き
  • ナイルの悪魔三兄弟の長男(斉藤暁)(前・後編)
  • ナイルの悪魔三兄弟の次男(梅垣義明)(前・中・後編)
  • ナイルの悪魔三兄弟の三男(出川哲朗)(前・中・後編)
  • 森の女王(前田賀奈子)(前・中・後編)
  • 鯉のぼりの真鯉(山崎大輔)(後編)
  • 鯉のぼりの緋鯉(三谷悦代)(後編)
  • 鯉のぼりの鯉太郎(市裏大器)(後編)
1991年04月28日 17 次男の頭はゴールデンウィーク 坂本太郎
1991年05月05日 18 三男は活作りがお得意
1991年05月12日 19 偏差値を吸う蝙蝠 佐伯孚治
1991年05月19日 20 ゲームセンターの怪人
  • ゲームセンターの怪人(須藤学
1991年05月26日 21 黄金の梅雨前線 岩原直樹
1991年06月02日 22 伝説のてるてる坊主
1991年06月09日 23 お金で解決する体質 村山新治
1991年06月16日 24 俺たちは栄養ドリンクじゃない
1991年06月23日 25 ザリガニのバンザイ 佐伯孚治
1991年06月30日 26 宝石の実のなる樹
1991年07月07日 27 ティナのテスト勉強 岩原直樹
1991年07月14日 28 少女隊のスタイリスト
1991年07月28日 29 ワルサの妹 坂本太郎
1991年08月04日 30 ワルサの恋人[6]
1991年08月11日 31 クレオパトラのお漬物 村山新治
1991年08月18日 32 盆踊りの練習
1991年08月25日 33 イブンバツータな総集編 河田章
1991年09月01日 34 ワルサの誓い 岩原直樹
1991年09月08日 35 初恋の赤トンボ・・・
1991年09月15日 36 眠れる森の夢喰う悪魔 坂本太郎
1991年09月22日 37 母はスッシー
1991年09月29日 38 笹岡さんはおすもうさん 佐伯孚治
1991年10月06日 39 バルセロナを目指せ!
1991年10月13日 40 ペットの悪魔 岩原直樹
1991年10月20日 41 ヘソクリ小僧が来た
1991年10月27日 42 松茸を食べよう・・・ 坂本太郎
1991年11月03日 43 ティナが愛した人は・・・
1991年11月10日 44 天然記念物の敵 村山新治
1991年11月17日 45 教育熱心な松本先生
  • 教育熱心な悪魔
1991年11月24日 46 悪魔の恋‥‥ 岩原直樹
1991年12月01日 47 神々のオリンピック
1991年12月08日 48 おまじないステーキ 佐伯孚治
1991年12月15日 49 聖ナイルの悪魔
1991年12月22日 50 サンタを信じる 村山新治
1991年12月29日 51 最後の悪魔・・・[8]
  • 初代トトメス(声 - 北川智絵)

視聴率

  • 最高視聴率:17.3%(東映不思議コメディーシリーズ歴代10位)

ビデオリサーチ調べ、関東地区

映像ソフト化

  • 2008年7月21日発売の「石ノ森章太郎 生誕70周年 DVD-BOX」に第1話が収録されている。
  • 2012年1月21日~同年5月21日にかけてテレビ初回放映20周年とシリーズ30周年を記念し、全51話完全収録、全5巻にて初DVD化となった。不思議コメディーシリーズのDVDは5年振りである。

ネット配信

  • 東映特撮YouTube Official:2016年12月26日 - 2017年6月19日

コミカライズ

バラエティー番組

脚注

  1. ^ 9話で「6年生になる」とのセリフがあり一定していない。
  2. ^ 13話。
  3. ^ このような勤務態度は、現実ならば地方公務員法第4条による懲戒処分を受ける事になる。この警察官の場合は勤務成績不良に加え、職務怠慢および職務放棄を行っているので、免職はまず避けられない。
  4. ^ 前作『美少女仮面ポワトリン』の主役・花島優子と同じ乙女塾の出身
  5. ^ 本来、前期エンディングは『月夜のゴンドラ』のカップリングに収録されている、『わたしは魔法でできている』の予定であった(そのため、デビュー曲も『わたしは~』になる予定だった)。しかしレコーディングの際、違和感を感じた堀川がマネージャーと共にスタッフとエンディングの変更を交渉し、その結果、変更になった。
  6. ^ この回で不思議コメディーシリーズ通算500回目の放送を迎えた。
  7. ^ 『美少女仮面ポワトリン』の渋谷ケンジと同一キャラクター。
  8. ^ 最終回は1時間に拡大して放送したため、「悪魔を救う天使たち」「最後の悪魔…」の2回に分けて放送した地域があった。DVDやフジテレビオンデマンド等のネット配信でも2回に分けて収録(配信)している。
  9. ^ 他にも乙女塾の先輩・羽田恵理香も出演。

参考文献

外部リンク