メインメニューを開く

不法執刀』(ふほうしっとう、原題:Playing God)は、1997年制作のアメリカ合衆国サスペンス映画デイヴィッド・ドゥカヴニー主演。日本では劇場未公開。

不法執刀
Playing God
監督 アンディ・ウィルソン
脚本 マーク・ハスケル・スミス
製作 マーク・エイブラハム
ローラ・ビックフォード
製作総指揮 アーミアン・バーンスタイン
トーマス・A・ブリス
出演者 デイヴィッド・ドゥカヴニー
ティモシー・ハットン
アンジェリーナ・ジョリー
音楽 リチャード・ハートリー
撮影 アンソニー・B・リッチモンド
編集 ルイーズ・ルバッキー
製作会社 タッチストーン・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ブエナビスタ
公開 アメリカ合衆国の旗 1997年10月17日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $12,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $4,166,918[2]
テンプレートを表示

あらすじ編集

ユージンは神の腕を持つとまで言われている優秀な外科医であるが、疲れをとるために秘かに麻薬に手を出していた。そしてある手術の最中、麻薬の禁断症状が出て医療ミスを犯し、執刀中の患者を死なせてしまい、医師免許を剥奪されてしまった。ユージンは禁断症状に苦しみながらも、麻薬を続けるという荒んだ生活を送っていた。

そんなある夜、ユージンは麻薬を手に入れるためナイトクラブに出かけるが、そこで銃撃戦に遭遇、彼の目の前で1人の男が撃たれる。ユージンは瀕死の状態だったその男に応急手当てを施して助ける。その翌日、ユージンは突然現れた男たちに拉致された。彼が連れて来られたのは、犯罪組織のボス・レイモンドのもとだった。

レイモンドはユージンに、組織の専属医にならないかと持ちかける。実は昨晩彼が助けた男はレイモンドの部下で、その鮮やかな手腕を見込まれて勧誘されたのだった。多額の報償金につられて組織の専属医となったユージン。しかしやがて、レイモンドの愛人クレアと恋に落ちてしまったことから、事態は思わぬ方向へ…。

キャスト編集

脚注編集

外部リンク編集