メインメニューを開く

不滅の熱球(ふめつのねっきゅう)は、1955年3月15日に公開された沢村栄治を題材にした野球映画。モノクロ映画で、制作配給東宝

不滅の熱球
The Immortal Pitcher
監督 鈴木英夫
脚本 菊島隆三
原作 鈴木惣太郎「沢村投手」
製作総指揮 佐藤一郎
出演者 池部良
司葉子
清水将夫
滝花久子
北沢彪
笠智衆
千秋実
音楽 斎藤一郎
撮影 中井朝一
編集 岩下広一
製作会社 東宝
配給 東宝
公開 日本の旗 1955年3月15日
上映時間 107分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

構要編集

沢村栄治を題材にした映画ということもあり、大規模なスケールで撮影した。配給は東宝、さらに読売ジャイアンツに支援をしてもらい、阪神タイガースに在籍した藤村富美男ら4人が野球指導をした。しかし、沢村とその妻の恋路をメインに描いたためか、当時沢村のライバルと云われた景浦將は劇中に登場しなかった。現在、DVD・VHS等のソフト化は行われていない。

あらすじ編集

昭和十一年七月、日本最初のプロ野球公式試合、巨人対阪神戦が行われ、巨人軍の沢村投手は人気を一身に集めていた。スタンドから彼を見守る美しい女性、米井優子と沢村はやがて交際を始め、次第に固く結ばれていった。昭和十二年、日支事変が勃発し、選手達を兵隊にとられ、プロ野球は打撃をうけた。九月、後楽園での対阪神戦のマウンドに立った沢村は、優子の姿が見えない為に、投球のコントロールを失ってしまった。一方、優子は夏休みで大阪の家へ帰り、プロ野球に無理解な父のきびしい監視の下にあった。

スタッフ編集

キャスト編集

ほか

外部リンク編集