メインメニューを開く

不知火(しらぬい)とは、日本相撲協会年寄名跡のひとつで、横綱・不知火諾右衛門が四股名として名乗っていた名称をそのまま頭取(年寄)として務めたことに由来する。1927年昭和2年)の東西合併時に大阪相撲由来の名跡の為、一度廃家となるが、1942年(昭和17年)に復活した。(1942年に復活した名跡はほかに大島安治川北陣西岩)。

不知火の代々編集

  • 代目の太字は、部屋持ち親方。
代目 引退時しこ名 最高位 現役時の所属部屋 襲名期間 備考
初代 不知火諾右衛門 横綱 湊(大坂)-浦風部屋 1845年10月-1846年5月 10代に名跡変更
2代 不知火光右衛門 横綱 湊(大坂)-境川部屋 1876年6月-1879年2月(死去)
3代 益鏡重五郎 前13 伊勢ノ海-浦風部屋 1884年9月-1890年11月?
4代 熊川熊五郎 前7 御幸野(京都)-武隈-粂川部屋? 1892年5月-1905年1月(廃業)
5代 平石光治 関脇 不知火部屋 1905年5月-1914年2月(死去)
6代 松の音吉松 大関 中村部屋 1917年1月-1923年5月(廃業) 二枚鑑札
7代 武藏山武 横綱 出羽海部屋 1943年1月-1945年11月(廃業)
8代 安藝ノ海節男 横綱 出羽海部屋 1946年11月-1949年1月 10代藤島に名跡変更
9代 八方山主計 前1 出羽海部屋 1953年1月-1977年3月(死去)
10代 大剛健嗣 前11 花籠部屋 1983年4月-1986年5月 借株、14代山響に名跡変更
11代 青葉城幸雄 関脇 二所ノ関-押尾川部屋 1986年7月-2013年11月(停年(定年)退職)
12代 若荒雄匡也 小結 阿武松部屋 2014年9月-