メインメニューを開く

不破 万作(ふわ ばんさく、「伴作」とも記す 天正6年(1578年) - 文禄4年(1595年))は、安土桃山時代豊臣秀次小姓尾張国の生まれ。文禄4年(1595年)7月、秀次の切腹前に殉死したと伝えられている。享年17。

武将としては功績のない不破万作の名が後世に伝わっているのは、彼が絶世の美少年として知られ「天下三美少年」、あるいは「戦国三大美少年」の1人としてその名を残しているからである。

「天下三美少年」とは、不破万作、蒲生氏郷の家臣で、歌舞伎の祖として知られている名古屋山三郎、同じく氏郷の家臣で、後に石田三成に仕えた浅香左馬之助(水野庄次郎)の3人で、それぞれ当時の比類なき美少年として知られていたという。歌舞伎で名古屋山三と恋の鞘当をする「不破伴左衛門」のモデルは不破万作だとされ、初代市川團十郎が不破伴左衛門役を演じ江戸で大当りをし、後に代々の市川團十郎が演じる事になった[1]

関連編集

登場する作品編集

NHK

脚注編集

  1. ^ 須永朝彦『美少年日本史』176-178pp,野口武彦『江戸わかもの考』51-63pp