不連続殺人事件』(ふれんぞくさつじんじけん)は、坂口安吾長編小説。安吾が初めて書いた推理小説である。次々と発生する不連続な殺人事件に、名探偵・巨勢博士が「心理の足跡」を推理しながら動機を追跡してゆく物語。雑誌掲載時には、作者・坂口安吾から読者への挑戦として、真犯人当ての懸賞金がかけられた[1][2]

不連続殺人事件
作者 坂口安吾
日本の旗 日本
言語 日本語
ジャンル 長編小説推理小説
発表形態 雑誌掲載
初出日本小説1947年9月号(第3号)-1948年8月号
挿絵:高野三三男
刊行 イヴニングスター社 1948年12月
受賞 第2回探偵作家クラブ賞
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

1947年(昭和22年)8月1日、大地書房発行の雑誌『日本小説』9月号(第3号)から、翌1948年(昭和23年)8月号まで連載された(挿絵:高野三三男[注釈 1]。単行本は1948年12月にイヴニングスター社から刊行され、第2回探偵作家クラブ賞を受賞した[3][4]

1977年(昭和52年)には、同作を原作とし製作・公開された曾根中生監督の日本の長篇劇映画もある。また、1990年(平成2年)にはフジテレビで2時間ドラマも作られている。

作品成立・背景編集

少年時代から欧米の探偵小説愛読者であった坂口安吾は、戦時中の飲み歩くのも不自由となった頃、同人誌『現代文學』の仲間(大井廣介平野謙荒正人)らと、大井邸で探偵小説の犯人当てゲームに熱心だったが、自身も探偵小説執筆の構想を考えていた[5]。安吾が犯人を当てることはほとんどなく[5][6]、「きみたちには、ぜったい犯人のあたらない探偵小説を、そのうちに書いてみせるよ」と言っていたという伝説もある[7]。ある日安吾は、約350枚の原稿用紙の束を持って大地書房の雑誌『日本小説』の編集部に現われ、雑誌の編集意図が気に入ったのでこの長編小説を連載してくれないかと、編集長の和田芳恵に申し入れたとされる[7]

また、以前から雑誌『日本小説』記者・渡辺彰に小説の執筆依頼をされていたともされ[2]荏原郡矢口町字安方(現・大田区東矢口)の安吾の家で毎週水曜日に行われていた飲み会に参加していた渡辺彰が、そこで焼酎を飲んだ後に喀血したことに責任を感じた安吾が、渡辺の療養費のために『不連続殺人事件』の原稿料を彼に回し、安吾自身は出版社から報酬を貰わず、雑誌連載中に行われた読者への懸賞金も、安吾の自腹から出していたという[2]

懸賞金は、安吾から読者への挑戦状という形で、「犯人を推定した最も優秀な答案に、この小説の解決篇の原稿料を差し上げます」という真犯人当ての課題が連載第1回に掲載された。この犯人当てで大井廣介平野謙荒正人江戸川乱歩らの文人も指名して挑戦し、結果は最終回で発表されて4人の読者が犯人推理について完全答案を提出し、文人では大井廣介が4等入選した。1等は、物理学校の生徒だったという[2]

安吾の随筆『私の探偵小説』では、「私もそのうち探偵小説を一つだけ書くつもり」としていたが[5]、『不連続殺人事件』に続いて長編『復員殺人事件』(未完)やシリーズ物の『明治開化 安吾捕物帖』、その他短編を中心に20作ほどの探偵小説を執筆することになった。

作品評価編集

『不連続殺人事件』が発表されるとファンの間で評判となり、探偵小説関係者にも高い評価を得た。江戸川乱歩からは、「日本の純文学作家の探偵小説は谷崎潤一郎佐藤春夫両氏の二三の作など極く少数の例外を除いて、見るに足るものがなく、(中略)見事にこの定説を破ってみせ、ある意味では我々探偵作家を瞠目せしめたと云っていい」、「トリックに於いては内外を通じて前例の無い新形式が考案されていた」と絶賛され[8]、1949年(昭和24年)2月に、第2回「探偵作家クラブ賞」(現在の日本推理作家協会賞)長編賞を受賞した。

松本清張は、「日本の推理小説史上不朽の名作で、(中略)欧米にもないトリックの創造である。人間の設定、背景、会話が巧妙をきわめ、それに氏の特異な文体が加わって、その全体が一つのトリックだと気がつくのは全部を読み終わったときである」と評している[9][要文献特定詳細情報]文芸評論家七北数人は、安吾が「怪奇耽美の味わい」を出すことに長けているにかかわらず、あえて「文学的な要素」を排除し、謎解きのゲーム性を重視しているとし、「複雑な人間関係そのものがトリックになる本作では、この書き方が必然でもあった」と解説している[10]

下記に、一連の被害者名と殺害方法を挙げる。

  • 1. 望月王仁  (刺殺)
  • 2. 歌川珠緒  (絞殺)
  • 3. 南雲千草  (絞殺)
  • 4. 内海明   (刺殺)
  • 5. 歌川多門  (毒殺)
  • 6. 歌川加代子 (毒殺)
  • 7. 宇津木秋子 (墜死)
  • 8. 歌川一馬  (毒殺)

あらすじ編集

舞台は第二次世界大戦から2年が経過した1947年(昭和22年)夏、N県。県内有数の財閥・歌川多門邸で、流行作家の望月王仁が殺害される事件が発生する。兇器のナイフからは2人の女の指紋が発見され、もう一人の女のものと思われる小さな鈴が、害者のベットの下から発見される。

歌川家には語り手である小説家の他、多数の人物が多門の息子である一馬の手紙により招待されていたが、一馬によればその招待状は偽物であった。招待客、使用人、家族を合わせ、29人の人々が滞在していた歌川邸では、家族のみならず戦争中に疎開していた10人や、その他の招待客らの間でも乱脈な性関係がなされており、さらには複雑な憎悪が絡み合っていた。

そしてその夜、珠緒とセムシの詩人・内海明千草と次々に殺害されていく……。さらに一週間後の8月26日には、第五・第六の殺人が実行される。コーヒーにまぜられていた毒物で加代子が、プリンの中へ混入されていたモルヒネで多門が殺害され、同時に異なる場所で殺人が起きてしまう。

次々に起こる殺人事件に、一貫した動機を見出すことはできず、次に誰が殺されるのかも予想がつかない。連続殺人事件であるのに、動機に一貫性がない。犯人が複数なのか、あるいは真の動機を隠すためだけに殺された被害者が存在するのか。この事件が、「不連続」殺人事件と呼ばれた所以である。

第六の殺人から10日後の9月3日、不連続殺人の不連続たる一石が投じられる。女流作家の宇津木秋子が殺されたのである。さらに、6日後の9 月10日、明方4時、あやか夫人一馬が青酸カリによって死亡。警察は翻弄され、ついには8人の被害者が出て、歌川家は滅亡する。

探偵である巨勢博士は、最後の被害者が出る直前には真相に気づいていたが、証拠をつかむために屋敷を離れていた際に、事件の解決を急ぐあまりに行なった警察の挑発を、巨勢博士のものと勘違いした犯人により、最後の殺人が起こってしまったのである。

残った人々を一堂に集めた巨勢博士は、「犯人が唯一ミスを犯したある殺人において『心理の足跡』を残した」と指摘して、事件の真相を語り始める。

収録単行本・叢書・全集編集

映画編集

不連続殺人事件
監督 曾根中生
脚本 大和屋竺
田中陽造
曾根中生
荒井晴彦
製作総指揮 本石巖
麻生誠
出演者 瑳川哲朗
夏純子
音楽 コスモスファクトリー
撮影 森勝
編集 鍋島惇
製作会社 タツミキカク
ATG
配給 ATG
公開   1977年3月15日
上映時間 140分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

不連続殺人事件』(ふれんぞくさつじんじけん)は、同名の長篇小説を原作に1977年(昭和52年)製作、同年3月15日に公開された曾根中生監督による日本の長篇劇映画である。製作タツミキカクATG、配給ATG。ATGは東宝の関係会社である。

キャスト編集

本作における探偵役。天才探偵だが文学オンチ。29歳。
17歳の時、文士である矢代寸兵に弟子入りし、大学では美学を勉強していた。文学には才能はなく、探偵として非常に優秀。
不連続殺人事件の後、有楽町駅に近いビルの一室で探偵事務所を開く。

歌川一族編集

歌川一族の長。非常に好色で、正妻のほか多数の妾を抱えていた。
  • 歌川 梶子
故人。多門の妻。珠緒の母。前年に亡くなり、自殺と処理されている。
歌川家の嫡男。酒造家。40歳。寸兵の友人の詩人。
一馬の妻。過去に、土居光一(ピカ一)と同棲していた。
歌川多聞の後妻との間に生まれた娘。22歳。一馬の妹。
歌川多聞の隠し子の娘。24歳。おもちゃにしていた女中との間に生まれた娘。
京子と友達。血の繋がる兄の一馬に想いを寄せており、一馬とは相愛の仲。

南雲一族編集

南雲由良の夫の老人。疎開してきている。
南雲一松の妻で、歌川多門の妹にあたることから、疎開先として歌川家に身を寄せていた老女。
南雲一松・千草夫妻の娘。26歳。歌川多門の姪であり、一馬の従姉妹にあたる。醜女と描写される。

多聞の妾とその配偶者編集

京子の夫。小説家。本作における語り手。
巨瀬博士は弟子にあたる。
寸兵の妻。歌川多門のかつての妾で、寸兵との結婚時に揉めていた。
弁護士。元、多門の秘書。木曽乃の夫。見た目巨漢のヤクザ。
神山の妻。夫公認で、元・歌川多聞の妾の一人。
坪田テルヨの夫。日本橋の小料理屋、ツボ平の主人。歌川家の元料理人。
元・歌川多聞の妾の一人。
歌川家の女中。多聞の妾。
歌川家の女中。多聞の妾。

その他の宿泊者たち編集

流行作家。粗暴、傲慢無礼、女たらしで嫌われていた。
珠緒に惚れており、虜となっていた3人のうちの一人。
あまり売れていない作家。陰険、ひねくれ者。
珠緒に惚れており、虜となっていた3人のうちの一人。
陽気なセムシ詩人。
珠緒に惚れており、虜となっていた3人のうちの一人。
商売のうまい画家。過去、歌川あやかと同棲していた。
  • 三宅木兵衛 (モクべエ) (石浜朗
フランス文学者。秋子の夫だが、実質的に離縁状態。
女流作家。一馬の元妻。木兵衛の妻だが、実質的に離縁状態。
劇作家。胡蝶の夫。
女優。小六の妻だが。一馬に想いを寄せる。
海老塚の知人である論語の研究家。

歌川家の使用人など編集

歌川家の番頭。病気のため休養中。
女中。
歌川家の飼い殺しの下男の老人。
村の医者。ビッコ。
海老塚医院の看護婦。30歳前後。
新聞記者。

警察関係者編集

駐在。
捜査部長の警部。同僚たちからは、「カングリ警部」と呼ばれる。
刑事。同僚たちからは、「八丁鼻」と呼ばれる。
刑事。同僚たちからは、「読ミスギ」と呼ばれる。
  • 飯塚文子
刑事。同僚たちからは、「アタピン」[11]と呼ばれる。

スタッフ・作品データ編集

テレビドラマ化編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 雑誌『日本小説』は大地書房から1947年(昭和22年)3月に創刊され、質の高い娯楽小説を目指し、最初の中間小説雑誌と呼ばれた。

出典編集

  1. ^ 「坂口安吾 作品ガイド100」(『KAWADE夢ムック文藝別冊 坂口安吾―風と光と戦争と』)(河出書房新社、2013年)
  2. ^ a b c d 坂口三千代「『不連続殺人事件』」(『日本探偵小説全集10 坂口安吾集』)(東京創元社、1985年)
  3. ^ 「年譜」(文庫版『堕落論』)(新潮文庫、2000年)
  4. ^ 「年譜」(文庫版『白痴・二流の人』)(角川文庫、1970年。改版1989年、2008年、2012年)
  5. ^ a b c 「私の探偵小説」(宝石 1947年6月号に掲載)
  6. ^ 大井広介「犯人あてと坂口安吾」(『日本探偵小説全集10 坂口安吾集』)(東京創元社、1985年)
  7. ^ a b 都筑道夫「安吾流探偵術」(『日本探偵小説全集10 坂口安吾集』)(東京創元社、1985年)
  8. ^ 江戸川乱歩 「『不連続殺人事件』を評す」(宝石 (雑誌)|宝石 1948年12月号に掲載)
  9. ^ 松本清張「作家論」
  10. ^ 不連続殺人事件坂口安吾デジタルミュージアム、2009年10月16日閲覧。
  11. ^ アタピンとは、「頭にピンとくる悪酒」の意味。

参考文献編集

外部リンク編集