与田剛

日本の元プロ野球選手、指導者
画像提供依頼中日ドラゴンズ監督時の画像提供をお願いします。2021年8月

与田 剛(よだ つよし、1965年12月4日 - )は、福岡県北九州市出生[3]千葉県君津市[4][5][6]出身の元プロ野球選手投手、右投右打)。東北楽天ゴールデンイーグルスコーチ中日ドラゴンズで監督を務め、現在はプロ野球解説者として活動している。

与田 剛
Yoda tsuyoshi.jpg
楽天一軍投手コーチ時代
(2016年5月17日 こまちスタジアム
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県君津市
(出生:福岡県北九州市
生年月日 (1965-12-04) 1965年12月4日(56歳)
身長
体重
182 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1989年 ドラフト1位
初出場 1990年4月7日[1]
最終出場 1999年10月2日[注 1][2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

1999年から2000年までの登録名は「与田 剛士」(読み同じ)。妻は元TBSアナウンサー木場弘子

現役時代は中日ドラゴンズで新人年(1990年)に最高球速157 km/hを記録するなど、抑え投手として活躍[1]。その剛速球は「名前通りの剛球」と呼ばれた[7]

経歴編集

プロ入り前編集

木更津総合高校当時から肩幅が広く、衣紋がけと言われていた。野球部の同級生にプロレスラーリッキー・フジがいる[8]

亜細亜大学時代は阿波野秀幸が1学年上にいた。故障が多く、登板機会はほとんどなかった。4年秋になってようやくリーグ戦に登板し、通算1勝。大学時代に右腕の血行障害を患い大学3年のときに手術を受けたが、これは高校時代から投げすぎたために人差し指と中指の手のひら側のつけ根に筋肉がついて手のひらの血管を圧迫していたのが原因という珍しい症例だった[7]。在学中に父を病気で亡くしている[9]

実績がないなかで監督らの推薦で入ったNTT東京時代に球速150km/hを超える剛速球が注目され、野茂英雄潮崎哲也らと全日本代表メンバーに抜擢。1989年の都市対抗野球では佐々岡真司三菱重工広島補強)と投げ合って先発完投も1-2で惜敗[10]

1989年度ドラフト会議にて中日ドラゴンズが1位指名し、単独指名で交渉権を獲得[11]。与田本人は当初、在京球団(特に西武ライオンズ)を希望していたが[11]、後に契約金7500万円・年俸720万円(金額は推定)で合意し、入団[12]

プロ入り後編集

1990年4月7日の横浜大洋ホエールズとの開幕戦で初登板[1]。同点で迎えた延長の11回表無死一・三塁のピンチでリリーフ登板し、2つの三振を含む無失点に抑えた[注 2][11]。その後も星野仙一監督から信頼を受け、抑えとして活躍し[1]、6月1日にセ・リーグ新人選手初の2桁セーブを記録した[11]オールスターゲームにもファン投票で選出[11]され、与田の投球を見るため、車で九州からナゴヤ球場(当時の中日の本拠地)に駆けつけるファンも現れたほどだった[1]。新人では当時最多となる31セーブを挙げ[注 3][13]最優秀救援投手のタイトルを獲得し、新人王に選出された。8月15日の広島戦(広島市民球場)では球速157 km/hを計時して当時の日本人プロ最高球速を記録している[11]

1991年は過度な登板[注 4]により、背筋痛に悩まされ、3敗2セーブに終わった[1]。球団及び首脳陣もリリーフでの酷使を懸念し、アマチュア時代に務めていた先発投手としての適性を毎年のように試みていたが、一軍通算9試合に先発し、0勝7敗防御率8.76と結果を残せなかった。

1992年に2勝5敗23セーブと復活を果たした。

1993年に両足首を故障し、極度の不振に陥ると、その後も右肘痛のため思うような成績を残せなかった[1]

1995年シーズンオフには武田一浩日本ハムファイターズ)との交換トレードが検討されたが、このトレードは中日が与田の放出に消極的な態度を示したため、不成立に終わっている[注 5][15]

1996年シーズン途中の6月10日、内藤尚行森廣二との2対2の交換トレードで、吉鶴憲治とともに千葉ロッテマリーンズへ移籍[16]。このトレードは慢性的な先発投手不足・中継ぎ陣の疲弊に悩まされていた中日(星野監督)がロッテに内藤の譲渡を打診したところ、ロッテ球団ゼネラルマネージャー (GM) を務めていた広岡達朗が「(与田を)鍛えてみたい」として、与田を交換相手に指名したことで成立したトレードだった[注 6][16]。1996年はAA級メンフィス・チックス(カンザスシティ・ロイヤルズ傘下のマイナー球団)に野球留学。しかし、同年以降は一軍では登板できず[18]

1997年シーズンオフにロッテを自由契約となり、同年の日本ハムの秋季キャンプで入団テストを受け合格[19]

1998年は、「ラストチャンス」として名護キャンプに臨んだが、右肘痛に襲われる[20]。痛み止めを注射してフリー打撃に登板したが、回復の目処が立たず、4月30日に右肘の軟骨を削り取る手術を受けた[20]。同年は一軍だけでなく、二軍イースタン・リーグ)でも登板なしに終わったが、シーズンオフのハイサイリーグで球速145 km/hの直球を投げるなどして首脳陣に復活をアピールした[20]

1999年10月2日、日本ハム球団の同シーズン最終戦(対ロッテ27回戦・千葉マリンスタジアム[21]で4年ぶりの一軍登板[注 1]を果たした[2]が、同月9日に日本ハムから戦力外通告を受け[22]、同年12月2日にNPBコミッショナー事務局から自由契約選手として公示された[23]。一方で戦力外通告後には、同じく日本ハムから戦力外通告を受けた橋上秀樹とともに阪神タイガースの秋季練習に参加して同球団の入団テストを受験。10月22日には同じ5人の入団テスト受験選手と対戦し、最速144 km/hの直球を投げるなどし、高田順弘球団社長から「リリーフとして十分戦力になる」と判断されて合格した[24]

2000年はキャンプ・オープン戦で好投し、当時の監督である野村克也からもストッパー候補として挙げられた。しかしオープン戦終盤、好投した翌朝ベッドから起き上がれないくらいの腰痛に襲われる。この腰痛により戦線離脱。結局、同年は一軍に昇格できず、二軍ウエスタン・リーグ)でも右膝痛のためわずか2試合の登板に終わり、同年9月23日に戦力外通告を受けた[25]。12月2日にNPBコミッショナー事務局から自由契約選手として公示され[8]、現役を引退した[26]

引退後編集

2001年からはNHK野球解説者になり[1]2015年まで務めた。またNHKや東京中日スポーツ野球評論家としての仕事の傍ら、社会人野球チーム・サウザンリーフ市原や、全日本女子野球チームの投手コーチも務めた。2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表投手コーチ(ブルペン担当)として、大会2連覇に貢献した。WBCでは、大差のリードがある試合でブルペンで待機していた投手陣にベンチに戻って応援するよう指示した山田久志投手コーチに対し、何があるかわからないからと戻らなくていいと言って、意見が対立した。

2009年4月から2011年3月まで[27]NHK「サンデースポーツ」のメーンキャスターを務めた。引退して解説者の仕事を引き受けた後、元アナウンサーの夫人から話し方や表情の作り方を丁寧に教わったという。

2012年10月10日に野球日本代表2013 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表)の投手コーチに就任したことが発表された[28]。11月13日に背番号が「92」となったことが発表された[29]

2015年10月13日に東北楽天ゴールデンイーグルスの一軍投手コーチとして就任したことが発表された。背番号は「92[30]。オフに大久保博元の監督辞任に伴い、後継監督候補に立浪和義[31][32][33][34]山崎武司[35]橋上秀樹[36]佐々木主浩斎藤隆[37]らとともに名前が挙がったが、これは実現せず、梨田昌孝が監督に就任。フランク・ハーマンは「与田さんこそが本物のコーチだ。1年目から日本で活躍するのは難しいと思っていた中で、チームに溶け込みやすくしてくれたのは与田さんだ。とても深く尊敬している。いいピッチングのときも悪いピッチングのときも同じ態度で接してくれたし、食事に誘ってもらった。日本になじむ手助けをしてもらったんだ。」[38]と述べている。

2018年から二軍(イ・リーグ)投手コーチに配置転換されたが、10月5日に翌年の契約をしないことを通知された[39]

2018年10月15日に2019年より古巣である中日ドラゴンズへの監督就任が決定。背番号は「92[40]。コーチ陣はヘッドコーチに伊東勤、打撃コーチに村上隆行、投手コーチは大学の先輩である阿波野秀幸を招聘した[41]。12月18日に塩竈市内で講演し、楽天からも翌年のコーチ契約を打診されていたが、中日からの復帰要請が先にあり、(楽天退団は)「苦渋の決断だった」と明かした[42]

中日監督時代編集

2019年は春季キャンプで松坂大輔が右肩を故障、藤嶋健人が血行障害、ドラフト1位の根尾昂が肉離れを起こすなど、怪我人が相次いだ。3・4月は首位争いをするなど善戦していたが、ソイロ・アルモンテ笠原祥太郎平田良介福田永将など主力選手が怪我や不調などで相次いで離脱してから一転、借金9になるなど、苦戦が続いた。7月に8連勝し、2位タイまで追い上げたが、その後好調の高橋周平、アルモンテが相次いで負傷離脱したこともあり、大幅に失速。終盤は9月14日に大野雄大が対阪神戦(ナゴヤドーム)でノーヒットノーランを達成するなど、上位球団相手に善戦したが、同24日の対DeNA戦(ナゴヤドーム)に敗れ、7年連続Bクラスと3年連続5位が確定した。

2020年は怪我人が多く出たことも影響し8月6日時点で最大借金9と低迷した。しかし、シーズン後半以降は復調し、6回終了時にリードしていた場合、37連勝を記録するなど、就任時から取り組んだブルペン整備が功を奏して勝ちパターンを確立した。10月23日には貯金8を記録。最終的には60勝55敗5分と貯金5でシーズンを終えた。3位に入り、8年ぶりのAクラスを達成。2013年からの連続Bクラスを7年でストップさせ、監督通算成績も5割に戻した。

2021年は阪神から自由契約となった福留孝介が14年ぶりにチーム復帰を果たし、6月には加藤匠馬の交換トレードとして千葉ロッテから加藤翔平を獲得した。投手力ではリーグトップの防御率を維持する一方、打撃力ではリーグ最下位でクリーンナップの一角を担う高橋周平阿部寿樹の不振が響いた。また、8月にはトミー・ジョン手術を受けて復帰を目指していた木下雄介が亡くなる悲しい出来事もあった。2年連続のAクラスならびに10年ぶりのリーグ優勝が期待されたが、最終的には55勝71敗17分けで2年ぶりのBクラスとなる5位に陥落。「3年間優勝争いができなかった」として成績不振の責任をとって監督退任の申し入れをし、10月12日に球団から発表された[43]

監督退任後編集

2021年11月29日、中日の球団エグゼクティブ・アドバイザー(EA)として契約したことが発表された[44]。それと並行し、2022年からは再びNHK野球解説者に復帰する[45]

選手としての特徴編集

最速157km/hのストレートとフォークを持つ速球派投手[46]。 速球を投げる度に歓声が沸いたことで、「もっと速い球を投げて抑えたい」と思い、練習においてスピードを追求していった。与田の直球を受けていた捕手の中村武志は「瞬きできない。気がついたらミットに入っている。でっかい玉がボーンとくる感じ」と評し、与田が当時のNPB記録タイとなる157km/hを計測した際に打席に立っていた長嶋清幸は「肩幅が広いので、すごく(打席から)近く見える。」と語っている[47]

人物編集

引退した2000年時点でプロ同期の佐々木主浩野茂英雄メジャーリーグ (MLB) で活躍していたが、本人は「(自分は)1年目で燃え尽きたかな。当時、アメリカへ行けたなら、オレが真っ先に手を上げていただろうな」と述べている[1]

肩幅が広く、現役を引退してからも肩幅について話題になる。「肩幅60 cm」と報じられることもあり[48]、与田よりも10センチ以上身長の高いダルビッシュ有が2009年当時に「どうなってるんですか。その肩幅は」と声をかけるほどである[49]。2020年3月放送のサンデーLIVE!!で実測した際には61cmだった[50]。NHKアナウンサーの廣瀬智美は「私にとっては安心感すらある、この広い肩幅」と形容して紹介したことがある[27]

前述の4月7日の対大洋戦での初登板時にはホームでのクロスプレーをめぐり、捕手の中村武志に激しいタックルをした清水義之に激怒し乱闘寸前の騒ぎになった。また死球を与えてもなかなか頭を下げることはなく、1994年6月22日の対横浜戦ではグレン・ブラッグスの手首に死球を投じた際にも、やはり与田は謝らなかったために、マウンドまで駆け寄ったブラッグスから殴られ両軍入り乱れての大乱闘となった。この時、走者のロバート・ローズがグラウンドに抑えつけたためまともに殴られている。与田も怒りを露わにしてベンチに戻る際、グローブをベンチシートに思い切り叩きつけた。これで全治2週間のケガを負った[注 7]

「努力」や「頑張れ」という言葉が嫌いで代わりに昔から「準備」という言葉を使っている[52]。中日の監督に就任してからも、選手に対して「しっかりと準備ができている選手を使う」と明言し、「(試合に向けての)準備」の大切さを説いている[53]

応援歌歌詞表現問題編集

中日ドラゴンズ監督就任後の2019年7月には中日ドラゴンズ応援団(私設応援団)のチャンステーマ1(サウスポー、2014年より使用)について、「お前が打たなきゃ誰が打つ」の歌詞の部分に、「選手を“お前”と呼ぶのはいかがなものか」と指摘した。その後球団側が歌詞の一部変更を応援団に求め、結果として応援団が当面の間当楽曲の使用を自粛することを発表した[54][55]

監督として編集

選手との対話を重視し、モチベーターとしての能力に長ける。2018年シーズンを未勝利に終わった大野雄大が2019年のオープン戦中に一軍起用された際、「まだ自信ないです」と不安を口にすると、「絶対大丈夫。オレは信頼して雄大を使う。何の心配もしなくていい」と話し、このことが大野の自信を回復させることとなった。この年の大野は最終的に最優秀防御率ノーヒットノーランを達成し、復活を遂げた。後に大野は「あのままだと野球人生が終わっていた。タイトルなんかなかったと心から思います。僕があるのは監督のおかげ。このユニホームは着られてないです」と感謝の意を述べている[56]

監督就任後は加藤匠馬阿部寿樹遠藤一星井領雅貴三ツ俣大樹といった前年に殆ど一軍出場のなかった選手を積極的に起用した。

ドラフト会議の抽選でのくじ運が強く、2018年に4球団が競合した根尾昂2019年に3球団が競合した石川昂弥の交渉権を引き当てた。

監督就任前の2018年はチーム防御率4.36だったが、2019年は3.72、2020年は3.84、そして2021年は3.22と12球団トップを飾った[57]

2020年7月7日のヤクルト戦(ナゴヤドーム)では、1点ビハインドの延長10回裏の攻撃で二死満塁のチャンスを迎えた。しかし、9回終了時に野手を使い切ってしまったうえ、打順が8番まで回る可能性があったにも拘わらず、前の回の守備交代で投手の岡田俊哉を8番、捕手の加藤匠馬を9番に入れたことが原因となり、結果として8番岡田の代打に投手の三ツ間卓也を送り[58]、三ツ間は空振り三振でそのまま敗戦。翌日の試合前ミーティングでは選手らを集めて「自分のミス」であることを認め、謝罪する異例の事態が起こった[59]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1990 中日 50 2 0 0 0 4 5 31 -- .444 353 88.1 64 10 28 2 5 70 2 0 34 32 3.26 1.04
1991 29 0 0 0 0 0 3 2 -- .000 197 45.1 39 4 26 0 2 38 4 0 17 16 3.18 1.43
1992 41 2 0 0 0 2 5 23 -- .286 315 72.1 60 6 38 5 2 69 3 0 28 28 3.48 1.35
1993 15 1 0 0 0 1 3 3 -- .250 100 19.1 23 5 19 0 1 18 1 0 23 21 9.78 2.17
1994 7 3 0 0 0 0 3 0 -- .000 81 15.0 21 2 15 0 1 12 4 0 21 20 12.00 2.40
1995 5 1 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 38 6.0 10 2 10 0 1 5 0 0 8 8 12.00 3.33
1999 日本ハム 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 5 1.0 1 0 1 0 0 0 0 0 1 1 9.00 2.00
通算:7年 148 9 0 0 0 8 19 59 -- .296 1089 247.1 218 29 137 7 12 212 14 0 132 126 4.58 1.44
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル編集

表彰編集

記録編集

初記録
  • 初登板:1990年4月7日、対横浜大洋ホエールズ1回戦(ナゴヤ球場)、11回表に2番手として救援登板・完了、1回無失点
  • 初奪三振:同上、11回表に横谷彰将から
  • 初セーブ:1990年4月12日、対ヤクルトスワローズ3回戦(明治神宮野球場)、7回裏一死から4番手として救援登板・完了、2回2/3を1失点
  • 初勝利:1990年4月18日、対広島東洋カープ2回戦(ナゴヤ球場)、10回表に5番手として救援登板・完了、2回無失点
  • 初先発:1990年9月12日、対横浜大洋ホエールズ23回戦(ナゴヤ球場)、8回5失点(自責点4)で敗戦投手
その他の記録

背番号編集

  • 29(1990年 - 1996年)
  • 30(1997年)
  • 34(1998年 - 1999年)
  • 38(2000年)
  • 92野球日本代表〈2012年以降〉、2016年 - 2021年)

登録名編集

  • 与田 剛(よだ つよし、1990年 - 1998年)
  • 与田 剛士(よだ つよし、1999年 - 2000年)

年度別監督成績編集




























2019 中日 5位 143 68 73 2 .482 9.0 90 .263 3.72 53歳
2020 3位 120 60 55 5 .522 8.5 70 .252 3.84 54歳
2021 5位 143 55 71 17 .437 18.5 69 .237 3.22 55歳
通算:3年 406 183 199 24 .479 Aクラス1回、Bクラス2回
※1 2020年は特例で120試合制

関連情報編集

著書編集

出演番組編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ a b 最後に一軍登板した年度は1999年(1試合)で[18]、唯一の一軍登板は同年10月2日[2](対ロッテ27回戦・千葉マリンスタジアム)である[21]
  2. ^ この試合では18球を投げたが、うち13球は球速150 km/h超(最速152 km/h)だった[1]
  3. ^ 31セーブは、2015年山﨑康晃横浜DeNAベイスターズ)が32セーブ目を挙げて更新するまで25年にわたり、NPBの新人最多セーブ記録だった[13]
  4. ^ 本人は「実は1年目から『壊れるんじゃないかな』と思いながら投げていたが、とにかくできるところまでやっていこうと思った」と述べている[1]
  5. ^ 結局、武田は下柳剛安田秀之との2対2の交換トレードで、松田慎司とともに福岡ダイエーホークスへ移籍[14]。3年後の1998年オフ、FA権を行使してダイエーから中日に移籍した。
  6. ^ 中日側も「与田は環境を変えたほうが良い」と判断し、両球団とも交換要員に吉鶴・森を加えたことで複数トレードとなった[16]。また妻・木場弘子は(中日在籍時の)与田と結婚して以降、仕事から遠ざかっていたが、与田のロッテ移籍により、1997年には『わいわいティータイム』(TBSテレビ)の司会者役として4年ぶりにテレビ界に復帰した[17]
  7. ^ なお、ブラッグスは引退後のインタビューで堂々とした与田の態度を認めている[51]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k 東京新聞』2000年12月13日朝刊第二運動面20頁「それぞれのゲームセット(2) 与田剛 剛速球ストッパー 記憶の中に 喜び、辛さ、解説に生かす」(中日新聞東京本社 記者:牧田幸夫)
  2. ^ a b c 中日新聞』1999年10月3日朝刊運動1面29頁「パリーグ 第27節 2日 ロッテ4-2日本ハム」(中日新聞社
  3. ^ 与田 剛のプロフィール 株式会社RIGHTS
  4. ^ 92 与田 剛 選手名鑑|東北楽天ゴールデンイーグルス
  5. ^ 与田 剛(よだ つよし) - プロ野球選手名鑑 - 野球 - SANSPO.COM
  6. ^ プロ野球 - 東北楽天ゴールデンイーグルス - 与田 剛 - スポーツナビ
  7. ^ a b 楊順行「与田剛氏が中日の新監督に。現役時代の剛球を生んだ秘密とは」『Yahoo!ニュースヤフー、2018年10月12日。2021年10月30日閲覧。オリジナルの2019年12月25日時点におけるアーカイブ。
  8. ^ a b 『中日新聞』2000年12月3日朝刊第三運動面21頁「ガルベスら自由契約 保留選手名簿を公示」(中日新聞社)
  9. ^ 神宮球場ガイドブック2002年秋号「神宮球場から翔び立ったプロ野球のスターたち」越智正典
  10. ^ 都市対抗野球大会60年史 毎日新聞社刊
  11. ^ a b c d e f 日めくりプロ野球 6月 【6月1日】1990年(平2) セ新人初の快挙!与田剛、2ケタセーブでリーグトップ」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2010年6月1日。2020年11月20日閲覧。オリジナルの2020年11月20日時点におけるアーカイブ。
  12. ^ 朝日新聞、1989年12月16日付朝刊 (14版、22面)
  13. ^ a b DeNA・山崎康、新人最多32S…与田の記録25年ぶり塗り替えた!」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2015年8月20日。2020年11月20日閲覧。オリジナルの2020年11月20日時点におけるアーカイブ。
  14. ^ 中日スポーツ』1995年11月17日第5版3頁「武田、念願の中日入りならず 星野監督に励まされた 新天地で頑張れ 機会あったら一緒にやろう」(中日新聞社)
  15. ^ 二宮清純この人と飲みたい » 武田一浩(野球解説者)<後編>「工藤、城島との思い出」」『SPORTS COMMUNICATIONS』(構成・写真:石田洋之)、2015年8月27日。2020年11月16日閲覧。オリジナルの2020年11月16日時点におけるアーカイブ。
  16. ^ a b c 中日新聞』1996年6月11日朝刊運動1面23頁「「鍛えたい」広岡氏指名 ロッテへトレードの与田 中日、内藤らと交換発表」(中日新聞社
  17. ^ 『東京新聞』1997年7月6日朝刊TV解説面12頁「木場弘子さん復帰 「わいわい〜」司会で TBS」(中日新聞東京本社
  18. ^ a b 与田 剛士(阪神タイガース) 個人年度別成績” (日本語). NPB.jp 日本野球機構. 日本野球機構. 2020年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月19日閲覧。
  19. ^ 『中日新聞』1997年12月4日朝刊第一運動面28頁「プロ野球短信 【日本ハム】与田と契約を交わす」(中日新聞社)
  20. ^ a b c 『東京新聞』1999年2月24日夕刊三面3頁「「力で勝ちたい」直球145キロ 日ハム・与田剛投手 新人王…ひじ痛に悩み“3度目の正直”復活へ」(中日新聞東京本社)
  21. ^ a b 『東京新聞』1999年10月3日朝刊運動2面22頁「パ・リーグ 日ハム5位確定 千葉(最終戦日15勝11敗1分)ロッテ4-2日本ハム」(中日新聞東京本社)
  22. ^ 『中日新聞』1999年10月9日朝刊第一運動面37頁「プロ野球短信 8日 【日本ハム】与田に戦力外通告」(中日新聞社)
  23. ^ 『中日新聞』1999年12月3日朝刊第一運動面35頁「小宮山ら104人自由契約 保留選手名簿など公示」(中日新聞社)
  24. ^ 『東京新聞』1999年10月23日朝刊第一運動面21頁「与田“再生工場”に期す 阪神採用」(中日新聞東京本社)
  25. ^ 『東京新聞』2000年9月24日朝刊第一運動面21頁「セ・リーグ 与田を戦力外 阪神」(中日新聞東京本社)
  26. ^ 『中日新聞』2000年11月15日朝刊第一運動面25頁「与田が引退 元中日 最優秀救援で新人王 すごかったヨ…豪速球」(中日新聞社)
  27. ^ a b 廣瀬智美本日」『News Watch 9 ブログ』日本放送協会、2011年6月20日。2021年10月30日閲覧。オリジナルの2011年6月22日時点におけるアーカイブ。
  28. ^ 日本代表ニュース 侍ジャパン 監督、コーチ” (日本語). NPB公式サイト. 日本野球機構 (2012年10月10日). 2020年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月20日閲覧。
  29. ^ 日本代表ニュース 侍ジャパン 監督、コーチ背番号決定のお知らせ” (日本語). NPB公式サイト. 日本野球機構 (2012年11月13日). 2020年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月20日閲覧。
  30. ^ 与田コーチ・池山コーチ 就任会見 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト 2015年10月13日配信、2015年10月14日閲覧
  31. ^ 楽天新監督に立浪氏急浮上!星野副会長と師弟タッグで再建だ (1/4ページ) サンケイスポーツ 2015年9月10日
  32. ^ 楽天新監督に立浪氏急浮上!星野副会長と師弟タッグで再建だ (2/4ページ) サンケイスポーツ 2015年9月10日
  33. ^ 楽天新監督に立浪氏急浮上!星野副会長と師弟タッグで再建だ (3/4ページ) サンケイスポーツ 2015年9月10日
  34. ^ 楽天新監督に立浪氏急浮上!星野副会長と師弟タッグで再建だ (4/4ページ) サンケイスポーツ 2015年9月10日
  35. ^ 楽天・梨田新監督に懸念される楽天フロント人間関係の拗れ リアルライブ週刊実話、2015年10月5日)
  36. ^ 楽天の後任監督候補に梨田、与田氏ら…就任1年で大久保監督が辞意 スポーツニッポン(2015年8月30日)
  37. ^ 楽天不穏 デーブ後任問題「なり手いないだろ」の声 東京スポーツ(2015年9月1日)
  38. ^ 【龍の背に乗って】楽天・ハーマン証言「与田さんこそ本物のコーチ」」『東京中日スポーツ』中日新聞東京本社、2019年3月25日。2020年11月19日閲覧。オリジナルの2020年11月19日時点におけるアーカイブ。
  39. ^ 来季のコーチ契約に関して” (日本語). 東北楽天ゴールデンイーグルス公式サイト. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2018年10月5日). 2020年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月20日閲覧。
  40. ^ ドラゴンズニュース ★来季の監督に与田剛氏” (日本語). 中日ドラゴンズ 公式サイト. 中日ドラゴンズ. 2018年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月15日閲覧。
  41. ^ 与田竜組閣完了 監督が熱望!新コーチ10人」『中日スポーツ』中日新聞社、2018年10月30日、紙面から。2021年10月30日閲覧。オリジナルの2018年10月30日時点におけるアーカイブ。
  42. ^ 中日・与田監督 電撃就任「苦渋の決断だった」」『河北新報河北新報社、2018年12月19日。2021年10月30日閲覧。オリジナルの2019年12月25日時点におけるアーカイブ。
  43. ^ 退任の中日・与田監督「3年間優勝争いをできなかった。数字に出せなかった」”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2021年10月12日). 2021年10月30日閲覧。
  44. ^ 【中日】与田前監督が球団EA(エグゼクティブ・アドバイザー)に就任”. 中日スポーツ (2021年11月29日). 2021年11月29日閲覧。
  45. ^ 12球団全選手カラー百科名鑑2022【A5判】ミライカナイ、2022年、237頁
  46. ^ 中日ロンドン球団最速タイ157キロ、与田らに並ぶ」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2017年6月8日。2020年11月19日閲覧。オリジナルの2020年11月20日時点におけるアーカイブ。
  47. ^ (日本語) 速球王伝説, https://www.youtube.com/watch?v=00kCXXKKDBc 2022年2月22日閲覧。 
  48. ^ ストレスのはけ口に…WBC投手コーチ与田剛(上) 夕刊フジ2008年11月22日
  49. ^ ダルビッシュ有 「まだ見ぬ完璧」/特集:WBC後の選手たちを追う! Number Web 2009年6月26日
  50. ^ 濱田隼 (メ〜テレアナウンサー)(@shun_hamada_nbn) 公式インスタグラム
  51. ^ NHKBS1 ワースポ×MLB 「あの助っ人は今」
  52. ^ 現役最後の1年「感謝の思い出」 燕市教育委員会 与田剛さんスポーツ講演会(上) 越後ジャーナル2011年12月24日
  53. ^ 中日・与田剛(第33代監督) 結束力を高める新指揮官/監督徹底分析” (日本語). 週刊ベースボールONLINE. 2019年9月15日閲覧。
  54. ^ イッコウ (2019年7月1日). “中日ドラゴンズ応援団、「サウスポー」自粛へ 球団側「選手を“お前”と呼ぶべきではないとの意見があった」”. ねとらぼ (アイティメディア). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1907/01/news105.html 2019年7月1日閲覧。 
  55. ^ “【中日】人気応援歌のサウスポーを自粛へ 「お前が…」のフレーズが不適切”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年7月1日). https://hochi.news/articles/20190701-OHT1T50197.html?page=1 2019年7月4日閲覧。 
  56. ^ もしあの時放出してたら今も“球界の笑いもの”…与田監督の大きな功績は『大野雄が中日のユニホームを着ている事』(中日スポーツ)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年2月22日閲覧。
  57. ^ 中日元投手コーチが感じた大野雄大の成長 五輪ブルペン待機の経験で若手も“進化”” (日本語). full-count. 2022年2月22日閲覧。
  58. ^ 山田久志、与田監督との仲だからこそあえて「代打・三ツ間事件」を語る | RadiChubu-ラジチューブ-”. radichubu.jp. 2022年2月22日閲覧。
  59. ^ 中日・与田監督が「代打・三ツ間」騒動をナインに謝罪 ミーティングで〝火消し〟 – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb. 2022年2月22日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集