与那国中継局

与那国中継局(よなぐにちゅうけいきょく)は沖縄県八重山郡与那国町与那国島)に置かれているラジオテレビの中継局。ラジオ・テレビともに日本最西端の放送中継局である。

与那国中継局
送信波 地上デジタルテレビジョン放送
FMラジオ放送
偏波面 水平偏波
送信放送局 NHK沖縄放送局
RBC琉球放送
OTV沖縄テレビ
QAB琉球朝日放送
ラジオ沖縄
空中線電力 テレビ:1W、FM:10W
中継先 内道テレビ中継局
受信元 祖納テレビ中継局
放送区域 沖縄県八重山郡与那国町の一部
受信世帯 318世帯
開局 1967年12月22日
設置場所 907-1801 沖縄県八重山郡与那国町字与那国満田原
北緯24度27分14.8秒東経122度57分28.6秒座標: 北緯24度27分14.8秒 東経122度57分28.6秒
テンプレートを表示

目次

放送区域編集

この中継局の電波法に定める放送区域(デジタル:1mV/m)は沖縄県八重山郡与那国町の一部、318世帯である[1]。与那国島の西部をエリアとする。

ラジオに関してはここが島唯一の中継局であり、与那国島全域をエリアとしている。

放送波の送受信編集

  • テレビ・ラジオとも、祖納中継局から受信される。さらにテレビは、当中継局から内道中継局へ伝送している。

歴史編集

  • 1967年12月22日 - 沖縄放送協会(OHK、現在のNHK沖縄放送局)が、沖縄本島に先駆けて、宮古・八重山地区でテレビ放送を開始、八重山テレビジョン放送局(KSGA-TV)の中継局として開局(US12ch・映像10W)。
  • 1972年5月15日 - 本土復帰により、OHKはNHK沖縄放送局となり、OHK八重山テレビジョン放送局(KSGA)からNHK沖縄宮古総合テレビジョン(JOVQ-TV)の中継局となる(チャンネルはUS12chのまま)。
  • 1975年 - 沖縄本島 - 宮古島間に海底ケーブルが暫定開通し、NHKニュースなどNHKの一部番組が、全国・沖縄本島と同時放送となる(ただしモノクロ)。
  • 1976年12月22日 - 沖縄本島との海底ケーブルが開通。これによりNHKのテレビ放送が全国・沖縄本島と同時放送となる。総合テレビの中継局は、宮古島から沖縄宮古総合テレビ(JOVQ-TV)から、那覇本局からの沖縄総合テレビジョン(JOAP-TV)へと変わり、チャンネルもアメリカ式のUS10chから日本式の8chへ変更された。そして新たに教育テレビFM放送が開始された(教育テレビ 12ch・映像10W、FM 85.8MHz・10W)。
  • 1993年12月16日 - 沖縄県内民放テレビ2局・琉球放送(RBC)と沖縄テレビ(OTV)が、開局30年以上経過してようやく先島での放送が開始。与那国中継局開局(RBC 41ch・OTV 43ch、映像出力はいずれも10W)。
  • 1998年10月 - NHKテレビ放送波の伝送方法改善により、同局テレビのチャンネルがVHFからUHFに変更される(総合 37ch、教育 39ch。映像出力は10Wのまま)。
  • 2003年10月24日 - NHKラジオ第1放送第2放送が、中波混信(難聴)解消のため、中継局をFM波で開局(第1 83.5MHz・第2 80.3MHz、出力はいずれも10W)。
  • 2004年4月1日 - 琉球放送(RBCiラジオ)とラジオ沖縄(ROK)の沖縄県内民放AMラジオ2局が、中波混信(難聴)解消のため、FMによる中継局を開局(RBCi 83.9MHz・ROK 81.5MHz、出力はいずれも10W)。
  • 2009年
    • 4月20日 - NHKが地上デジタルテレビジョン放送開始(与那国中継局)[2]
    • 10月21日 - 沖縄県内民放テレビ3局・琉球放送(RBC)、沖縄テレビ(OTV)、琉球朝日放送(QAB)が、地上デジタルテレビジョン放送開始(与那国中継局)[1]。QABは、開局14年にしてようやく地上デジタル放送と同時に放送が開始。
  • 2011年7月24日 - 地上アナログテレビジョン放送終了・廃止。

施設編集

中継局は与那国島の西部に位置する標高195mの久部良岳山頂に存在する。

送信施設編集

地上デジタルテレビジョン放送編集

リモコンキーID 放送局名 物理チャンネル 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
1 NHK沖縄総合テレビ 36ch 1W 6.3W 沖縄県 318世帯
2 NHK沖縄教育テレビ 45ch 全国放送
3 RBC琉球放送 ※17ch 5.5W 沖縄県
5 QAB琉球朝日放送 47ch
8 OTV沖縄テレビ放送 35ch
※全局局名は与那国局
※中継局であるためコールサインはなし
  • アナログ放送は未設置のQABはデジタル放送開始と同時に設置された。
  • ※RBCは2011年3月6日に29chから17chに送信周波数が変更された。これは与那国町比川地区の一部世帯で台湾からのテレビ電波(同一周波数に近いアナログ放送またはDVB-T方式の地上デジタル放送のどちらか)の混信で受信障害が発生したためである。参考リンク (PDF) - 総務省沖縄総合事務所ホームページ(2011年2月15日プレスリリース)

地上アナログテレビジョン放送送信設備編集

チャンネル 放送局名 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
37 NHK沖縄総合テレビ 映像10W/音声2.5W 映像59W/音声14.5W 沖縄県 約300世帯
39 NHK沖縄教育テレビ 全国放送
41 RBC琉球放送 沖縄県
43 OTV沖縄テレビ放送
※全局局名は与那国局
※中継局であるためコールサインはなし
  • 2011年7月24日の停波を以って廃局となった。
  • NHK沖縄総合は前身のOHKテレビ時代 - 復帰後のNHK宮古テレビ(JOVQ-TV)中継局時代にはUS12ch、沖縄本島・全国と同時放送となった1976年12月22日 - 1998年10月はJA10chで放送された。
  • NHK沖縄教育は放送開始された1976年12月22日 - 1998年10月は12chで放送された。
  • QABはデジタル放送のみ開局。

FMラジオ放送送信設備編集

周波数(MHz) 放送局 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
79.5 ROKラジオ沖縄 10W 39W 沖縄県 -
80.3 NHK沖縄ラジオ第2放送 32W 全国放送
83.5 NHK沖縄ラジオ第1放送 沖縄県
84.7 RBC琉球放送
(RBCiラジオ)
39W
85.8 NHK沖縄FM放送 22W
※局名は与那国局
  • NHK沖縄FMを除くラジオ局は本来AMラジオ局であるが、夜間における外国との混信を避けるため、FMでの中継局となっている(NHK沖縄FMを除き放送はすべてモノラル)。
  • 全国では東京都小笠原諸島の父島・母島両中継局(2013年3月31日開局)と共にNHKラジオ3波全てがFMで放送を行っている(それまでは全国で唯一当中継局のみだった)。

歴史編集

外部リンク編集

参考文献編集

関連項目編集