与那国駐屯地(よなぐにちゅうとんち、英語: JGSDF Camp Yonaguni)は、沖縄県八重山郡与那国町字与那国樽舞3765-1に所在する与那国沿岸監視隊等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地である。

与那国駐屯地
位置
所在地 沖縄県八重山郡与那国町字与那国樽舞3765-1
概要
駐屯地司令 与那国沿岸監視隊長兼務
主要部隊 西部方面情報隊与那国沿岸監視隊

開設年 2016年3月28日
テンプレートを表示

概要編集

駐屯地司令は西部方面情報隊与那国沿岸監視隊長が兼務し、管理業務は与那国沿岸監視隊後方支援隊が担当する。沿岸監視部隊を主体とする、150人程度の自衛隊員が駐留する。南西諸島海域における、中華人民共和国の軍事的脅威に対して、日本の離島防衛態勢の強化を目的とし、23中期防及び26中期防に基づき基地建設を開始した。2016年1月26日の閣議を経て駐屯地の開庁日は2016年3月28日とすることが正式発表された[1][2]。なお、駐屯地の建物は大自然を抱く与那国島の景観に配慮して、屋根瓦を赤茶色、壁を白色の外装としており、ゲンゴロウ類などの島の貴重な動植物を保護するため、敷地内にビオトープ(生息・生育空間)が設けられている[3]

沿革編集

駐屯部隊編集

西部方面総監直轄部隊編集

防衛大臣直轄部隊編集

  • 警務隊
  • 自衛隊情報保全隊
    • 西部情報保全隊
      • 与那国情報保全派遣隊

航空自衛隊編集

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集