メインメニューを開く

与那城町(よなしろちょう)は沖縄県中頭郡に属していた。町域の全ての島が海中道路や橋で結ばれている。与勝半島と平安座島を結ぶ全長4.7kmの海中道路はドライブコースとして人気のスポットである。

与那城町
廃止日 2005年4月1日
廃止理由 新設合併
具志川市石川市勝連町与那城町うるま市
現在の自治体 うるま市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方沖縄地方
都道府県 沖縄県
中頭郡
団体コード 47322-7
面積 19.05km2
総人口 13,048
(2004年10月1日)
町の木 クワーデイサーオオハマボウ(ユウナ)
町の花 ツワブキ、ユウナ
町の鳥 ベニアジサシ
与那城町役場
所在地 904-2305
沖縄県中頭郡与那城町字中央1
外部リンク

閉鎖

経度=
与那城町の県内位置
特記事項 人口は推計人口
 表示 ウィキプロジェクト
旧・与那城町役場(現・うるま市与那城庁舎)

2005年4月1日具志川市石川市、中頭郡勝連町合併してうるま市になったため消滅した。町役場は屋慶名に置かれたが、1993年に現在地に移転するときに役場周辺を字名を「中央」とした。合併後はうるま市役所与那城庁舎となった。

地理編集

沖縄本島東海岸に突き出た与勝半島の北半分と4つの島(藪地島、平安座島、宮城島、伊計島)からなる。全ての島は海中道路や橋によって結ばれている。南は勝連町に接し、北は金武湾に面している。

隣接していた自治体編集

地域編集

  • 安勢理(あせり)
  • 伊計(いけい)
  • 池味(いけみ)
  • 上原(うえはら)
  • 中央(ちゅうおう)
  • 照間(てるま)
  • 桃原(とうばる)
  • 西原(にしはら)
  • 饒辺(のへん)
  • 平宮(ひらみや)
  • 平安座(へんざ)
  • 宮城(みやぎ)
  • 屋慶名(やけな)
  • 屋平(やひら)
  • 与那城(よなしろ)

歴史編集

伊計島で1万年前の人の化石が発見され古くから人が住んでいたと思われる。近くに鹿の洞窟や仲原遺跡が復元されている。

もともとは勝連間切だったが、1676年に分離し西原間切となったあと、平田間切、そして与那城(よなぐすく)間切となった。1896年の郡区制で中頭郡に編入したあと、1908年4月1日島嶼町村制施行で与那城村(よなぐすくそん)となった。

平安座島宮城島伊計島藪地島は長らく離島で、復帰前は周辺海域も合わせて「与勝海上政府立公園」として指定されていた。しかし復帰直前の1970年代に入り、石油コンビナートが平安座島に建設。沖縄本島とは約5km離れていたが、干潮時にはそのまま歩いて渡れるため、そこに石油業者が海中道路を建設。僅か1ヶ月余りで完成した。海中道路は1960年代にも住民によって建設に動き出したものの、総工費が予算をオーバーしたため建設を断念した経緯がある。こうして海中道路で平安座島と結ばれた後、1974年には埋め立てで宮城島とつながり(完全につながったわけではなく、僅かな小橋で結ばれている)、1982年には伊計大橋が完成しついに伊計島とも結ばれた。完成当初は業者のものだった海中道路はのちに村道となったあと、1991年に県道に昇格した。昇格したのを機に海中道路の整備も始まり、1999年に現在の海中道路が完成した。また整備中の1997年には浜比嘉大橋が開通し、平安座島と勝連町の浜比嘉島と結ばれた。

1994年1月1日に町に昇格し、呼び名を「よなぐすく」から「よなしろ」に変更された。その頃から隣の具志川市勝連町との合併が浮上、最初は3市町での合併だったがのちに石川市が加わり、4市町の合併となった。そして2005年4月1日に具志川市・石川市・勝連町との合併で、うるま市となり与那城町は消滅した。

その他編集

  • 日本の音風景100選 : エイサー
    • エイサーの中でも屋慶名エイサー・平敷屋エイサーといった有名なエイサーがある。
  • 伊計島は、80歳を超える人が16人100歳が1名と長寿の島。「シナジャ」という貝にタウリンが多く含まれ、他にもずくなどの海の幸・黄金芋などの山の幸が豊富である。
  • ジュゴンが回遊する所としても有名(藻が豊富)。
  • 東洋一の海の駅「あやはし館」があり、1階が特産品販売 (TEL098-978-8830) 、2階が資料館となっている。体験学習などもできる。詳しくは、TEL098-978-8831。
  • ニライ・カナイの伝承の地 : 沖縄県周辺では古くから東の海から良いことがやって来るとされ、太陽の登るのを拝んでいる。
  • あやはし海中ロードレース大会 : 海中道路を走るトリムマラソン大会がある。

現在のうるま市与那城地域編集

合併後、住所は「中頭郡与那城町字○○」から旧町名の「与那城」がうるま市と字以下の集落名の間に付き、「うるま市与那城○○」となり、与那城と各集落の間に「字」はつけない。但し、与那城地区は字名と旧町名が同じであるため「与那城」を重ねずに「うるま市与那城」となる。

交通編集

道路編集

路線バス編集

本島内は旧町内にある屋慶名バスターミナルから具志川・コザとを結び、61番と227番を除いては那覇バスターミナルとを結んでいる。また127番の屋慶名(高速)線はコザを経由した後沖縄自動車道で那覇市内へ向かう。

(合併前は屋慶名農協前と平安座・宮城・伊計各島とを結んでいたが、合併時に業者の統合で浜比嘉島が経由地に加わり、旧勝連町役場まで延長した)

学校編集

主要施設編集

関連項目編集

外部リンク編集