メインメニューを開く

世にも奇妙な物語 春の特別編 (2009年)

爆弾男のスイッチ編集

あらすじ編集

大学生の主人公・江草(市原)は、バイト中にチンピラの田中に絡まれたところを庇ってもらったのをきっかけに同級生の織田(本郷)と親しくなる。親しみを増していくうちに、江草は秘密を打ち明けられる。なんと、「自分の体には爆弾が埋め込まれていて、爆破用の遠隔スイッチもあり、その威力は学校ひとつ程度なら木っ端微塵に出来るほど」だと言う。教えられたURLに接続すると、確かに言われたとおり、爆破事件が起きている。更に、「自分だと、いつかおかしくなって押してしまいそうだから、持っていてくれ」とスイッチを預けられる。時を同じくして、田中も同級生であった事が発覚、トラブルに巻き込まれていくのだが実は…。

キャスト編集

スタッフ編集

原作編集

輪廻の村編集

あらすじ編集

新聞記者の主人公・夕奈(伊東)は元々社会部だったが、今は胡散臭い伝説などを取り扱う部に異動となっていた。ある日、彼女宛に「鈴音村には呪われた秘密があります K」という差出人不明の投書が届く。編集長の命を受けて、半信半疑かつイヤイヤながら鈴音村に向かう。到着後、村長に話を聞いてもやはり何も出てこない。ガセだと思って帰ろうとするが霧が濃すぎてとても運転できる状態にない。村長にも「この辺には宿はない」と言われ、老婆と孫が二人で住む民家に泊めてもらう事に。その夜、そこの孫がうなされているのを目撃、朝になって絵を描いていた孫に軽い気持ちで「どんな夢を見ていたの?」と尋ねると「こんな夢!」と描いた絵を見せられる。そこには戦時中の3人の兵士の絵が描いてあり、しかも、その名前と死に様を語り始める。「この村には何かある」と感じた夕奈は取材を開始するが…。

キャスト編集

スタッフ編集

クイズ天国 クイズ地獄編集

あらすじ編集

昨今のクイズブームに批判的な主人公・諸沢(石原)。その根拠は「テレビでチャラチャラした奴らが馬鹿を晒してるのをみて、何が面白い?」。しかし周りはクイズばかりで辟易としていた。そんなある日、会社に行くのに電車に乗ろうとすると、突然ホームから、「問題です。WBCの正式名称は次のうち、どれ?」とアナウンスが流れ、車両に1〜3の選択肢がある。しかも、それに沿って乗客も並んでいる。訳がわからずに、乗客に押されて3に並んでしまうと「正解は2番、“ワールドベースボールクラシック”!2番扉の方、ご乗車下さい!」と流れ、諸沢は乗せてもらえずに会社に遅刻する。その後も、様々な場面でクイズが出題され…。

キャスト編集

クイズブームに批判的な会社の課長。出題される様々なクイズに失敗し続ける。
守の妻。雅行の母親。クロスワードパズルにハマっている。
守と明子の息子。クイズ番組好き。
コーヒーを持ってきた女性。
守に企画開発部部長の昇進の話をした男。
クイズで辞めさせられた守が参加した公園入居クイズの主催者。
不良にボコボコにされて病院へ運ばれた守を手術しようとする医師。
『クイズ天国 クイズ地獄』でボケ回答を連発する漫才コンビ。守がクイズブームを批判する原因の一つ。
『クイズ天国 クイズ地獄』のアシスタント。赤いジャケットを着ている。
『クイズ天国 クイズ地獄』の司会者。青いスパンコールのジャケットを着ている。

スタッフ編集

真夜中の殺人者編集

あらすじ編集

自宅のマンションで会社の友人・藤崎(鈴木)と呑んでいた主人公・木田(相武)。とりとめのないガールズトークで盛り上がる中、数日前に会社でも地味な存在の後輩・草野(山中)に告白された事を話し、無下に断るのも今後の関係に差し支えると判断した木田はメールで、「何か私が飛び上がるほどビックリする様な事を成し遂げれば、付き合ってあげる」と草野に送った事も話す。時を同じくして、マンション内で殺人鬼が一部屋一部屋を周ってその部屋の住人を撲殺していく。木田と藤崎がいるのは2107号室。殺人鬼は2100号室、2101号室と迫ってくる…。

キャスト編集

スタッフ編集

原作編集

ボランティア降臨編集

あらすじ編集

毎日、家事や姑の面倒に終われる主人公・貴美江(高島)の元にある日、「ボランティア」と名乗るミチコ(大竹)がやってきた。姑の面倒はもちろん家事までこなしてくれ、貴美江は半信半疑ながらミチコに甘えてしまう。ミチコの手助けに心から感謝した家族はその夜、「お礼と明日の介護も兼ねて、良ければ泊まっていってもらおう」と提案する。貴美江は断固として反対するが、結局彼女はそのまま木元家に居座ってしまう。それ以降、ミチコは貴美江に代わって家のことを任されるようになり、挙句の果てに良樹(伊藤)の「夜の相手」まで務めるなど、常識の範疇を逸脱していく…。

キャスト編集

スタッフ編集

原作編集

注釈編集

  1. ^ 正式タイトルは『世にも奇妙な物語 〜2009春の特別編〜』となっている。