メインメニューを開く

世にも奇妙な物語 秋の特別編 (2007年)

未来同窓会編集

あらすじ編集

10数年振りの同窓会に出席した松井(石原)。同窓会会場の店まで着き、部屋の戸を開けるが、中には全く知らない中年の男女が5人いた。部屋を間違えたかと思い、一度謝罪して確認するが、やはり当たっている。再び戸を開けると、中では男女が怪しげな呪文を唱えており…。

キャスト編集

スタッフ編集

カウントダウン編集

あらすじ編集

高校教師の本多(阿部)。仕事場ではうだつが上がらないわ、生徒には馬鹿にされるわ、妻の美紀子(MEGUMI)には別居を言い渡されるわで良いことが全くない。そんな彼が勤める高校では、ある現象が起きていた。ある朝学校に来ると、学校中の机が校庭に移動しており、机で「10」と象られていたのを皮切りに、毎日毎日「9」、「8」と減っていく。「これは宇宙人の仕業だ」と著名人が言ったと同時に高校にはマスコミが殺到、本多にも纏わりついて、段々イライラしてきた彼は…。

キャスト編集

スタッフ編集

自販機男編集

あらすじ編集

浜口(城島)は、会社でも家でも全くうだつのあがらないサラリーマン。ある日の会社帰りに、何の気なしに立ち寄った自販機でジュースを買うと、当たりが。「久々の幸運がこの程度か…」と苦笑する彼の傍らでホームレスが「その自販機にはアキヤマさんという、うだつのあがらなかったサラリーマンの霊が憑いている」と言う。もちろん一笑に付した浜口だったが、その後もこの自販機からは当たりが続いたり、2本一辺に出てきたりと偶然にしてはでき過ぎな出来事が続く。それも、思わず自販機に愚痴った時に限って…。

キャスト編集

スタッフ編集

ゴミ女編集

あらすじ編集

新聞社に勤める伊藤(松下)は、とある上司の指令でゴミの異臭がものすごい家を取材しろと命じられる。そこで取材をしていると、家から安村(佐々木)が出現する。どうしてゴミを放置すると聞くと、これはゴミではないと追い返されてしまう。そこで伊藤は安村の家を影から見ているが、そのゴミの正体を知り…。

キャスト編集

スタッフ編集

48%の恋編集

あらすじ編集

見習い天使(岡田)は天使になるための最終試験を受ける。内容は運命で決められた二人を結びつける事。合格すれば天使となり、不合格なら人間からやり直し。ターゲットである菜摘(白石)とその相手の靖之は見習い天使の作ったきっかけもあいまって順調に結婚へと進んでいく。一方、カメラマンを目指すも未だアシスタント止まりの同級生・宏太との関係に変化が表れ始める…。

キャスト編集

スタッフ編集

注釈編集

  1. ^ 正式タイトルは『世にも奇妙な物語 〜2007秋の特別編〜』となっている。